人気ブログランキング |

カテゴリ:日々のこと( 32 )

先週、シモーネの祖母ノンナが他界しました。
今まではバリバリ一人でメルカートに買出しに行って料理して、保存食作ってとパワフルなノンナだったのですが。。
ノンナ、本当にありがとう。_c0171485_00281705.jpg
私がクララを妊娠している頃から、何度も転んで足を怪我したり手術をしてリハビリをし、大分良くなった頃、また悪化して、少し良くなりと言う事を3年くらい続いていたのですが。

軽い脳卒中を起こして片側が麻痺してしまって、うまく歩けなくなってしまったのが昨年末。

1月に日本に帰国する時も少し心配だったのですが、戻ってきて会いに行くととても嬉しそうな顔を見せてくれたのをよく覚えています。

2月に一時危ない時があったそうですが、また少し良くなり、そしてこのロックダウン期間。
ロックダウンに入る前日に会いに行くと、薬の影響かあまり会話も出来ない状態でした。

カストロヴィッラリに住む叔父さんとシモーネパパが交代で会いに行っていたそうですが、そのままどんどん衰えていってしまい、
先週息を引き取りました。

私がこの町で暮らし始めた頃、ノンナは一人暮らしで、シモーネも外に仕事に行っていたので、特にシモーネが不在の時など、朝から一緒にお買い物行って料理して、食事し、夜まで一緒に過ごしていた思い出があります。
手打ちパスタもお料理も色々教えてもらいました。
本当の孫の様に可愛がってもらいましたし、いつも中々子供を授からない私達のことを心配してくれて、私が妊娠した時はとっても喜んでくれたのを昨日のことの様に覚えています。

クララが産まれても、時間を見つけては会いに行っていました。

息子4人を育て上げて、孫にひ孫まで可愛がってくれたノンナ。
もう会えないと思うと悲しくて仕方がありませんが、苦しみから解放されてノンノのところにいけたね。
本当にありがとう、ノンナ。


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


by yumi_nan911 | 2020-05-30 00:34 | 日々のこと | Comments(0)
ロックダウン徐々に解除!_c0171485_06174702.jpg

少しずつ緩和されてきているイタリアのロックダウン。
バールでもテイクアウトでコーヒーが飲めるようになったり、お散歩が出来るようになったり、少しずつ良くなってきましたが、18日より衣料品店やその他のお店、またレストラン・バールも飲食が可能になります。
州をまたがる移動は今の所必要以外には出来ませんが、州内の移動が可能で、Autocertificazione(自己申告書)が不要になります。

この自己申告書、記入箇所が多くて、子供洋品店や本屋など開いているお店でも行くたびに記入したくなくなるほど、面倒なものでした。
あれが欲しいな、と思ってもこの紙書くくらいなら18日まで待とうと心に決めていました。(笑)

2ヶ月も自宅から出ない生活でしたけど、出れないと諦められたので、悪くないロックダウン生活でした。
今まで逆に小さい子を連れて、天気が良ければ必ずといってよいほど外に出るようにしていた生活に少々疲れていたのかもしれません。
親族や従兄弟の中で育つ子が殆どのイタリア田舎生活で、クララはいつもは子供一人。
北イタリアに住むシモーネの妹と姪っ子ちゃんが帰ってくるとき以外、家族で唯一の子供です。
孤独を感じさせたくないと思い、いつも家から出るようにしていました。

きっと私が孤独を感じていたのかもしれません。
クララはこの2ヶ月、私とお絵かきしたり物を作ったり、遊んだり一緒にテレビを見ているだけでも幸せそうでした。
去年9月から保育園に通って6ヶ月で終わってしまいましたが、まだまだマンマといたい年頃だったんですね。
言葉の数も増えたし、よく日本語の本を読むようしていると、日本語の単語も増えてきました。
イタリア語発音も少し良くなってきた感じです。

イタリア語の語彙も増えました!
保育園に半日通っていたら、ここまで伸びなかったかもしれませんし、私自身日に日に変化していく様子を見過ごしてしまっていたかもしれません。
学校に上がっていたら、ネットレッスンで本当に大変そうです。まだまだ楽な年齢でよかったと思います。。



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


by yumi_nan911 | 2020-05-16 06:48 | 日々のこと | Comments(0)
今日から第二フェーズに入りました!_c0171485_06031026.jpg

