人気ブログランキング |

カテゴリ:カラブリア郷土料理・菓子( 69 )

今年は異常気象で、今週まで天気が悪くて寒いカラブリアです。。
もうすぐ6月だと言うのにまだコートが必要で、驚きの気候です。
この後一気に暑くなったら嬉しいけれど、身体が着いていかなそうです。。

今まで人に聞いたレシピを試していた大好きなロサマリーナ(稚魚の唐辛子漬け)。
最初に作った時は、激辛で食べられない程(途中で味見を良くしなかったのがいけないのですが。)で、
その後はやたらに塩気が強かったりと納得するロサマリーナ、作れずにいました。

毎年おすそ分けしてくれる、漁師の奥さん伝授のレシピで作ってみました。
c0171485_01053924.jpg
大成功です。
1キロの稚魚で作ったので、そんなに量は出来ませんでしたけど、地元の友人にプレゼントしたら褒められました♪

これは殿堂入りのレシピで、毎年少量ずつでも作っていきたいと思います~!

今では家で自家製をする人は少なくなってきていますが、美味しさが半端ないです。
これで、やっとカラブリアの主婦になれたな!と自分でも思います105.png


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by yumi_nan911 | 2019-05-16 01:14 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(0)

山羊さんチーズ農家へ!

3月の最後の日曜日、冬時間から夏時間に変わる日の午前中、近所の山羊チーズ農家へグループで訪問してきました。
日本との時差8時間の冬時間から、7時間の夏時間に変わる日。
前日まで7時だった時間が、この日曜日には朝6時になるので、待ち合わせにドキドキでした。。
私はクララと二人でも参加する気満々だったのですが、日曜日だけ休みのシモーネは最初不機嫌でしたけどねぇ。。。

子供はクララだけかと思ったら他にも少しお姉ちゃんの二人がいて、顔見知りの子供たちで終始楽しそうにしていました!
c0171485_05571523.jpg
とても天気がよく空気も澄んで気持ちよい日曜日の朝に、みんなで歩いてチーズ農家へ。
山羊や羊、牛さんもいて、子供たち大興奮!
c0171485_05553906.jpg
参加者それぞれが容器を持参して、まだ温かい出来立てホヤホヤの柔らかいチーズを頂きました。
c0171485_05574263.jpg
c0171485_05555979.jpg

チーズは動物の乳を使いますけど、これを豆乳にしたら、まさに釜揚げ豆腐です。
こんなに朝から食べられないー!と思っていたのですが、ペロッと食べてしまいました!

歩いて農場に行く日曜日の朝、私はとっても気に入りました!


ちょうどさくらんぼの花がきれいに咲いていて、日本の桜を懐かしく思いました~。
去年の桜は9年ぶりに見れて本当におとぎ話のような美しい記憶が鮮麗に覚えています。
c0171485_05580373.jpg
c0171485_05581624.jpg
とても穏やかだったこの週末を後に、4月に入り寒く天気の悪い日が続いています。
遠くの山の頂上もまだ雪景色。。。
相変わらずの気温変化で体調を崩す人が多いですー。早くもっと温かくなってと願っています。
と言っていると、いきなり暑くなるんでしょうね。。。


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by yumi_nan911 | 2019-04-14 06:06 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(0)

アルブレッシュ(アルバニア系イタリア人)の村々に伝わるマニアックな伝統パスタや料理、郷土菓子の中の、一番簡単な郷土パスタ・ドロームス。
c0171485_20131518.jpg

昔はわざわざこのパスタを作るのではなくて、他のパスタを作っている残りの粉を再利用したのが始まり。

今では人に見せるように、ローリエやローズマリーの葉の束を水につけて、粉のうえに振って作っていくのが主流のようですが、元はといえば他のパスタを作る時に手や台に残る粉粒を使っていました。
c0171485_20124831.jpg
c0171485_20130168.jpg

形成ともいえないパスタですが、下湯でしないで直にパスタソースに入れて出来上がり、の簡単パスタ。

シチリア島のクスクスや、サルデーニャ島のフレーゴラと同じような形ですが、かけ離れて超素朴。

その素朴とざっくり差がカラブリアらしいと、やけに親しみを感じました、、♪


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by yumi_nan911 | 2019-01-24 20:15 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(0)
今年も旬のノヴェッロオリーブオイルを楽しむ季節がやってきました!

絞りたて、ノンフィルターのオリーブオイルは、デリケートな落ち着きのあるオイルというよりは、
鮮度あふれてオリーブの味と香りが強く、パンにつけて楽しむのが多いです。

パンだけでなく、レンズ豆のスープや野菜のミネストローネに入れても、存在感あり、色んな料理に使って楽しんでいます!

