カテゴリ:おでかけ・外食( 38 )

先日、下見と打ち合わせを兼ねてお隣のバジリカータ州のアグリへ行ってきました。
住んでいる場所が、カラブリア州の北の端っこで、すぐにバジリカータ州に入れます。
とは言っても、洞窟住居が美しいマテーラへは少し距離がありますけどね。
山のバジリカータ州はとても近いです。

バジリカータ州も美しいところが多く、ティレニア海・イオニア海と二つの海に面しています。
ティレニア海はマラテーアという町のある約30kmしかないですが、アマルフィ海岸に負けないくらい、美しい海岸線があります!


今回行ったアグリは、独特なナスの産地であるロトンダにあります。
c0171485_06135484.jpg

c0171485_06130264.jpg

c0171485_06131332.jpg

c0171485_06132345.jpg

c0171485_06133345.jpg




家族経営のやる気のあるアグリ。
また違う季節にもお邪魔したいなぁと思います!

その後、6年前くらいにも一度行った、ロトンダの街の博物館に寄ってみました。
何千年も前の巨大像の骨が次々と発掘されたのです。何千年も前にはここは湖でたくさんの動物たちが生息していたようです。
前に来た時は、発掘された骨がそのまま棚に置いてあっただけの博物館でしたが、パワーアップしていて像の模型もありました!
c0171485_06134321.jpg
くらら、思ってたよりビックリしていなかったです~。まだ怖いとかそういう気持ちはないのかもしれませんね~。


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

[PR]
by yumi_nan911 | 2018-06-01 06:19 | おでかけ・外食 | Comments(2)
昨年の11月にオープンした義弟アンドレアのレストラン。
最初は色々サービス面でご指摘を受けたこともありますが、料理はほぼ満足してもらっているようです。
若いなりに経験が多いアンドレアでも、ホールの経験はほとんどなしで、色んなアドバイスをもらって、少しずつ改善してきました。

今では、ホールで主になって働いているアンドレアの彼女のセレーナも見違えるほど立派に振舞っていて、見ていても安心してみてられます。気が利いて笑顔が素敵なセレーナのことだから、絶対直ぐに慣れると思っていました♪

最初はアンティパスト・プリモ・セコンド・ドルチェそれぞれ3-4品のみのシンプルなメニューでやっていましたが、
4月に変わったメニューでは少し品が増えています。
お客様に次はこれを味わいたい、と思わせる魅力的なメニュー。

私達も友人グループでよくランチやディナーに行きますが、オープン前から頻繁に行っていたので、クララもお家同様、リラックスして過ごせるので気兼ねなく行けちゃいます。
Ziaセレーナと、Zioアンドレアがいるから、代わりに抱っこしてくれたり私も甘えさせてもらっています、、ありがとう!

↓バジルのペーストとソラマメのリゾット、上にラードがのっています。こんなに美味しいリゾットが食べられるお店、カストロヴィッラリでは初です。
c0171485_06381413.jpg
↓ムール貝とアスパラガスのリングイネ。

c0171485_06402294.jpg
↓ザ・カラブリアなメニュー。パンチェッタ。地元産の玉ねぎをトロトロにオーブン焼きしたものを添えて。

c0171485_06403847.jpg
↓少し燻製したナスとモッツァレッラチーズを合わせたもの。ボリューミーで私にとってはセコンド(笑)


c0171485_06404837.jpg
↓ヘーゼルナッツ味のジェラートとビスコッティの上からエスプレッソをかけます。
これ食べたら食後のコーヒーいりません!
c0171485_06411152.jpg

友人グループで行くときはそれぞれ違うメニューをオーダーして、色んなピアットを味見します。
2度目以降は、ある程度行く前から「今日は何食べよう♪」と決めて行っています!

お客様が来るたびに行っているので、時にはかなりのヘビーローテーションで通っています。
気軽に行ける料金設定になっているので、本当に繁盛しています!

このまま、これからも頑張って欲しいです!!


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

[PR]
by yumi_nan911 | 2018-05-14 06:53 | おでかけ・外食 | Comments(2)
昨年11月、シモーネの弟・アンドレアのレストランORIGINIがカストロヴィッラリにオープンしました!

