昨年の11月にオープンした義弟アンドレアのレストラン。
最初は色々サービス面でご指摘を受けたこともありますが、料理はほぼ満足してもらっているようです。
若いなりに経験が多いアンドレアでも、ホールの経験はほとんどなしで、色んなアドバイスをもらって、少しずつ改善してきました。

今では、ホールで主になって働いているアンドレアの彼女のセレーナも見違えるほど立派に振舞っていて、見ていても安心してみてられます。気が利いて笑顔が素敵なセレーナのことだから、絶対直ぐに慣れると思っていました♪

最初はアンティパスト・プリモ・セコンド・ドルチェそれぞれ3-4品のみのシンプルなメニューでやっていましたが、
4月に変わったメニューでは少し品が増えています。
お客様に次はこれを味わいたい、と思わせる魅力的なメニュー。

私達も友人グループでよくランチやディナーに行きますが、オープン前から頻繁に行っていたので、クララもお家同様、リラックスして過ごせるので気兼ねなく行けちゃいます。
Ziaセレーナと、Zioアンドレアがいるから、代わりに抱っこしてくれたり私も甘えさせてもらっています、、ありがとう!

↓バジルのペーストとソラマメのリゾット、上にラードがのっています。こんなに美味しいリゾットが食べられるお店、カストロヴィッラリでは初です。
c0171485_06381413.jpg
↓ムール貝とアスパラガスのリングイネ。

c0171485_06402294.jpg
↓ザ・カラブリアなメニュー。パンチェッタ。地元産の玉ねぎをトロトロにオーブン焼きしたものを添えて。

c0171485_06403847.jpg
↓少し燻製したナスとモッツァレッラチーズを合わせたもの。ボリューミーで私にとってはセコンド(笑)


c0171485_06404837.jpg
↓ヘーゼルナッツ味のジェラートとビスコッティの上からエスプレッソをかけます。
これ食べたら食後のコーヒーいりません!
c0171485_06411152.jpg

友人グループで行くときはそれぞれ違うメニューをオーダーして、色んなピアットを味見します。
2度目以降は、ある程度行く前から「今日は何食べよう♪」と決めて行っています!

お客様が来るたびに行っているので、時にはかなりのヘビーローテーションで通っています。
気軽に行ける料金設定になっているので、本当に繁盛しています!

このまま、これからも頑張って欲しいです!!


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

[PR]
# by yumi_nan911 | 2018-05-14 06:53 | おでかけ・外食 | Comments(2)
私の大好きなカラブリアの特産・ロサマリーナ。
稚魚の唐辛子・パプリカ漬けです~。
カラブリアのもので日本でも有名なNdujaは、私の住む町よりずっと南で作られるものなので、家で作ったNdujaをおすそ分けってあまりないですが、ロサマリーナは時々頂きます♪

今は稚魚の漁業が禁止されているので、Pesce Ghiaccioという冷凍の稚魚を使っているのですが、これまたちょうどいい塩加減とパプリカ・唐辛子の比率で、辛すぎずでもパンチのある味で大好きです。

ロサマリーナは、本当に色んな呼び名があって、面白い(分かりづらい)のですが、作り方も本当に様々です。

↓左側の色の濃いロサマリーナはクロトーネのもの。
稚魚を一度サラモイア(塩水)に通してから水分を切り唐辛子と合わせているそうで、お魚の形があまり残らないペースト状のもの。
c0171485_23164876.jpg

↑右側のものは、私の住むエリアのロサマリーナだなぁ、というもの。
稚魚に塩を振ってから水分を取って唐辛子・パプリカパウダーとあわせたもので、魚の形が良く残っています。人により、粉末だけでなく、粗挽きも混ぜたりします。

このロサマリーナはカラブリア州北部、チェトラーロという街のもの。
c0171485_23181737.jpg


粗挽きタイプのパプリカ・唐辛子を使うので、全体的に白い色が残るロサマリーナ。

カラブリア人の主人も、近年まで味わったことがなかったもので、出会ってからはこのロサマリーナがNO.1と言っています。

カラブリアに40年住んでいる義母は、クロトーネのロサマリーナがNO.1だそうです。

私は、、、どれも個性があって選べない!という感じです(笑)

去年は妊婦で食べられなかったので、今年は冷蔵庫に欠かすことのない食材の一つとなっています♪


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村



[PR]
# by yumi_nan911 | 2018-05-03 23:22 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(2)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31