人気ブログランキング |

カテゴリ:子育て・ママライフ( 29 )

楽しかった日本帰省♪

お正月休み明けから2月の上旬まで、家族で日本に帰省しておりました~。
クララが7ヶ月半のときに帰ったっきり、約1年半ぶりの日本。
両親(ノンニ)は夏にイタリアに来てくれていたので、クララも再会したときに「ノンノ、ノンナー!」と喜んでいました♪
楽しかった日本帰省♪_c0171485_05475024.jpg
シモーネも一緒に3人で帰国し、彼は2週間でイタリアに戻り、私とクララは約1ヶ月滞在していました。
今までも可愛かったけれど、最近は特に喜びや嬉しさ、感動や悲しさ、怒りなど200%表現してくるクララで、ノンニも兄夫婦、友人や親戚にとても可愛がってもらえました。
人懐っこいので、すぐにZio、Zia~!(叔父さん、叔母さんという意味だけれど、身近な人にも使える言葉です。)と楽しそうにしていて、見ている私達もとても幸せな気持ちになりました。
楽しかった日本帰省♪_c0171485_05481811.jpg
朝起きてもいつもノンニがいてくれて、誰かが常に遊んでくれて、最高に幸せだったんだと思います。

ただ超イタリア人っ子のクララ。
公共交通機関で静かにしていないし、動きたがってだだこねて大変でした。。
イタリアではほとんど車生活なので、電車見るのはすきでも乗る寸前に「Treno乗りたくない~」と本人も言っていました(笑)
なのであまり遠出はしなかったものの、シモーネの仕事関係のお付き合いのある方に会いに大阪に行きました。

また少しずつ記事に載せていきたいと思います♪

滞在中、コロナウィルスが発生して毎日ニュースをよく見ていました。
イタリアに戻ってすぐに保育園に戻すはずが、大事を持って1週間自宅待機にしています。
実際は保育園の先生も大半のママ達も、日本に帰っていたので問題ないと分かってくれてはいるものの、中には心配をする声も聞いたからです。
最初はやっぱり。。と少し悲しかったですが、楽しかった日本に比べて孤独のイタリア生活に戻り、ノスタルジックになる時期にクララが家にいてくれて救われたと思いました。。笑

クララの話す言葉は日本でもほぼイタリア語でしたが、少しずつ日本語の単語も増えてきました。
あつい、いたい、かゆいは覚えました。なんか辛さを表現する言葉ばかり。。笑

あとはいただきますと食事の前に手を合わせたり、仏壇に手を合わせてお祈りしたり、日本文化にも少し触れましたね。
私達の話す日本語はほぼ分かっている様子で、応答がイタリア語という感じです。

友達の子供達と一緒に遊んで、名前を覚えたり、毎日毎日楽しかったです~。

イタリアへの帰国時はクララと二人だったのですが、母だけと分かったのか、とてもよい子にしてくれていました。
アリタリアの古い機材で、12時間半、電気が消えないしパーソナルテレビの音も聞こえないし最悪でしたが、一番後ろの席を二人で3席使えたのが有難かったです。
これならちょくちょく日本に帰れる!と嬉しいです~。

またカラブリアの生活を大切に過ごして、すぐに日本に帰れますように♪



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


by yumi_nan911 | 2020-02-14 06:10 | 子育て・ママライフ | Comments(0)
幼稚園に行きだしてから言葉の数が一気に増えました。
家では使わない言葉を話したりするので、幼稚園で覚えてきているよう。
バイリンガル(2ヶ国語)で育っているクララは、他の子に比べて少し話すのは遅いかな?と思っていましたが、
同じクラスの子の中でも、きちんと文章で話している子に比べると少し遅いようですが、目立って遅いようではないです。
自分の名前を言えた!2歳2ヶ月!_c0171485_06202677.jpg
ただ自分の名前は今まで言わなかったんですよね。
「自分の名前いえるかな~?」「Come ti chiami?」とか私達家族が聞いても、「私の名前知らないわけ?」という顔つきで、
「マンマ~」とか「パパ~」とかふざけて応えていました。

イタリア語発音のClaraも難しい方らしく、私は日本語でクララと呼んでいるし、子供には難しい名前だったかな~と思っていたので、気長に待っていました。
最近とっても言葉も増えて、アニメの名前やお友達の名前をよく口に出しているのを見て、自分の名前いえないことないでしょー!
と確信を持ち、何度も「言ってみて~お願い!」と繰り返していたら、「クラーラ」と恥ずかしそうに言ってくれました!