彼は現在24歳ととても若いですが、ロンドンにあるカラブリア人がオーナーの有名店で経験し、その後コペンハーゲンでもデンマーク人に混ざり地中海料理を学び、料理にはとても熱い腕のある料理人です。

何と、友人たちのおかげで、短期滞在した日本でもミシュランの二つ星を獲得した和食店で勉強させてもらった経験もある。

この町にある食事処のほとんどが、ピッツェリアか軽食を食べるパブ、その他に二つレストラン・トラットリアはあるが、出かけて食べるのは殆どピッツァが多い。美味しいパスタやお肉、ましてお魚を食べられるお店は本当に少ない。

家でほぼ毎日パスタを食べるので、需要がないのもあるかもしれない。
けれど、食べたいけれど美味しいお手ごろなお店が少ない。

そこで彼が目指したのは、気軽に行けるレストラン。
高級料理を目指すのではなく地元の食材を使い、人手間かけてコストを上げず自宅で作る食事より少し洗練された料理を出すお店。

オープンした当初は、新しい物好きのカストロヴィッラリの人で賑わっていて、クリスマス・お正月・カーニヴァル・バレンタインと
大忙しで仕事をしていたアンドレア。

やっと少し人にも知られてきて、お店のペースも出来たきた今日この頃。

行くたびに新しい美味しい物がメニューに加わり、昨日は牛のカルパッチョにカルチョーフィのチップスがのったものを食べた。
彼の作るシンプルで、素材を活かし、フレッシュさを残す料理、大好きです!



Origini
via Padre Francesco Russo, Castrovillari
0981 44417


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yumi_nan911 | 2018-02-26 02:06 | おでかけ・外食 | Comments(0)

レッチェで食べたもの

サレントに行ったら郊外にあるアグリで美味しいプーリャらしい前菜を食べる!と夢見ていましたが、今回の旅行は魚づくし。
メインより前菜好きですが、今は生ハムなどの加工生肉は食べられないし、トキソプラズマの抗体を持っていないので、生野菜も重曹をつかってよーく洗わないといけないのです。

そんなこんなで、心配をして食べるより、今は美味しいお魚を調理したものの方が安全。幸いサレント地方には美味しい魚介類がたくさんあります!

祝日の金曜日だったので、レッチェについて先ず、おススメの場所を地元の人に聞いて早速予約。

最近イタリアでも流行っているんですねー!お魚屋+レストランのお店。
まずお魚屋さんのように、生のお魚が並んでいて、好きな魚を選び調理方法を指定します。
そしてレジで会計、後から席に持ってきてもらえます。

目利きの魚好きシモーネが新鮮度を要チェック。残念ながら鯛やスズキなどのお魚はイマイチで、貝、海老、イカなどをオーダーしました。

プリモはムール貝のパスタ。トマトの量、パスタとムール貝の調理加減が最高でした。
c0171485_00194251.jpg
タラとモスカルディーニ(小さなタコ)のフライ。
c0171485_00195910.jpg

コウイカとヤリイカのグリル。
c0171485_00210363.jpg
レストランには早めの20時半ごろ入りましたが、あっという間に満席。
ベースが白の内装もとても可愛らしく、そして回転がよい。

Pescheria con cottura
http://www.pescheriaconcottura.it/



そして翌日はレッチェの郷土菓子「パスティッチョット」を頂きました♪
c0171485_00201962.jpg
ラードを使ったサックサクのパスタフロッラの中に、カスタードクリームが入っています。
カスタードクリームをベリー系のジャムに変えたら、カラブリア郷土菓子のボッコノッティと同じ。

食べたいものは食べて、見たいものは見て、のんびりできたレッチェ滞在でした♪



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yumi_nan911 | 2017-06-15 00:28 | おでかけ・外食 | Comments(2)
6月の上旬の3連休に、早めの夏休みとしてお隣プーリャ州のレッチェに行ってきました。
まだお腹も少し大きくなったくらいで、体調もよく動けるうちにどこか近場に旅行しておこう!とギリギリになって決めた旅行。