カラブリア州のオリーブ生産量はプーリャ州に続き2位で、近年海外に輸出する農家も増えていて、ビオ(有機マーク)を取得して販売している所も増えています。

土着オリーブ種も限りなく多く、それぞれのオリーブの特徴を把握している農家は実はまだまだ少ないです。
このあたりのDOCのオリーブオイルも、混合種なので、混ぜるのが悪いというわけではないですが、
それぞれのオリーブの特徴を知った上で、このオリーブは単一オリーブオイルより混合にあう、また
この種は単一オリーブオイルが良い、と知識を持っていないと、と思います。

最近お世話になっているオリーブ農家は、イタリア・ヨーロッパ圏内で多くの賞を取っているだけでなく、地元の品種の特徴をよーく把握し、単一オリーブオイルも多く、アッビナメント(オイルに合う料理)も研究している会社です。


↓この種は、Grosso di cassano。本当に丸々と大きい品種です。
c0171485_06593226.jpg
Grosso di cassanoの単一オリーブオイルは後からピリッと辛い、後味が残るオリーブオイルで、レンズ豆のスープや茹でたブロッコリと食べたらとても存在感あって美味しいです。

c0171485_06595495.jpg
c0171485_07002901.jpg
c0171485_07005582.jpg
ひとつひとつ、丁寧に手摘みし、その日の夕方に搾油をかける。
ボトルも可愛くて、地元で消費する農家より割高ですけれど、その分価値の高いオリーブオイルです。

アロマオイルもベルガモットとチェドロの2種あって、最近は魚のカルパッチョにして合わせるのが気に入っています。

地元消費のオリーブ農家や、家庭単位は、カラブリア州では11月に入ってから収穫・搾油にかけるのが主なので、今が収穫真っ最中という所でしょうか。




↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


by yumi_nan911 | 2018-11-18 00:55 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(2)
今年もオリーブ・スキャッチャータ作りました~。

去年の今頃はそんな余裕はありませんでしたが、クララも1歳を超えて少しずつ前の習慣を取り戻してきました!

保存といっても5キロのオリーブでは、お世話になっている方におすそ分けや、自分たちで直ぐに食べてしまうのですが。。

クリスマスまでは何個か残しておきたいと思います。。。

市販されているオリーブの味というより、オリーブの漬物のような味で、にんにく・パプリカ・唐辛子・フェンネルの種で味付けしたオリーブはとっても美味しいです~。
c0171485_06524548.jpg
いつかクララも手伝ってくれるようになると楽なのですが。。
それはもう少し辛抱ですね。。笑


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by yumi_nan911 | 2018-10-19 06:55 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(2)
カラブリア州コゼンツァ県に多く点在するアルブレッシュ(アルバニア系イタリア人)の村々に伝わる伝統パスタ・シュトゥリューディリャ。
伸ばし棒もナイフもフォークも何も使わないで形成する面白いパスタです。

不揃いの出来が手作り感あって良いというカラブリアの手打ちパスタの代表にもなれるような、美しさにかけるパスタですが、太い所もあり、細いところもありそれが何とも食感が面白く、私は好きです。

豆とパプリカパウダーと合わせるのが代表的な食べ方で、カラブリアに根付いたアルバニア食文化の代表とも言えるピアットです。
c0171485_04333172.jpg
c0171485_04331257.jpg


この日のレッスンのメインが塩だらとジャガイモの煮込みだったので、塩だらソースと普通のトマトソースも作って3種類のシュトゥリューディリャを頂きました♪
c0171485_04334988.jpg

この伝統パスタ、今では作れる人が少なくなってきているそうで、絶滅寸前のパスタです。
幸い講師のルチェッタさんのお嫁さんがしっかり受け継いでいるので、安心しました~!
かなりマニアックな手打ちパスタですが、ぜひ味わいにお越し下さい~!


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by yumi_nan911 | 2018-09-03 04:50 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(0)

真夏のクリスマス菓子

7月に入り、灼熱の暑さがやってきました~!
寒暖の差や強風にあたったり、なかなか体調管理が難しく、私→クララ→シモーネとのど風邪をひきました。
今シモーネがのど痛で、これが過ぎたらもうひかずに夏を楽しみたい~。
クララも咳がひどくて、可哀想でした。のども真っ赤だったみたいです。。大分良くなってきてよかったです-。

先月、カラブリア郷土料理レッスンにお客様がいらっしゃいました。
料理本やテレビなどでご活躍されている藤野幸子さん!!
有名な方ですし、クララ連れてご迷惑かけてしまったらどうしよう、、と心配でしたが、気さくで優しくて本当に素敵な方。
大ファンになってしまいました。
本当にありがとうございましたー!!!
幸子さんの本「シンプルでおいしい こねないパン」の本は帰国した時、必ず手に入れたいです!

