人気ブログランキング |

<   2020年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

昨日コンテ首相の会見再びありました。
5月3日までとなっていた移動禁止令がどうなるか、とても気になっていましたが、ここまで頑張ってきたのにいきなり緩み、また感染者が増えたら意味がないので、そんなに大幅に変わらないのではと思ってはいましたが。
やはり、5月18日までほぼ先延ばしです。

5月4日から、対人距離を規定の距離保つことは変わらず、親戚への訪問や個人での屋外のスポーツ、人数制限つきのお葬式、そして工場の営業開始など、少しはできる事が増える予定です。
5月18日から一般的なお店の営業、バールやレストランがテイクアウトのみ営業可能、博物館や美術館の開館など、ここで少し普通の生活に戻りつつありますが、衣料品の試着をどうするかなど疑問点は多々です。
レストランやバールは現在の所6月1日より、人数制限ありで営業可能予定です。

州をまたがる移動はまだいつからか不明です。
人の移動はもっともっと後になってからの様子です。
夏休みも恐らく州外には出られないかもしれません。

感染者が増えないためにも、自分がかからないためにも、ここは仕方がありません。
幸いカラブリア州には山も海もあるので、飽きることはないですが。

人と集まるのは避けるのはもちろんですが、もう少し自由に移動できたら嬉しいなぁ、と思います。
今はもう2ヶ月、クララは家と下にある庭から一歩も出ていません。お友達と一緒に遊べなくとも、大自然が近くにあるのに、家族3人で家の外に出る事ができません。
隣町にあるカンティーナにワインを買いに行きたいなと思うのにいけません。
小さい事ですが、2ヶ月も出来ないってしんどくなります。

良かったこともいくつかあります。
一緒に色遊びや作る遊びをして、日に日に上手になっているのが分かる所、クララがおまるでおしっこが出来るようになったこと。
そしてうちのイケテナイオーブンでも、それなりに美味しいピッツァやパンが焼けるテクニックが身についたこと!

移動禁止令、5月18日まで_c0171485_05504383.jpg
移動禁止令、5月18日まで_c0171485_05505892.jpg
今の状況で不満もあるけれど、生きていられる事が幸せ。
今日も明日も、明後日も頑張りましょう!



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村



More
by yumi_nan911 | 2020-04-28 05:56 | おうちごはん | Comments(2)
復活祭まではやっと過ぎましたが、5月3日まで外出できない、人と会えないのは長いなぁと改めて感じています。
実際の所、私は3人家族でクララも小さいから、コロナのことを気にせず過ごすときも多く、家から出れないのはしんどいですが、娘と過ごしているとあっという間に1日が過ぎます。
まだまだ終わらない自宅生活~_c0171485_06225076.jpg
↑揚げピッツァ、パンツェロッティ。こんなのばかり作って食べているので体重やばいです。

最近は少しずつオムツを卒業しようとトライしているので、汚れた洋服を洗ったりトイレに誘ったりしているうちに半日経っていたり。
その間にお料理・掃除をして、実際あっという間です。
でも太陽の下をお散歩したり海に行ったり、広々した所でボール遊びをしたりしたいと強く思います。

イタリアにも多くの外国人が住んでいて、その中でも日本人の方も多いです。
規則を守る日本人の一人暮らしの方は本当にタイヘンな思いをしていると思います。
イタリア人でも規則をしっかり守る真面目なタイプの人の一人暮らしで、ノイローゼ気味になり実家に戻ってきた人も多いです。
一人に強いタイプの人でも、それは自由にバールに行って人と話したり、お店で世間話しをしたり、どこでも人と関わるものです。
それが1ヶ月以上殆ど家から出れないって、想像出来ますか。

コロナに感染しなくても他の病にかかってしまいそうです。
本当に、みんな頑張れ!移動制限生活乗り切ろう!と心からエールを送ります。

イタリアのコロナウィルスの死者数が2万3千人を超えました。
すごい人数ですが、色んな記事を読むと、毎年おおよそインフルエンザの死者は1万3千人くらいイタリア国内でいるそうで、医師の中にはコロナウィルスは気をつけるべきだけれど、必要以上に恐れる必要はないという医師の記事も目にします。