私の住むカラブリア州からレッチェまでは車で3時間くらいで、ナポリに行くのと同じくらいの距離です。
泊まる場所だけ決めて、その他は何もプランなし。のんびり、心向くまま動きました。

レッチェは南イタリアのバロックの町と人気がある街で、予想以上に観光客の方、とくに外国の方が多かったです。
旧市街地もちょうど良い大きさで、チェントロに宿をとり、車を置いて徒歩で歩ける大きさなのがまた良いですね。

サレント地方で採れる白い石作りの町で、愛するマルタ島の街々の色にとても似ています。

街の中心広場、聖オロンツォの像があるオロンツォ広場。
c0171485_00070091.jpg
広場の後方にはローマ劇場も。街の中心地にあるなんて、昔からここは街の中心だったんでしょうね。
c0171485_00072047.jpg
街の中にあるバロック建築の教会。
c0171485_00073878.jpg
ドゥオモ広場。
c0171485_00064234.jpg
レッチェのバロック建築の中でも、一番美しいサンタクローチェ教会がなんと修復中だったのが、残念でした~。

昼間は本当に暑くて、夏場は夕方17時過ぎてから動くことをおススメします。。。

c0171485_00075969.jpg
妊婦生活ここまでは順調にきています。


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yumi_nan911 | 2017-06-11 00:18 | おでかけ・外食 | Comments(4)
もう大分前のことになってしまいますが、地元の老舗レストラン『La Locanda di Alia』で至福のときを過ごしました。

このレストランは今ではホテルが併設されている施設ですが、シェフのガエターノ・アリア氏のご両親の時代から、カストロヴィッラリにある歴史あるレストラン。
彼の時代になり、トラットリアから洗練された料理を堪能できるレストランへと変わりました。
彼は有名料理学校の講師をしたり、名が知られているシェフの一人です。

毎朝、真っ赤な三輪自動車でメルカートに向かうのが彼の習慣。
彼の料理は野菜をふんだんに使い、野菜と魚、野菜とお肉が一緒に食べられる料理で、なんと言ってもシンプルな味付け、そして格別な火加減が魅力的です。

アンティパストはアーティチョークとカッチョカヴァッロ・チーズ、くるみ、ラルドのブルスケッタ。
c0171485_17403298.jpg
アンティパストにパンを選んだので、パスタは外すはずでしたが、他の二人が選んだメニューで私にもお皿を出してくれました♪
かぼちゃとリコッタのパスタ。
c0171485_17405687.jpg
モスカルディーニという小さなタコと地元野菜の炒め物。
c0171485_17420072.jpg
こういうお魚と野菜を一緒に食べる料理、大好きです。

ドルチェはベリー系フルーツのセミフレッド。
c0171485_17461301.jpg


私達もよく食べに行くうえ、シモーネの両親の昔からの友人ですので、ガエターノ氏と奥さんのお宅に食事に行く感覚で過ごします。
c0171485_17454323.jpg
都市で経験を積み、地元に戻り地元で何十年もレストランを続けているガエターノ氏ご夫婦。
酸いも甘いも経験している彼らの料理やおもてなし、空間はなんとも言えない居心地のよい空間です。

最近はアルタ・クッチーナ(洗練された料理)を出すレストランが増え、モダンなお店が増えましたが、それはそれで味気がなく、深みがない。このLa Locanda di Aliaは昔ながらのイタリアの良さを感じながら、現在のイタリアを感じられるお店です。

こういうお店がまだこの町にもあるので、悪くないな~と改めて感じる私の心のエッセンスです。



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yumi_nan911 | 2017-05-25 18:17 | おでかけ・外食 | Comments(2)
毎年とっても寒い2月ですが、今年は1月に大寒波が到来して、毎日毎日本当に寒かった分、少し暖かく感じる2月です。