本日5月4日より、フェーズ2に入り少し規制緩和しました。
、、、その前に、4月下旬に急遽、カラブリア州の州知事が突然の特別規制緩和令を出し、大混乱でした。
4月29日の夜に発表、その内容とは、カラブリア州内のバールやレストランのテイクアウトのみの営業開始(コンテ首相の発令ですと5月18日より)、外に座る席があるなら座って飲食もOK、在住の市外へのスポーツ目的の移動可能、ボート所有者などボート管理に海に向かってOK、などなど、コンテ首相の規定とは大きく異なるものでした。

その内容が翌日4月30日より適応、と言う事で地元大混乱。
え、明日からバールOKなの?レストランで食事も出来る?

カラブリア州の知事は若い女性の知事で、一気にFacebook上で大批判が始まりました。
ですが、彼女の言っている事も一理あります。
カラブリア州全体のコロナウィルス感染者は1100人程度。(人口は2百万人弱)
1日の新たな感染者は1人だったり0だったりを繰り返していた4月末。
外からの移動者の検査をしっかりして、自宅待機を義務付ければ、カラブリア内では動き始めてもいいのでは?という結論になったようです。

結局、それぞれの市長の見解で、州知事に従うか、コンテ首相に従うかで大きくわかれ、それぞれの市で異なることになりました。
と言う事で大混乱。

それからうちの市でも規定が決まり、バールやレストランはテイクアウトのみで営業可能、市内での散歩や屋外での運動が可能になりました。それだけでもありがたや。ほとんどコンテ首相の発令に従う模様。

私は週1で食材買出しに行っていましたが、クララは家としたのお庭だけで2ヶ月過ごしました。
車に乗ってお出掛けなんてずっと昔の話です。
これからは少し外に出て歩いたり出来るようになりました~。

というものの、子供の慣れってすごいですね。
公園に行きたいとか、車に乗りたいとか全く言わずに、「お外に行こうか~」=お庭。
特に外には悪いウィルスがあって外に出られないんだよ、なんて事は話さないでも、家でマンマとパパといられたら十分だった様です。(笑)

今日からお散歩可能になったと言う事で、今日は町中大混乱だったそうです。
イタリア人、頑張ったよね~。出たくなる気持ちよく分かる!
まだまだ集団で集まったりはNG、ですが、気持ちが少し楽になった5月のスタートです♪

ただ、学生など、住民票がカラブリアにある人は帰省可能になったので、外から戻ってくる人が増えるのが心配です。
14日間は自宅待機必須、必要とあれば検査をすることになりますが、どこまで防げるかがこれからの課題になりそうです。



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


by yumi_nan911 | 2020-05-05 06:09 | 日々のこと | Comments(2)

Buona Pasqua!!!

Buona Pasqua!!!_c0171485_22492120.jpg

外出禁止期間が5月3日まで延長されました~。
少しずつ状況は良い方向に向かっているようですが、まだまだ予断はできません。
あと少しの辛抱です。
最近とっても温かく良いお天気なので、お外をお散歩したり海へ行ったりしたいなぁ、と待ち遠しいです。

4月に入り、ピッツェリアやパスティッチェリアはデリバリーサービスと言う形のみで、注文を受け付けています。
多くのスーパーマーケットや薬局もメールにて買い物ができ、宅配サービスもやってくれているので、本当にありがたいです。
ただ多くの商品知らない間に値上げされています。この状況だからしょうがないですけれど。
買えるだけありがたい。

明日の日曜日は復活祭です。
ですが、外出禁止ですので、自宅で家族のみで過ごします。
普段は家でイースターのお菓子を作りますが、稼動しているパスティッチェリアに少しでも貢献したいと、パスティエラを2つ注文しました。今日の朝、自宅まで届けてくれるという、ありがたいサービス。
もう一つは、お友達ファミリーへのプレゼント。

保育園の先生から、色々課題をもらって一緒に遊んで作ったもの。
Buona Pasqua!!!_c0171485_22565997.jpg
3歳前にして、自分の頭で考えて要領よく作っていたのでとても感心しました。
貼り絵のひよこちゃんを作っていた時、私が最初に貼り付ける紙の方にのりを付けて貼ってもらっていたんですが。
逆に、ひよこちゃんのほうにのりを付けて、切り紙を乗せて貼り付けた方が早いと思ったのか、自分で変えていました。