これも完璧イタリア語アクセント。
ただ終わりのラはraなので、巻き舌しなければですがそれはLの発音でした(笑)

小さなことだけど、自分がクララだとわかって言ってくれたのがとても嬉しかったです。

幼稚園に行きだしてから2度既に風邪を引いていますが、ビンビの所に行くのが好きらしく、土曜日でもビンビの所に行きたい~。とだだをこねています。給食も始まって最初は偏りがありましたが、最近は全部食べるようになりました。

性格は変わらず、意志がはーっきりしています。相変わらずのママっこ。断乳したのはいいけれど、おっぱいを触るのが大好き。
でも言葉が前より分かる様になってきたので、ほんの少しだけ聞き分けるようになったかな。
「後でお風呂のあとね」とか少しほんの少しだけ待つ事ができるときもあるようになったかな。

私自身、高齢の時の子で体力的にぐったり、の時も多いですが、子供の成長は早し。
一日一日大切に過ごして行きたいな、と改めて思いました。



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by yumi_nan911 | 2019-11-12 06:31 | 子育て・ママライフ | Comments(2)
今年から保育園デビュー!_c0171485_05223675.jpg
↑バカンス先のプーリャで食べたシーフード。美味しすぎる!

クララ、今年度から保育園デビューしました。
イタリアは、3歳からは幼稚園(Scuola materna)、3歳以下は保育園(Asilo nido)と分かれていて、公立私立両方あります。
3歳からの幼稚園は小学校に行く準備をしていくプログラムが多いらしく、仲の良い人に言わすと公立の方がいいらしいですが、
逆に公立の保育園(2歳以下)は一人で歩けないくらいの年齢は受け入れできないケースが多く、働くママで私立の保育園に預け、そのまま小学校に上がるまで幼稚園も同じ所に行かせる人も多いそうです。

公立の幼稚園(Scuola materna)は給食代だけで、その他の費用がかからないそうで、小学校は市立の所に行くわけだし、保育園も公立の所に行かせようと思いました。
もしもしそこでどうしても合わなければ、私立の所に行けばいいだけなので。
クララど同い年の2017年生まれの子供は、私立の保育園に通わせても政府から援助が出るそうで、そんな理由から私立の所に行かせている子も多いそうですが、ここで公立の所に慣れておけば3歳からの幼稚園も同じところでスムーズに通えるので、私は公立を選びました。

9月の中旬から、最初の1週間は子供3人+マンマ3人と担当の保母さん2名で30分のみ教室で遊びました。
まずは場所に慣れる事、先生になれる事に重点を置きました。
2,3日はマンマの私達も一緒に教室に入り、残りは部屋の外に出て待機していました。
子供たちもマンマは外にいる安心感で、とても楽しそうでした。

2週目からは子供7人に増え、2時間行きました。
この週からはマンマすぐに退散しなければで、マンマが同じ場所にいない事がすぐにわかったらしく、クララ号泣。
他の子供は泣いては落ち着いて遊びだすケースが多いものの、クララは泣き続け大号泣で、1時間すぎたら保育園から電話があり迎えに行きました。
相当泣いた様子で心が痛みました。。。ごめんね。。。

火曜日も号泣で、遊ぶことなんてせず、私が渡した袋を肌身離さず形見の様に抱えて先生に抱っこされ、一度も降りず、そのまま泣きつかれて寝てしまったそう。2時間後迎えに行ったら、すぐに起きましたけど。
そこで、必要ならずっと抱っこしてくれる先生だった事に安心感を覚えました。