遠い遠い親戚で持病があり、12月から入院生活を送っていた人がコロナウィルスに感染し亡くなったと義母から聞きました。
悲しいことですが、その方はほぼ助かる可能性がないとして入院生活を送っていた所、病院内でコロナに感染しなくなりました。
もちろん、若く持病がなかった方で命を落とした方もいるので、一概には言えませんが、そういうコロナウィルスだけでない他の病気を持つ方が亡くなるケースが本当に多いのではと思います。

フェイクニュースも多く、どれを信じたらよいか分からないので余計不安になるものです。

政府の対応に従い、移動制限生活をし、自分を人を守るためにも自分が感染しないことに重点を置いて生活するものの、ひどく恐怖に陥る必要はないのかもしれませんね。
世界中から「日本の対応は甘い!」とバッシングを食らいましたが、日本はある意味ダメに見えて、バランスが取れているのかもしれません。経済を置いて命を守る対応をしているイタリア、と見せ付けていますが、その中でもダメだなと思う点も多いです。


死者が増えない日本は、その分もともとインフルエンザに対する対応がしっかりしています。
1月に日本に帰国した時、老人施設にいる95歳の祖母を訪問したとき、インフルエンザが流行っていた時期なので、幼稚園に行っているかなど聞かれ、小さい子がいる場合あまり訪問は受け付けたくなさそうでした。
高齢の方の施設なので、中でインフルエンザが流行ると命を落とす方が多いので、そういう対応をしていて、しっかりしているな、と思いました。
イタリアは、コロナが流行る前は、風邪を引いていても人に会ってバッチョをしたりするのが普通でしたから。

これをきっかけに風邪やインフルエンザの人はマスクをして感染をさせないようにする習慣を付けて欲しいと思います。

あと約半月。。。太陽の下を走りたい。。!



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村




by yumi_nan911 | 2020-04-20 06:26 | おうちごはん | Comments(0)

Buona Pasqua!!!

Buona Pasqua!!!_c0171485_22492120.jpg

外出禁止期間が5月3日まで延長されました~。
少しずつ状況は良い方向に向かっているようですが、まだまだ予断はできません。
あと少しの辛抱です。
最近とっても温かく良いお天気なので、お外をお散歩したり海へ行ったりしたいなぁ、と待ち遠しいです。

4月に入り、ピッツェリアやパスティッチェリアはデリバリーサービスと言う形のみで、注文を受け付けています。
多くのスーパーマーケットや薬局もメールにて買い物ができ、宅配サービスもやってくれているので、本当にありがたいです。
ただ多くの商品知らない間に値上げされています。この状況だからしょうがないですけれど。
買えるだけありがたい。

明日の日曜日は復活祭です。
ですが、外出禁止ですので、自宅で家族のみで過ごします。
普段は家でイースターのお菓子を作りますが、稼動しているパスティッチェリアに少しでも貢献したいと、パスティエラを2つ注文しました。今日の朝、自宅まで届けてくれるという、ありがたいサービス。
もう一つは、お友達ファミリーへのプレゼント。

保育園の先生から、色々課題をもらって一緒に遊んで作ったもの。
Buona Pasqua!!!_c0171485_22565997.jpg
3歳前にして、自分の頭で考えて要領よく作っていたのでとても感心しました。
貼り絵のひよこちゃんを作っていた時、私が最初に貼り付ける紙の方にのりを付けて貼ってもらっていたんですが。
逆に、ひよこちゃんのほうにのりを付けて、切り紙を乗せて貼り付けた方が早いと思ったのか、自分で変えていました。

私なんか、言われたとおりにやるのが得意ですが(苦笑)、彼女は3歳前にして自分で考えている!
隣でみていて、やるわねぇ!と思ってしまいました~(笑)

まだまだ大変な状況が続くイタリア。
世界中、どこも危ない状況です。
旅が大好きで、色んな世界を見るのが夢で、外の世界に飛び込みました。
『類は友を呼ぶ』で、自分の様に海外に住む友達が多くいます。
世界を身近に感じていたのに、ここまで遠く感じたのは、人生初です。

イタリアだけ解決すればいいんではない。
世界中、コロナに勝たなければいけない。
各国、制度が違い対応が異なりますけれど、世界が一つになり戦わなければならないのでは。
他の国の批判をするのではなく、助言をして、みんなで解決に向かいましょうよ!