先日の日曜日、友人夫婦と一緒にどこか日曜日ゆっくり出かけようよ~と盛り上がり、初めて行く地元の隠れ家的とっても素敵なアグリツーリズモに行ってきました。

海もすぐそこ、幹線道路の近く、何度も前を通っていたのに、一歩丘の上に入る場所に位置し、今まで気づかなかったお店でした。
特にこの辺り、夏にはシモーネとよくフィッシング&海水浴に来る場所なので、おなじみの場所。

お店から見えるパノラマ。まだ寒そうな景色ですが、もっと空気が澄んでいるときには遠くまでよく見えるそうです。
c0171485_19535268.jpg


ひっそりとそして綺麗なレストランスペース。内装も素敵でした。大きな暖炉と小さな暖炉があり、食事中も立ち上がって楽しめるスペースも。
c0171485_19543189.jpg


c0171485_19545445.jpg



ワインは、カラブリアのワインの産地、チロで作られているマリオッコワイン。メニューに入ってるワインでしたが、美味しかったです。
c0171485_19553319.jpg


ジャガイモとパプリカの炒め。カラブリアの家庭料理をちょっと工夫して綺麗に盛り付けてあります。
c0171485_19555829.jpg


豆をクリーム状にしたスープに、豚肉を焼いたもの、そしてトロペアの玉ねぎがのっていました。
c0171485_19562322.jpg


Sformato di broccoli、上にはカラブリアの柑橘フルーツの皮がトッピング。爽やかさもあるお料理。
c0171485_19571588.jpg


ズッキーニとキノコ・カルドンチェッリのニョッキ。なかなか美味しい。
c0171485_195941.jpg


豚のアローストと乾燥パプリカのフリッタータ。
c0171485_19593129.jpg


ドルチェ。
c0171485_2005462.jpg



ゆっくり時間を気にせず昼食を食べたい日におススメのお店です。

サービスもよし、オーナーの親戚に日本人がいたり、日本のことにも詳しく話が盛り上がってしまいました♪

お料理は、普通のアグリメニューをもう少しお洒落に、そしてとっても素敵な空間、また訪れたいアグリツーリズモです。
宿泊スペースも素敵、プールもあるので、家族連れにもおススメのアグリです♪



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yumi_nan911 | 2017-02-13 20:22 | おでかけ・外食 | Comments(2)
2016年秋のフィレンツェ・ピエモンテ旅行最終回~

ピエモンテの最終日は、バローロの町散策とお隣町ラ・モッラにある素敵なレストランを予約しました。

この日まで、1日雨、ということはなかったのですが、この日は1日冷たい雨が降っていました。残念。

バローロの街はとても小さいですが、ワイン博物館となっている美しいお城や、ワイナリーやワインショップが並び、さすが世界的に有名なワインの産地だな、という感じ。

街の周りは、ブドウ畑が見渡す限り続き、美味しいレストランもたくさんある。
チーズもカラブリアでは見ることの出来ない、美味しい珍しいチーズがたくさん。さすがフランスに近いだけあり、私にはとても魅力的でした。 さすが美食の州です。

ヴィテッロ・トンナート
c0171485_18232472.jpg


生牛肉のタルタル、これは最高に美味しかった!
c0171485_18234594.jpg


グリッシーニやパン
c0171485_1824925.jpg


ラビオリに白トリュフはその場でかけてくれます。香りがすごい~!!
c0171485_18243089.jpg


メインは子ヤギにゆるいポレンタ。
c0171485_18252242.jpg


ドルチェ3種。
c0171485_18245271.jpg



ゆーっくり流れる時間、レストランからの景色は絶景!らしいですが、この日は先が全く見えないほど霧がかかったり少し時間が経つと見えるようになったり。

それでも幻想的な世界の中でこのお料理。大満足致しました。

Ristorante BOVIO


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yumi_nan911 | 2017-01-10 18:33 | おでかけ・外食 | Comments(2)
11月下旬、シモーネがスペインに仕事&フィッシングに出かけることを良い機会に、私も北イタリア・フィレンツェとピエモンテへ旅行に出かけました!

