人気ブログランキング |

<   2020年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

バッチョがなくなったイタリア、、_c0171485_00352657.jpg


移動禁止令が出てから12日目、相変わらず自宅にこもる生活が続いています。
外出する際は、何のために外出しているかの用紙を予め携帯すること、買い物の場合家族ごとに一人で向かうため、車の中に2人以上いるといけません。
スーパーや八百屋、お肉屋などは通常営業ですが、お店に入れる人数が決まっているので、外に長い行列があるそうです。
幸い小さい町に住んでいるので、人の数よりスーパーや食材店のほうが多いのでは?と言う場所なので、物がない、と言う状態にはなっていません。
田舎生活に慣れてきたしストレスなく過ごせるので気に入っていましたが、ここにきてコロナウィルス騒ぎで本当に田舎に住んでいて良かったと思います。

家族ががっちり密に付き合うイタリア人ですが、このコロナの件で、近くに住むけれど親や兄弟に会えない生活が続いています。
スキンシップをとるイタリア人ですが、バッチョやハグも今はお預け。
階下に住むシモーネのママと弟とも、自然に会う回数が減りました。時々階段で話したり、お庭で話したり、電話で話しています。
クララにも気を使って、バッチョなどを我慢している姿を見ると、イタリア人みんな頑張って耐えているなぁ、と思います。

私はというと、毎日暗いニュースで家から出れない、、と思うと息苦しいですが、家は車が1台の生活なので、
天気が悪い時はシモーネがほとんど車を使うので、私とクララは自宅にいる事が多かったので、実際あまり変わった気もしません。
が、先が見えないと言うのが本当に不安です。

今の所、カラブリア州の感染者の数は昨夜の時点で273名、死者は8名となっていて、レッジョカラブリア県が多いです。
カストロヴィッラリの病院もコロナ患者の受け入れを始めようとしていましたが、体制が整わなく、今は受け入れをしていないそうです。
病院で働く人が多いので、2次、3次感染となることは避けられるようで安心しましたが、このままいくと本当にこの街の病院は閉まる方向に進んでいくのではと先が不安です。

そんな中でもビデオ電話で話したり、自宅でパンやピッツァを作る人が増えたり、SNSでは美味しい映像がたくさん♪

イタリア生活10年で初めて冷凍ピッツァを買いました!笑)
今まで街のピッツァ屋がすべて閉まるなんて事は考えられなかったので、誰が買うんだろう?と思っていましたが(苦笑)
普通に美味しくて、クララも美味しそうに食べていました!

家で作る人が増えているので、ビール酵母が買えない!らしいです~。

会えないけれど、家族や友達と電話で話したりメールしたりしながら気を紛らわしています。
クララも外に出ない生活でストレス溜まっているのか、少しわがままが目立つようになりましたが、そんな彼女といると毎日が過ぎるのが早いっ(笑)ありがたいのかもしれませんね!

1日も早く収束し普通の生活ができますように。
家族揃って外を歩ける、お散歩できるなんて最高に幸せなことです。
コロナウィルスで亡くなる方は、家族に看取られず一人病室で息をとり、お葬式さえできません。
そんな悲しい最期を迎えられる方がいなくなりますように。。。



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by yumi_nan911 | 2020-03-24 00:41 | 日々のこと | Comments(0)
イタリアの新たなコロナ対策、Forza Italia!!_c0171485_07034056.jpg

月曜日の夜にコンテ首相の会見により、移動禁止令がイタリア全土に広がりました。
その時は、仕事は行ってOK、バールやレストランは夜間営業禁止、スーパーや医療施設、薬局などは通常通り営業で、必要以外自宅から出ないこと、そして外出時にはどこに向かっているか、などを記入した所定の紙が必要とのことでした。

町から他の町に移動する道路には警察官がコントロールしています。

私はクララを自宅で過ごし、殆ど出ていませんでした。
野菜などは主人の職場の近くにあるので、買って来てもらい、スーパーへはまだ行かずにすんでいましたが、
行く場合も子供は連れて行かず、一人でサササッと買い物に行くはずでした。

食材もこのあたりは特に不足してない模様。
逆に、時間があるので野生野菜を取りに行く人が多く、おすそ分けをよく頂きます(笑)

それから2日目、今日の夜にも再び会見が。
予想通り、商業施設・バール、レストラン、美容室、エステなどなど、全て営業停止になりました。
引き続き、スーパーや八百屋などの食材店や薬局などは開いているとのこと。
人々の生活に欠かせない仕事以外、停止をすることになりました。

幸い、私の住む町周辺(60km以内)にはコロナ感染者は出ていません。
土曜日にロンバルディア州や北イタリアから南イタリアに帰省した大量の人々が、南イタリアの各地に感染者を広げています。
イタリアの医療制度は州単位で行われ、収益の多い北イタリアには最先端の医療があります。
反対に、南イタリアの医療体制は非常に悪く、キャパシティが低く、救急に行っても病室がもらえるまで何日もかかることが多々です。

そのために、北イタリアから戻ってきた人々は大批判されています。
その2日後に、イタリア全土が危険ゾーンになってしまいました。
彼らは、レッドゾーンからレッドゾーンに移動したわけです。。涙