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村









More
by yumi_nan911 | 2020-04-11 23:07 | 日々のこと | Comments(0)
外出禁止令が現在の所、4月13日まで延長されました。
殆どの人が、まだ解禁になるには早い、と思っていたので分かっていましたが。
この前の日曜日、復活祭の前の日曜日は、Domenica delle palme(枝の主日)という日で、キリストが十字架に掛けられる1週間前、エルサレムに再入場した日を祝うお祭りです。人々はヤシの葉を振って、歓迎した、と言う事でPalme(ヤシの葉)と言う名がついています。
この日は教会や街の中心地で行列が行われ、町は復活祭モードが高まります。

ですが、今年は自宅から出れません。
親族との集まりも禁止です。
イタリア人にとって、伝統を守る人々にとって本当に心が痛むパスクワですが、命があること以上に幸せなことはありません。
ここは我慢です。

、、、そんな事いって、本当は外出して集まってるんじゃない~?
なんて思う人もいらっしゃると思いますが、それだけあり、ここ最近の警察官による検問は増えています。

それでも出来るだけ美味しいもので、華やかに食卓を飾りたい!と思うのは女性の母性の一部でしょうか。
普段はあまり作らなかったものでも、子供と一緒に作ったり、毎日工夫して過ごしています。

もともとお料理のおもちゃが大好きだったクララ。
私がやることなすこと、なんでも「手伝いたい!」彼女。
もっと小さい頃から、彼女が自分で考えてする遊びは(危なくない限り)、どんなに散らかしても害がなければそっとそのまま遊ばせて上げていました。
小さくても自分の意思で考えて工夫して真似ることは、とても重要に思えたからです。
子供の想像力は、大いに伸ばしたい。
私の想像力は本当に限られていますので。。(苦笑)

一緒にお菓子やパスタを作るのが大好きで、とても上達し、自分で型抜きが出来るようになり、パスタマシーンも少しお手伝いしてくれるようにになりました。
2歳児と過ごす外出禁止期間_c0171485_06112060.jpg
2歳児と過ごす外出禁止期間_c0171485_06034932.jpg

保育園がなくなってから早1ヶ月以上経ちました。
おそらくしばらくは再開はないでしょうし、今年度はそのまま夏休みに入ってしまうかもしれません。
色々計画していたことを考えるとザンネンですが、こうして毎日一緒に作ったりお絵かきしたり工作していると、上達しているのがすぐに目で見えて、新しい発見が毎日あります。

保育園の先生から、ボイスメッセージでいつも保育園で歌っている歌や遊びをもらいました。
集中して遊んでいたクララでも、先生の声と歌を聴くとすぐに一緒に歌ってお返事をして嬉しそうにしていました。
こんな楽しそうに色んな歌を歌えるんだ~!と私も新しい発見でとても嬉しかったです。
お遊戯が大好きです♪

仕事のことを考えるとすべて停止状態で、景気も家計も大変ですが、こうしてずっと一緒にいられるのも滅多にない事なのでは、と、この自宅待機期間を大切に過ごしていきたいと思う日々です。


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村





by yumi_nan911 | 2020-04-07 06:16 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(0)
外出禁止令が出てから早20日以上が経過しました。
コロナウィルスの死者が毎日毎日増えていき、1万人をついに超えました。
「例年のインフルエンザでも死者は毎年多いし、そんなに心配することない」と専門家や政治家が言っていた2月上旬から1ヶ月半で、ここまで多くの命が奪われました。
イタリアでも最初は甘く見ていたのだと思います。今は、政府も国民も押さえ込むのに必死に戦っています。