日本からのお友達とピエモンテで待ち合わせだったので、その前日はどこか一人で寄りたいな~とイタリアの地図とにらめっこ。

ローマは何度も行ったし、ミラノはあまり惹かれないし、、、あ!フィレンツェ!フィレンツェには会いたい人と食べたいものがいっぱ~い!と、10年ぶりにフィレンツェを訪れました。

シモーネと別れたローマからフィレンツェまで、高速列車で1時間半。本当に便利になりました~。
時間もオンタイムだしね!イタリアも変わったな~と。

フィレンツェはいまやイタリア旅行の定番ですね。本当にコンパクトで見所が詰まっていて、何度行っても魅力的な町です。有名貴族の名残もあり、見所ある美術館や建築物、見つくせないほど見所ばかり。
c0171485_1561584.jpg



c0171485_1563971.jpg


町を歩いてお腹も空いたので、フィレンツェのなぎささんの一押し、ベアトリーチェさんのボッリート肉のパニーニを頂きました。
c0171485_15713100.jpg


本当に、、言葉で表せないほど美味しい~。お伝えできないのが本当に残念。メルカートの2階のスペースで食べたのですが、一人美味しいなぁと頷きながら味わいました。

そしてその後、こちらもブログで知り合ったとすかーなさんの働く革製品のお店へ、いざサプライズ訪問!
初めてお会いしたのに、なんだかずっと前から知り合いのような、とても温かい気持ちになりました!

しかもこちらのお店、本当に素敵でした。綺麗な色のトートバック欲しいなぁ。本当にぜひフィレンツェに行く方はおススメです!
Francesco Lionetti


そして夜ご飯は、なんとイタリアで韓国料理!
この後に行くピエモンテではイタリアンが続くので、フィレンツェでは違うものが食べたいな~、と思っていたのです!

この韓国料理店の奥さん、日本語も話せて、時々「ここはどこ?」と場所を忘れてしまいそうでした(笑)
c0171485_1573639.jpg


石焼ビビンパや焼肉も食べられて、素敵な方とご一緒できて、本当に大満足。
c0171485_1575893.jpg



人も街も全部大好きです、フィレンツェ。

また再訪しますよ~!!!



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yumi_nan911 | 2016-12-05 02:25 | おでかけ・外食 | Comments(4)
7月の上旬、7回目の結婚記念日でした。

本当にあっという間に8年目に入りました~。時の流れの速さに驚きます。

でもこの7年間、シモーネと一緒に力を合わせて頑張ってきたと、褒めてあげたいです。

二人で家を作り、そして生活の基盤であるウェットスーツ製造という新しい仕事も始め、順調にお客様や輪が広がり、有難いことに毎日忙しく、変化のある生活が出来ています。

そしてカラブリアを紹介する仕事も、徐々に輪が広がっているのを実感します。

しばらくずっと行きたかった地元の老舗レストランに結婚記念日にやっと行けました。

ここは北イタリアの有名料理学校の講師を長年勤めた地元のシェフのレストラン。
それでもカラブリアらしいホスピタリティ溢れる雰囲気を残していて、洗練された料理と温かみのある雰囲気が本当に大好きです。

シモーネはプリモを。カジキマグロとズッキーニの花のパッケリパスタ。
c0171485_1644734.jpg



私はブルスケッタ。チーズとトマト、そして上には地元産のイチジク♪
c0171485_16443195.jpg



カラブリア産の黒豚のフィレ肉とソースは唐辛子とはちみつを合わせたスイートチリソース。
c0171485_16445894.jpg



シモーネはだいたいこのメインをオーダーします。じゃかいもと海老のオーブン焼き。
c0171485_16452879.jpg


美味しかったです~。


このレストランの何が良いって、この雰囲気。
c0171485_16455934.jpg


ピッツェリアなどごちゃごちゃしている場所では感じられない素晴らしくリラックスできるこの空間。

常に時計を気にしながら生活しているので、こういう開放された空間はかなり贅沢です。

さぁ、今年も自分たちらしく素敵な一年にしていきたいと思います。
小さな幸せを感じ続けられるのも、自分たちの心次第。


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yumi_nan911 | 2016-08-03 17:16 | おでかけ・外食 | Comments(2)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31