その辺りで心が折れそうになりました。
わざわざ預けなくてもいいかな、来年まで待ってもいいかな。。。と。
でも3歳からの幼稚園に通うイトコの子も同じ状況だし、1年待ってもあまり変わらないのでは。友達の子供の事を聞いてもみんな最初はそうだった、そのうち慣れると聞くともう少し試してもいいかなと。

その日から、「安心してビンビと遊んでいいよ。マンマはすぐに迎えに行くよ。パニーノ食べたら迎えに行くよ」と何度も何度も言い聞かせました。
水曜日も泣き続けたそうですが、パニーノをみんなで食べたら遊びだしたそう。

水曜日から私の心も晴れました!!!!

今でも私と離れるのは寂しそうですが、毎日毎日保育園に通っています。
今度の月曜日からは給食も始まります。
一つ一つ新しい事ばかりでなれるまで時間がかかりますが、愛情持って接してくれる先生達に恵まれてありがたいです。



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


by yumi_nan911 | 2019-10-20 05:47 | 子育て・ママライフ | Comments(0)
8月の終わりから約1週間、お隣のプーリャ州にバカンスに行ってきました。
両親がカラブリアに来てくれてから約1ヶ月。観光地らしき所に全く行っていなかったので、少しくらい見たい所見せてあげようと。
その他、シモーネの何年も付き合いのある友人・お客さまが多く、シモーネも少しはフィッシングできるのでは?とプーリャ州に決めました。
日伊ハーフベイビーとはじめまして♪@プーリャ_c0171485_22344973.jpg
日伊ハーフベイビーとはじめまして♪@プーリャ_c0171485_22342949.jpg
↑カピートロ近くの変わった砂浜。
昔々石を取っていたんでしょうね。カクカクした石が残っています。下は砂浜で、どの時間も日陰があるし、水が浅いので小さい子供に最適の場所でした。

宿泊した場所は、プーリャ州モノーポリ近くのカピートロという場所で、家自体は夏の家という感じでしたが、海から50mtくらいの場所にあり、美味しいレストランの近くで本当に気に入りました。
午前中は海水浴、ランチは家で、少し休んで、夕方からは近くの町散策へ。
モノーポリ、ポリニャーノ・ア・マーレ、オストゥーニと行きたい町は行きました。
プーリャ州はきれいな町が多くて、美味しいものばかり、料金もお手頃と、最高です。

宿を予約した頃からひそかに、ブログやメールでお付き合いのあるGiApuliaさんとお会いしたいな~と思っていて、いざ連絡。
急な上少し離れた場所だったのに会いに来てくれましたー。本当にありがとうございます!!!

妊娠した頃から、何度かメールでお話をしていて、年も近い上、境遇が似ていていつもブログを通して楽しみにしていました。
クララとSiiliさんのお譲ちゃんも3ヶ月違いで、お互い小さい子持ちと言うことで一緒に話せて嬉しかったです。

旦那のタイプは少し違っても、ほとんど境遇や気持ちは一緒。。。笑)
いつもどおり止まらないトークで話しまくりました!
あんだけ話したのに、帰って来てからあれも聞きたかった、これも聞きたかったと思ったことばかり。

お互い海外の地で、旦那ファミリーの波にのまれて生活している中でも、Siiliさんは自分の子育てをしっかり確立して守っててすごいなぁと思いました。お譲ちゃん、日本語ばっちりでしたしね。
うちのクララは完璧イタリア人。最近は見習って、日本語の単語を繰り返し繰り返し読んで発音するようにしています。
クララの口から出る日本語、本当、イタリア語発音なんですよね。

Siiliさんのお譲ちゃんはきちんと座って美味しく食事をしていたのに対して、うちのくららは自分の気の引く事があると食べることを忘れて動き回るので大変でしたが、日伊ハーフの年齢の近くの女の子と遊んでてとても楽しそうでした♪
まだ自分が日伊ハーフだなんて実感してないでしょうけれど(笑)

これからもちょくちょく会えるといいなぁ、と思っています!
またマシンガンノンストップトーク、しましょうねー!!!