私なんか、言われたとおりにやるのが得意ですが(苦笑)、彼女は3歳前にして自分で考えている!
隣でみていて、やるわねぇ!と思ってしまいました~(笑)

まだまだ大変な状況が続くイタリア。
世界中、どこも危ない状況です。
旅が大好きで、色んな世界を見るのが夢で、外の世界に飛び込みました。
『類は友を呼ぶ』で、自分の様に海外に住む友達が多くいます。
世界を身近に感じていたのに、ここまで遠く感じたのは、人生初です。

イタリアだけ解決すればいいんではない。
世界中、コロナに勝たなければいけない。
各国、制度が違い対応が異なりますけれど、世界が一つになり戦わなければならないのでは。
他の国の批判をするのではなく、助言をして、みんなで解決に向かいましょうよ!



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村









More
by yumi_nan911 | 2020-04-11 23:07 | 日々のこと | Comments(0)
外出禁止令が出てから早20日以上が経過しました。
コロナウィルスの死者が毎日毎日増えていき、1万人をついに超えました。
「例年のインフルエンザでも死者は毎年多いし、そんなに心配することない」と専門家や政治家が言っていた2月上旬から1ヶ月半で、ここまで多くの命が奪われました。
イタリアでも最初は甘く見ていたのだと思います。今は、政府も国民も押さえ込むのに必死に戦っています。

私とクララは、毎日自宅生活が続いていますが、Facebook上で子供と色んな工作をしている友人達が多いので、真似て絵の具を使ったりのりを使って貼り付けたり、毎日何かして遊んでいます。
完成したり出来たりすると、とても喜んで、今日は何をしよう?と考えて毎日早く過ぎ去っていきます。

こういう普通の生活が本当にあり難い、奇跡の連続であるのだと改めてわかりました。
奇跡の連続で人生が成り立っている。

コロナウィルスで命を落とした方は、人生の最期に家族にも会えず一人病室で息を引き取ります。
そしてお葬式も出来ず、軍用車に乗せられ、他の州の火葬場で火葬され、家族の元に返ります。
戦死するようなものです。
本当に悲しい死に方です。想像するだけで心が痛み悲しくなります。

日本でも日々感染者や死者が増えています。
志村けんさんが亡くなったとショックなニュースもあり、少しずつただ事ではない、と思っている方も多いはずです。
日本の政府の対応は本当にあやふやで、国民がどう対処して良いのか分かりづらいです。
その中でも、個人店の方々が自腹切っても、家族やお客様の安全を思いお店を閉めているのに、緊急事態宣言を出せない日本政府は何を考えているのか。
お店を閉めたら一銭も入ってこない方々が一歩を踏み出して決意しているのに、その方々の思いを苦労を無駄にしないで欲しいと強く思います。

和牛チケットとか本当にいらない!

離れた場所に住むものにとって、母国のことを思って不安に思うのは、きっと住んでいる人よりも強く思うのかもしれません。
明日から日本郵政局はイタリアからの荷物は拒否することになりました。
本当に日本でもイタリアのように感染者や死亡者が増えませんように。。。


日本ではイタリアの医療制度は崩壊した、、、と言われているみたいですが、その点についても少し。
イタリアと日本では全くといって医療制度が異なりますので、分かっていただくには少しイタリアの医療制度について。

イタリアの公的病院と民間病院があります。(イタリアの各地には民間病院が多くあるそうですが、カラブリア州にはわずかです。)
体調が悪い、検査が必要となると、まず指定のホームドクター(家庭医)に行きます。※無料
そこで医師が必要と診断する場合、診断書をもらい、専門医の診察が必要とみなされると、病院へ診察の予約に向かいます。
専門医の診察については、収入に応じて支払いになります。
場所によりますが、カラブリア州のように病院が少ない場合、半年以上待つことも多く、実費を支払ってもすぐに専門医に診てもらいたい場合は、ホームドクターを通さず、直接専門医にアポをとりプライベート診察に行きます。
この流れで行うとすごく時間がかかるのですが、公的病院で手術や入院する場合、無料です。

私も2015年、卵巣のう腫をローマのGemelli病院で行った時は、地元の婦人科の先生のプライベート診療にかかり、ローマの主治医を紹介してもらい、その先生の診察を実費で払い、Gemelli病院の婦人科の手術待ちリストに載せてもらいました。
診察から約3ヵ月後に手術をしてもらいました。
入院費と手術代は無料です。