色んな料理を作りましたが、カラブリアのモスタッチョーリ「チョタレッダ」
カラブリアのというと広範囲で作られているようなので、これは私の住む町・カストロヴィッラリのクリスマス菓子です。
カラブリアのモスタッチョーリというと、カタンツァーロ方面で作られるススメッレのほうが有名かもしれませんが。

チョタレッダとはciota=つまらないもの、という所からきていて、家にあるもので作ったつまらないものです、という所から由来していると思います。
c0171485_23595351.jpg
c0171485_00003955.jpg
ヴィンコットとはちみつ、くるみとオレンジの皮を入れたビスコッティで、クリスマス風に可愛く飾りつけしようと頑張った昔の主婦の垢抜けないデコレーションが愛嬌あります。(笑)

カストロヴィッラリの人、大好きなお袋の味、チョタレッダでした。

今年はスイカが美味しい今の時期でも、地元産の美味しい有機オレンジが手に入ります。
スイカを食べたりオレンジも食べられる今年は、フルーツ豊作です♪♪



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by yumi_nan911 | 2018-07-16 00:04 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(4)
私の大好きなカラブリアの特産・ロサマリーナ。
稚魚の唐辛子・パプリカ漬けです~。
カラブリアのもので日本でも有名なNdujaは、私の住む町よりずっと南で作られるものなので、家で作ったNdujaをおすそ分けってあまりないですが、ロサマリーナは時々頂きます♪

今は稚魚の漁業が禁止されているので、Pesce Ghiaccioという冷凍の稚魚を使っているのですが、これまたちょうどいい塩加減とパプリカ・唐辛子の比率で、辛すぎずでもパンチのある味で大好きです。

ロサマリーナは、本当に色んな呼び名があって、面白い(分かりづらい)のですが、作り方も本当に様々です。

↓左側の色の濃いロサマリーナはクロトーネのもの。
稚魚を一度サラモイア(塩水)に通してから水分を切り唐辛子と合わせているそうで、お魚の形があまり残らないペースト状のもの。
c0171485_23164876.jpg

↑右側のものは、私の住むエリアのロサマリーナだなぁ、というもの。
稚魚に塩を振ってから水分を取って唐辛子・パプリカパウダーとあわせたもので、魚の形が良く残っています。人により、粉末だけでなく、粗挽きも混ぜたりします。

このロサマリーナはカラブリア州北部、チェトラーロという街のもの。
c0171485_23181737.jpg


粗挽きタイプのパプリカ・唐辛子を使うので、全体的に白い色が残るロサマリーナ。

カラブリア人の主人も、近年まで味わったことがなかったもので、出会ってからはこのロサマリーナがNO.1と言っています。

カラブリアに40年住んでいる義母は、クロトーネのロサマリーナがNO.1だそうです。

私は、、、どれも個性があって選べない!という感じです(笑)

去年は妊婦で食べられなかったので、今年は冷蔵庫に欠かすことのない食材の一つとなっています♪


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村



by yumi_nan911 | 2018-05-03 23:22 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(2)
ニョッキというとじゃがいものニョッキが有名ですが、カラブリアのニョッキといえば、熱湯と小麦粉だけで作るニョッキです。

熱湯を加えるので始めはスプーンで混ぜて、手で触れるくらいになったら手で捏ね、形成するだけの超簡単パスタ。
モチモチで、じゃがいもが入っていないのにどこかじゃがいものニョッキに似ています。

熱湯のおかげですぐに生地が滑らかになるし、寝かせる必要がないので、時間がない日でも作れます。

くららがいつ泣くかワカラナイ状況ででも出来るので、最近手打ちパスタが恋しい時に作っています。

お料理レッスンでも時々作るのですが、簡単すぎてあれれ?と言う感じに出来上がります。
手のかかる料理が好きな方にはちょっと物足りないかもです。私のような手抜き料理も好きな人にはおススメです!
c0171485_04151285.jpg
c0171485_04154452.jpg

↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
by yumi_nan911 | 2017-12-05 04:17 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(0)
今年のパスクワ(復活祭)は4月16日。
例年に比べると遅いパスクワです。
パスクワは暦により3月中旬~4月中旬までの期間にやってきます。
例年3月末が多いですが、今年は遅い。

12月末~1月7日までのフェスタが終わってから、都市に住んでいる子供たちがやっと帰ってくる!今年はパスクワまでが長かった・・と子供の帰りを喜んでいる親たちが多いですね♪

日曜日のパスクワ、月曜日のパスクエッタ、そして火曜日はアルバニア系イタリア人集落のお祭りと、お祭りごとが続きます!

カラブリア州のパスクワ菓子「クッドゥルーノ」を作りました。
c0171485_00423846.jpg
ブリオッシュ生地のパンで、上に復活祭の象徴、卵をのせます。

素敵なパスクワ、週末をお過ごし下さい~!!


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by yumi_nan911 | 2017-04-16 00:47 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(2)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31