プーリャ州には会いたいと思っている方がたくさんいますねー。
距離的には遠くないけれどなかなか会えないんですが。。

この日はとても美味しい物を頂いたんです。
プーリャ州はお魚が美味しくて最高です。。。その話はまた次に!


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


by yumi_nan911 | 2019-10-07 22:46 | 子育て・ママライフ | Comments(2)
今年の夏はイタリアもまだまだ暑さが続いています~。
9月に雨が少ないとポルチーニが育たないと聞いていますが、今年はどうなんでしょう?
山は降っていることを願います。そろそろ秋の味が恋しい今日頃頃。

日本のノンニとはクララが8ヶ月の時に日本に帰った時にあったぶり、1年5ヶ月振りの再会でした。
ほぼ毎日スカイプで話すので、声は聞きなれていましたが、カメラをつけてもすぐに興味が別のことに移っていました。

眠い時は特に、私と二人でいたい感が強くて、パパでさえベットから「あっち行ってーVia-!」と追いやっていました。
頻繁に来るシモーネママにも私と二人になりたいサインはかなり出していたので、時々こっちの立場がないくらい「あっちいけー!」と追いやるKYなクララ。
そんなこんなで、ずっとノンニがいたら自分とママのエリアを侵される!と防御に走るのでは?なんて、少し頭をよぎりましたが。

まったくそんなことなく、すぐにすんなり受け入れて、いつもノンニの部屋に行って遊んだり楽しくしていました。
ノンニ、via~!なんて言ったことなかったのでは?
よく一緒になって遊んでくれて、公園に連れて行ってくれてクララは最高に楽しかったんだと思います。

一緒に食卓に座るのも好きでしたしね~。

クララの言葉はほぼイタリア語ですので、時々母に「○○って何の意味?」とか聞かれましたが、私は基本日本語で話しているので、クララはよく分かっている様子でした。

あれだけ毎日朝から晩までノンニといたので、ノンニが帰った後どうなるのかな?と少し心配でしたが、本人はわかっていたんですね。
両親の帰国便は朝早く、クララが寝ている間に家を出て行きました。
クララが7時過ぎにおきてから、ノンニの部屋に行くかな?と思ったらその朝は行きませんでした。
いない事がわかっていたんですね。

お昼頃、私がベットシーツを取り外していると、「ノンニ、via~?」と聞いてきました。
今ではやっとスカイプをしている相手が良く分かったようで、カメラに向かって「チャオーノンナ、ノンノ~!」と言って投げキッスをよく送るようになりました。
今度は私たちが日本に帰ろうね!
ノンニと過ごした夏休み♪_c0171485_04205863.jpg

↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


by yumi_nan911 | 2019-10-01 04:22 | 子育て・ママライフ | Comments(4)
イタリアに住む日本人のお母さん方から「子供の誕生日会が大変。。」という話を聞いていて、
やっとその大変さが分かりました。。。

きっとイタリア人の女性は、小さい頃から人を家に招く習慣があって、飾りつけとかオーガナイズ力とか次第について育った人たちなんでしょうね。核家族が多い日本で育った私には、まったくない能力です!(笑)

結婚式もそういう女性の力が活躍する場所ですが、幸いイタリア式結婚式を知らずにササーっと結婚式をしてしまったので、
そんなイタリア人の感想も気持ちも全く知りませんでした。きっと簡素な結婚式だわーと思われたに違いありません(汗)

去年の1歳の誕生日会は、義理の弟のレストランで行いました。
1歳だし、洗礼式もやってないしと言うことで、少し贅沢しました。
レストランの方がほぼ用意してくれたし楽ちんでした。
今年も、呼びたい人の人数も多いし家族連れで来てもらうと、ざっと数えて40人越え。
クララもそとで遊びたい年齢なので、レストランでもじっとしていないことを考え、自宅の庭で行いました。