私とクララは、毎日自宅生活が続いていますが、Facebook上で子供と色んな工作をしている友人達が多いので、真似て絵の具を使ったりのりを使って貼り付けたり、毎日何かして遊んでいます。
完成したり出来たりすると、とても喜んで、今日は何をしよう?と考えて毎日早く過ぎ去っていきます。

こういう普通の生活が本当にあり難い、奇跡の連続であるのだと改めてわかりました。
奇跡の連続で人生が成り立っている。

コロナウィルスで命を落とした方は、人生の最期に家族にも会えず一人病室で息を引き取ります。
そしてお葬式も出来ず、軍用車に乗せられ、他の州の火葬場で火葬され、家族の元に返ります。
戦死するようなものです。
本当に悲しい死に方です。想像するだけで心が痛み悲しくなります。

日本でも日々感染者や死者が増えています。
志村けんさんが亡くなったとショックなニュースもあり、少しずつただ事ではない、と思っている方も多いはずです。
日本の政府の対応は本当にあやふやで、国民がどう対処して良いのか分かりづらいです。
その中でも、個人店の方々が自腹切っても、家族やお客様の安全を思いお店を閉めているのに、緊急事態宣言を出せない日本政府は何を考えているのか。
お店を閉めたら一銭も入ってこない方々が一歩を踏み出して決意しているのに、その方々の思いを苦労を無駄にしないで欲しいと強く思います。

和牛チケットとか本当にいらない!

離れた場所に住むものにとって、母国のことを思って不安に思うのは、きっと住んでいる人よりも強く思うのかもしれません。
明日から日本郵政局はイタリアからの荷物は拒否することになりました。
本当に日本でもイタリアのように感染者や死亡者が増えませんように。。。


日本ではイタリアの医療制度は崩壊した、、、と言われているみたいですが、その点についても少し。
イタリアと日本では全くといって医療制度が異なりますので、分かっていただくには少しイタリアの医療制度について。

イタリアの公的病院と民間病院があります。(イタリアの各地には民間病院が多くあるそうですが、カラブリア州にはわずかです。)
体調が悪い、検査が必要となると、まず指定のホームドクター(家庭医)に行きます。※無料
そこで医師が必要と診断する場合、診断書をもらい、専門医の診察が必要とみなされると、病院へ診察の予約に向かいます。
専門医の診察については、収入に応じて支払いになります。
場所によりますが、カラブリア州のように病院が少ない場合、半年以上待つことも多く、実費を支払ってもすぐに専門医に診てもらいたい場合は、ホームドクターを通さず、直接専門医にアポをとりプライベート診察に行きます。
この流れで行うとすごく時間がかかるのですが、公的病院で手術や入院する場合、無料です。

私も2015年、卵巣のう腫をローマのGemelli病院で行った時は、地元の婦人科の先生のプライベート診療にかかり、ローマの主治医を紹介してもらい、その先生の診察を実費で払い、Gemelli病院の婦人科の手術待ちリストに載せてもらいました。
診察から約3ヵ月後に手術をしてもらいました。
入院費と手術代は無料です。

民間病院が多い日本に比べてイタリア全土で病院数が少ないですが、医師や看護士のレベルは高く安心して受ける事ができます。
手術代を払わなくて良い国なんてどこにありますか。システムは最高です。
ですが、経済不景気からどんどん医療制度に与えられる経費は削減され、医師や看護士もわずか。
現在のような感染者が7万人という事態に対応しきれないのです。

私の住む南伊・カラブリア州に比べて医療制度や病院が多いロンバルディア州・北イタリアでこの状態。
この大感染がここにやってきたら終わりだ、、、と、カラブリアの人たちは真剣に外出禁止を続けています。

まだまだ戦いの日々。
それでも明るく前向きに生活しているイタリア人と一緒に頑張ります。

おかしな事ですが、自由がなくなってみてやっと本当の意味でイタリアの良さが美しさが再確認できているような気がします。
親しみはあるものの皮肉なことばかり言ってきた自分ですが、第二の故郷を本当の意味で愛せそうな気がしている今日この頃です。

伊コロナウィルス死者1万人越え。。_c0171485_05552618.jpg


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村







by yumi_nan911 | 2020-04-01 06:00 | 日々のこと | Comments(0)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30