自宅にこもるのと1日が非常に長いです。
幸い自宅のアパートの下に、所有の庭があるので、午前中は何時間も太陽を浴びて外で遊んでいます。
人との集まりもダメなので、お友達と遊びたいクララには可哀相ですが、4月3日には全て終わっているように今は辛抱です。

SNSがあるので、友達も色々工夫して自宅にいる様子が分かるのでありがたいです。
感染者が殆どいないこの町でも、みんな終息に向かうことを祈って自宅にこもっています。
薬局に勤めている友人が、街の中心地の様子をSNSに載せてくれていて、みんな我慢して自宅にこもっているのが伝わってきます。

これからどんな状況に変わるか分かりませんが、今の所みんな頑張っている。
中には刑務所の受刑者が、家族の面会が出来ず暴動をおこして脱走をしたりとあり得ないニュースもありますが。
この地域、素晴らしい世界遺産があるわけではない田舎町ですが、みんな一つになって解決を目指している。
見直しました。

頑張ろう、イタリア!
Forza Italia!!



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村




by yumi_nan911 | 2020-03-12 07:06 | 日々のこと | Comments(0)
今年のカーニヴァルはしっかり衣装を用意しないとなぁと、しばらく前から予想していました。
クララの性格はボーイッシュで、髪の毛のゴムやピンもすぐ取ってしまうし、飾り付けられたり写真を撮られたりするのもあまり好きじゃなく自由でいたい、というタイプ。
それでもお友達が衣装着ているのを見て自分も着たいなぁ、と思う年頃なのでは?と思い、今年はテントウムシの衣装を用意しました。
幼稚園でも1日、それぞれがカーニヴァルの衣装を持参して、パーティーをしたので、用意しておいてよかった。。。

作っている過程も見ていたせいか、羽もつけたい!スカートもはきたい!とノリノリでした♪
彼女の中では、チョウチョもテントウムシも同じ。チョウチョ~!と喜んでいました!
(チョウチョは日本語なんですよね 笑)
1/2だった今年のカーニヴァル_c0171485_06171010.jpg
1/2だった今年のカーニヴァル_c0171485_06172745.jpg
日曜日と火曜日に行列があるのですが、今年は日曜日だけ開催し、火曜日のカーニヴァルは中止でした。
コロナウィルスの影響で、北イタリアのレッドゾーンからの帰省者が多く、途中検査もなしに戻ってきている人が多いからというのも中止の理由の一つだったようです。

日曜日にあれだけ賑わっていたのに、火曜日中止ってあまり意味ないのでは?とも思いますが、日曜日満喫しておいて良かったです。

午前中に誰でも参加できる子供用の行列があって、一緒に町を練り歩き、そのあと義理弟のレストランで友人ファミリーとランチ。
みんなで一緒に午後の行列を見て19時にオネンネしました。

3月15日まで幼稚園もなくなり自宅にいます。
今の所住んでいる町では感染者はいませんが、時間の問題でしょう。
ミラノもレッドゾーンに指定され、動けなくなる前に南イタリアに帰省した人が多くいるそうで、役所に知らせるように、14日間は自宅待機するように言われていますが、どこまで守られているのかわかりません。

イタリアは日本の用にマスクをする文化もないし、挨拶は握手やバッチョ。
これだけ感染者数や死者が増えたのは、そのせいじゃないかなとも思います。

住んでいる町も出来るだけ自宅にいるようにと言われています。。。
早く収まってくれることを祈って、少しの辛抱です。、。


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by yumi_nan911 | 2020-03-09 06:24 | おさんぽ・散策 | Comments(0)
世界中で毎日コロナウィルスのニュースばかりの毎日。。
イタリア国内ではじめての感染者が出てからわずかな月日しか経っていないのに関わらず、感染者や死亡者は増える一方。
北イタリア・ロンバルディア州が特に感染者が多く、そこからの帰省者が各地で発症してしまうケースが多く見られています。
カラブリア州・チェトラーロでも一人、北イタリアからの帰省者が、こちらで発症してしまい、隔離&治療中です。

現在、在住の町ではまだ発症者はいないようですが、一歩ずつ近づいてきているなと言う感じです。

各地でアジア人に対する嫌がらせが多くあるようですが、今の所嫌な目にはあっていません。

2月上旬にイタリアに戻ってきていてよかったと思います。帰国が少しずれていたらもっと大変だったと思います。

イタリアに戻った頃は、フィウミチーノ空港でも特に検査をされたり、隔離をされる必要もありませんでした。
幼稚園からも医師の診断書があればすぐに戻ってよいとの事でしたが、1週間待機させ、帰国から12日後に幼稚園に戻りました。

現在では、北イタリアの指定地域からの移動者、海外からの帰国者に対して、市役所への連絡が義務付けられています。
必要と判断されれば、14日間の自宅待機を求められる事があります。

観光客が激減し大変な状況なので、「交通機関も普通に動いている」という観光客へのアピール広告も時々目にしますが、今はおススメできません。
最初の発症者・死亡者が出た地域はレッドゾーンと指定され、町からの出入りが一定期間禁止されました。
今では発症者が隔離されるので、町から出れないと言う事はないと思いますが、航空便もいきなり減らされたり、乗り入れができなくなったり、どうなるかわからない状況です。

1日も早く普通の生活に戻れますように。
祈るばかりです。

↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村




by yumi_nan911 | 2020-03-04 06:27 | 日々のこと | Comments(0)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31