まぁ、簡単に切り売りピッツァを買って来て、後はドルチェを何種類か作って、ケーキも買ってきました。
そういうことにシモーネは何でもやる事が遅くて、(仕事の忙しい時期と重なったし)ほぼ一人でオーガナイズ。
両親がいて、手伝ってもらえた事が幸いでしたー。

クララも楽しそうにしていて良かったのですが、ハッピーバースディの歌を歌い始めると。。。
「Basta!Basta!(ストップ!ストップ!)」
まさかの止めてくれ~!とストップがかかるという自体。。(爆笑)
自分が歌うのは好きなのに、人に歌われるのが嫌な時期だったらしく、止められました(笑)

クララ、2歳の誕生日会♪_c0171485_00373381.jpg
クララ、2歳の誕生日会♪_c0171485_00381578.jpg
クララ、2歳の誕生日会♪_c0171485_00375405.jpg



何はともあれ、元気に明るく育ってくれていてありがたいです。
2歳から3歳になる間、幼稚園が始まったり新しい事がたくさんです。
どうか健康で成長してくれますように。。


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村



by yumi_nan911 | 2019-09-17 00:42 | 子育て・ママライフ | Comments(2)

ノンニ到着!

先週末、日本から2年ぶりに両親が遊びに来てくれました!!
ノンニ到着!_c0171485_05471581.jpg
クララの誕生に合わせてイタリアに来てくれた時の後、クララが8ヶ月の頃一時帰国した時を最後に、スカイプのビデオ電話で過ごしていました。
ちょうど日本の両親と話す時間は、クララが眠い時間だったりとなかなかいいお顔を見せる事ができなかったのですが、
今度は1ヶ月半イタリアに滞在してくれるので本当に楽しみに待っていました!

クララも、「誰か来るのかな?何だか部屋も準備しているし何かいつもと違うなぁ。」と感じていたはず。
空港に迎えに行った時は少し恥ずかしそうにしていたものの、直ぐに慣れてしまいました。
父母を初めて呼んだ時はなんと「Zio(叔父ちゃん)、Zia(叔母ちゃん)」でした(笑)

街中で会う知らない人にも、お年寄りにはNonno(おじいちゃん)とか呼ぶので、クララの中では若いと思ったのかも? 苦笑
イタリア人のクララにとってはアジア人は若く見えたのか?笑
子供の反応って面白い!

いつもほぼ1日中私と二人でいる家で、違う人がいると嫌だったりするのでは?
なんて思ったら大間違い。私のところに来るより、ノンナとノンノと遊んでいたい!ノンニのお部屋にいたい!とずっと離れず。
まだ到着から1週間も経っていないのに、両親に少し預けられる様になってきました。

クララもここ1週間で大きく変わっています。
6月上旬からイトコのシャナが帰ってきて、楽しそうに一緒に遊ぶのですが、なぜか彼女といるとすごくいたずらが増してきて困っていました。シモーネママの家はクララ対策をしている私のうちと違って色んな物があるので、壊してしまわないか気が気じゃありません。。
イタリア人は反応も大きいし声も大きいので、それと同様クララもよく大きい声をあげていました。

ところが、両親が来てから大きな声を出したり物を投げたりという行動が急激に減ってきました。
子供は大人の鏡。私たちを同じような事をし始めたのです。

クララは本当に周りのことを良く見ていて、大人の真似をするのが得意。
「朝ごはんを食べるよ」と言っても私が食べていなかったりしては意味がないんですね。
今では普通に両親と並んで朝ごはんを食べています。

そういう小さな成長が本当に嬉しいです。
9月からは保育園が始まります。
イタリアにいても日本人の良い習慣をどんどん教えていかないといけませんね!!


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村




by yumi_nan911 | 2019-08-08 05:50 | 子育て・ママライフ | Comments(4)

今年の夏、前半!