民間病院が多い日本に比べてイタリア全土で病院数が少ないですが、医師や看護士のレベルは高く安心して受ける事ができます。
手術代を払わなくて良い国なんてどこにありますか。システムは最高です。
ですが、経済不景気からどんどん医療制度に与えられる経費は削減され、医師や看護士もわずか。
現在のような感染者が7万人という事態に対応しきれないのです。

私の住む南伊・カラブリア州に比べて医療制度や病院が多いロンバルディア州・北イタリアでこの状態。
この大感染がここにやってきたら終わりだ、、、と、カラブリアの人たちは真剣に外出禁止を続けています。

まだまだ戦いの日々。
それでも明るく前向きに生活しているイタリア人と一緒に頑張ります。

おかしな事ですが、自由がなくなってみてやっと本当の意味でイタリアの良さが美しさが再確認できているような気がします。
親しみはあるものの皮肉なことばかり言ってきた自分ですが、第二の故郷を本当の意味で愛せそうな気がしている今日この頃です。

伊コロナウィルス死者1万人越え。。_c0171485_05552618.jpg


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村







by yumi_nan911 | 2020-04-01 06:00 | 日々のこと | Comments(0)
バッチョがなくなったイタリア、、_c0171485_00352657.jpg


移動禁止令が出てから12日目、相変わらず自宅にこもる生活が続いています。
外出する際は、何のために外出しているかの用紙を予め携帯すること、買い物の場合家族ごとに一人で向かうため、車の中に2人以上いるといけません。
スーパーや八百屋、お肉屋などは通常営業ですが、お店に入れる人数が決まっているので、外に長い行列があるそうです。
幸い小さい町に住んでいるので、人の数よりスーパーや食材店のほうが多いのでは?と言う場所なので、物がない、と言う状態にはなっていません。
田舎生活に慣れてきたしストレスなく過ごせるので気に入っていましたが、ここにきてコロナウィルス騒ぎで本当に田舎に住んでいて良かったと思います。

家族ががっちり密に付き合うイタリア人ですが、このコロナの件で、近くに住むけれど親や兄弟に会えない生活が続いています。
スキンシップをとるイタリア人ですが、バッチョやハグも今はお預け。
階下に住むシモーネのママと弟とも、自然に会う回数が減りました。時々階段で話したり、お庭で話したり、電話で話しています。
クララにも気を使って、バッチョなどを我慢している姿を見ると、イタリア人みんな頑張って耐えているなぁ、と思います。

私はというと、毎日暗いニュースで家から出れない、、と思うと息苦しいですが、家は車が1台の生活なので、
天気が悪い時はシモーネがほとんど車を使うので、私とクララは自宅にいる事が多かったので、実際あまり変わった気もしません。
が、先が見えないと言うのが本当に不安です。

今の所、カラブリア州の感染者の数は昨夜の時点で273名、死者は8名となっていて、レッジョカラブリア県が多いです。
カストロヴィッラリの病院もコロナ患者の受け入れを始めようとしていましたが、体制が整わなく、今は受け入れをしていないそうです。
病院で働く人が多いので、2次、3次感染となることは避けられるようで安心しましたが、このままいくと本当にこの街の病院は閉まる方向に進んでいくのではと先が不安です。

そんな中でもビデオ電話で話したり、自宅でパンやピッツァを作る人が増えたり、SNSでは美味しい映像がたくさん♪

イタリア生活10年で初めて冷凍ピッツァを買いました!笑)
今まで街のピッツァ屋がすべて閉まるなんて事は考えられなかったので、誰が買うんだろう?と思っていましたが(苦笑)
普通に美味しくて、クララも美味しそうに食べていました!

家で作る人が増えているので、ビール酵母が買えない!らしいです~。

会えないけれど、家族や友達と電話で話したりメールしたりしながら気を紛らわしています。
クララも外に出ない生活でストレス溜まっているのか、少しわがままが目立つようになりましたが、そんな彼女といると毎日が過ぎるのが早いっ(笑)ありがたいのかもしれませんね!