夏本格、暑い日が続いています~!
日中は暑いけれど、朝晩は涼しいし、日本ほど湿気がないので、過ごしやすいけれど、日中は大汗かく暑さ!
クララも毎日大汗かいて楽しそうに遊んでいます。

夏のイタリアは、暑い時間帯(12時~17時ごろ)は、街中の人気が一気になくなります。
夕方の比較的涼しくなった頃、人が湧き出てくるのですが。

去年の夏の最後の最後、9月最終週の日曜日にやっと海の中に入って浮かんだクララさん。
いざ、今年は最初から楽しく砂浜や海で遊んでくれるのでは?と期待していたものの、また出戻り(汗)
砂に触るのも嫌!からスタート。
海男のシモーネはもっと小さい頃から海女の娘を期待していたのにザンネン!

近所には砂浜と石浜どちらともあるのですが、クララ的には石浜の方が好きそうです。
砂はどうしてもサンダルの中に熱い砂が入ってきてしまうのがいやな様子。

小さい子供用プールを買って、海で遊んでいます。
今年の夏、前半!_c0171485_05511944.jpg
海にはLidoと呼ばれる海の家がいくつもあって、パラソル&ビーチベットのほか、子供用の遊び道具や滑り台などもあるところがあって、
この前の日曜日に行ったLidoには、石浜の他、木や椰子の木がたくさんあって、木の陰でお休み出来るのがすごく気に入りました。

このあたりのイタリア人は、毎年このLidoに通う、と同じ場所に決めている人が多いですが、私たちは色々変えていくのが好き。
仲良しのご夫婦と「今日はどこに行こう!」とい色々試しています♪
今年の夏、前半!_c0171485_05513518.jpg
海のほかにも、最近はワンちゃんや猫ちゃんを飼っているお宅に遊びに行く事が多くて、クララに動物に慣れて欲しいなと思っています。
子猫ちゃんを抱っこすることも出来るようになりました。
今年の夏、前半!_c0171485_05505707.jpg
猫ちゃんを追いかけて逃げられると、頭を下げて落ち込んでいる姿が愛おしいです~。

夏の終わりにはもう2歳の誕生日を迎えます。
本当にあっという間の2年間。そして9月からは午前中だけ保育園に通うことになっています。
やっと少し時間が出来て嬉しい気持ちと、少し寂しい気持ちと複雑。

自分の仕事やシモーネの本業、育児と9月からは頑張ろうと意気込んでいます!
8月は日本から両親が遊びに来てくれるので、本当に楽しみです!!!!
クララ、日本のおじいちゃん・おばあちゃんとの再会、どんな顔をするんでしょう?
楽しみがいっぱいの2019年夏です♪♪


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村





by yumi_nan911 | 2019-07-24 05:59 | 子育て・ママライフ | Comments(2)

いざ心を決めて断乳。。

いざ心を決めて断乳。。_c0171485_01593414.jpg

いつおっぱいとバイバイするか、、悩んで来ましたが、4月の頭、クララが1歳7ヶ月で実行しました。
ご飯も3食食べるし、母乳以外の牛乳は飲まないものの、18ヶ月検診でも体重が増えていたので小児科の先生からも安心する一言をもらいました。
いつも私と二人で家で過ごす事が多いので、口寂しくなるとおっぱいを欲しがり、
「次第に離れていくから大丈夫よ~」というお言葉も多かったのですが、未だ1日5回くらいチュッチュ吸っていて、明け方頃になるともう私の上に乗り、常におっぱい吸っているような状態で。(汗)

同じ年くらいの子供たちと遊んでいるととても楽しそうで、他の事をしているとおっぱいは気にならないので、見ていて逆になくても大丈夫になった方が楽なのでは?と思う事が度々でした。

心を決めて、断乳経験者に色々話を聞くと、乳首に絆創膏を張るとか、少し前から言い聞かせるとか、実行の日はパパに協力してもらうとか、マンマは別のベットで寝るとか、色々聞きました。

ある土曜日の午前中の授乳を最後に乳首に絆創膏を張り実行。
絆創膏のおっぱいを見せるまで私の気持ちがこみ上げて一人で泣いていました、、。
最初は??という反応だったクララ。泣いていましたが、疲れたのか午後のおねんねはシモーネ抱っこで寝ました。
午後はお友達のお家でいっぱい遊んで、夜もお出掛けで気がまぎれたようでして、いざ1日目の夜。

最初はシモーネに抱っこしてもらいましたが、「おっぱいなくてもあなたがいいのよーマンマ!」と泣き続けているクララを見てバトンタッチ。私が抱っこしているうちに寝てくれました。
明け方頃、「おっぱいないの、本気なのねー!」と怒りの大泣きがあったものの、5-10分で寝てくれました。

勝負は2日間で、月曜日には二人で過ごしても時々Voglioおっぱい~と泣くものの、揺らして抱っこしてあげると落ち着いてくれました。

明け方頃、10日間くらいはうわーん!となることがあっても、少しずつ良くなって、今ではゆっくり寝てくれるようになりました。

断乳という言葉は、あるのに断つという意味だし、私も人生最後の授乳になるかもしれないし、感慨深いものがありました。
でもクララを見ていて、時々手を離してあげるのも子育ての一つなのでは?と思う事が多々あり、決意しました。

思ったとおり、おっぱいなくても元気に楽しそうにしている彼女を見て、今決意して本当に良かったと思いました。
変わらずいっぱいハグしてバッチョして愛情たっぷりあげています~113.png



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


by yumi_nan911 | 2019-04-30 02:02 | 子育て・ママライフ | Comments(2)
日伊ハーフ、洗礼する?しない?_c0171485_00333585.jpg
カトリックの国・イタリアに住んで子供がいると、必ず悩むという『子供にクリスチャンの洗礼を受けさせるか?』ということ。
今や若者の多くが、『小さい頃カトリックの洗礼は受けたけれど、今は教会には殆ど行かない』という人が多く、シモーネもそのうちの一人。
彼の両親もそんなに厳格な人たちではないので、私たちが結婚する時、教会ではなく市役所で民事婚を選んだ時も何の一言もなかったですが。

イタリア人の子供は殆どと言ってよいほど、洗礼式は受けさせます。
「洗礼は受けたけれど、カトリックの教えにはあまり同感できないぜ!」と言って民事婚をした友人夫婦も、先月5ヶ月になる息子さんを洗礼しました。なので、今の所イタリア人夫婦の子供で知っている子はほぼ洗礼ずみ。

宗教的なこともあるけれど、生後5-6ヶ月頃させるのが普通で、親族・家族へのお披露目パーティーのようなものなんでしょうね。

洗礼を受けた子どもは、小学校が始まる頃になると、クリスチャンの次のステップ・ピリモ コムニオーネ(初聖体拝領式)があるのですが、その前に何年か毎週教会に通ってクリスチャンの教えを受けるという、カテキズモを受けなくてはいけません。

その流れが一般的なので、子供を洗礼させた夫婦に言わすと
「お友達がみんなカテキズモに行っているのに、自分だけ行かない、洗礼を受けてないと悲しむのでは?」という意見も多いです。
それもどうかな~と思いました。
教えを信じて正しいことをしている、と思って行かせた方が何百倍もいいと思います。

「みんな○○を持っているから私にも買って!」と子供に言わせているようなものです。

幼稚園も小学校もキリスト教の習慣がもとになっているので、学校でも宗教の授業で聖書の教えを勉強します。
私も一緒になって勉強して、クララが心の底から求めるのであれば、後からでも洗礼は遅くないと思っています。


イタリアの中でも外国人が多い場所では、神父さんにより片親がクリスチャンではなくても洗礼を受ける事ができたり、教会で結婚式を挙げる事ができるところもあるそうですが、保守的な南イタリアの田舎町では、基本、両親がクリスチャンではないと洗礼は受けさせられないという決まりもあるそうです。

実際イタリアで育っていない私にとって、後からどんな壁がやってくるかわかりませんが、どうして私は洗礼していないの?といつか疑問に思うクララにしっかり応えてあげたいと思います。


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村



by yumi_nan911 | 2019-03-24 00:38 | 子育て・ママライフ | Comments(2)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30