1日も早く収束し普通の生活ができますように。
家族揃って外を歩ける、お散歩できるなんて最高に幸せなことです。
コロナウィルスで亡くなる方は、家族に看取られず一人病室で息をとり、お葬式さえできません。
そんな悲しい最期を迎えられる方がいなくなりますように。。。



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by yumi_nan911 | 2020-03-24 00:41 | 日々のこと | Comments(0)
イタリアの新たなコロナ対策、Forza Italia!!_c0171485_07034056.jpg

月曜日の夜にコンテ首相の会見により、移動禁止令がイタリア全土に広がりました。
その時は、仕事は行ってOK、バールやレストランは夜間営業禁止、スーパーや医療施設、薬局などは通常通り営業で、必要以外自宅から出ないこと、そして外出時にはどこに向かっているか、などを記入した所定の紙が必要とのことでした。

町から他の町に移動する道路には警察官がコントロールしています。

私はクララを自宅で過ごし、殆ど出ていませんでした。
野菜などは主人の職場の近くにあるので、買って来てもらい、スーパーへはまだ行かずにすんでいましたが、
行く場合も子供は連れて行かず、一人でサササッと買い物に行くはずでした。

食材もこのあたりは特に不足してない模様。
逆に、時間があるので野生野菜を取りに行く人が多く、おすそ分けをよく頂きます(笑)

それから2日目、今日の夜にも再び会見が。
予想通り、商業施設・バール、レストラン、美容室、エステなどなど、全て営業停止になりました。
引き続き、スーパーや八百屋などの食材店や薬局などは開いているとのこと。
人々の生活に欠かせない仕事以外、停止をすることになりました。

幸い、私の住む町周辺(60km以内)にはコロナ感染者は出ていません。
土曜日にロンバルディア州や北イタリアから南イタリアに帰省した大量の人々が、南イタリアの各地に感染者を広げています。
イタリアの医療制度は州単位で行われ、収益の多い北イタリアには最先端の医療があります。
反対に、南イタリアの医療体制は非常に悪く、キャパシティが低く、救急に行っても病室がもらえるまで何日もかかることが多々です。

そのために、北イタリアから戻ってきた人々は大批判されています。
その2日後に、イタリア全土が危険ゾーンになってしまいました。
彼らは、レッドゾーンからレッドゾーンに移動したわけです。。涙

自宅にこもるのと1日が非常に長いです。
幸い自宅のアパートの下に、所有の庭があるので、午前中は何時間も太陽を浴びて外で遊んでいます。
人との集まりもダメなので、お友達と遊びたいクララには可哀相ですが、4月3日には全て終わっているように今は辛抱です。

SNSがあるので、友達も色々工夫して自宅にいる様子が分かるのでありがたいです。
感染者が殆どいないこの町でも、みんな終息に向かうことを祈って自宅にこもっています。
薬局に勤めている友人が、街の中心地の様子をSNSに載せてくれていて、みんな我慢して自宅にこもっているのが伝わってきます。

これからどんな状況に変わるか分かりませんが、今の所みんな頑張っている。
中には刑務所の受刑者が、家族の面会が出来ず暴動をおこして脱走をしたりとあり得ないニュースもありますが。
この地域、素晴らしい世界遺産があるわけではない田舎町ですが、みんな一つになって解決を目指している。
見直しました。

頑張ろう、イタリア!
Forza Italia!!



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村




by yumi_nan911 | 2020-03-12 07:06 | 日々のこと | Comments(0)
世界中で毎日コロナウィルスのニュースばかりの毎日。。
イタリア国内ではじめての感染者が出てからわずかな月日しか経っていないのに関わらず、感染者や死亡者は増える一方。
北イタリア・ロンバルディア州が特に感染者が多く、そこからの帰省者が各地で発症してしまうケースが多く見られています。
カラブリア州・チェトラーロでも一人、北イタリアからの帰省者が、こちらで発症してしまい、隔離&治療中です。

現在、在住の町ではまだ発症者はいないようですが、一歩ずつ近づいてきているなと言う感じです。

各地でアジア人に対する嫌がらせが多くあるようですが、今の所嫌な目にはあっていません。

2月上旬にイタリアに戻ってきていてよかったと思います。帰国が少しずれていたらもっと大変だったと思います。

イタリアに戻った頃は、フィウミチーノ空港でも特に検査をされたり、隔離をされる必要もありませんでした。
幼稚園からも医師の診断書があればすぐに戻ってよいとの事でしたが、1週間待機させ、帰国から12日後に幼稚園に戻りました。

現在では、北イタリアの指定地域からの移動者、海外からの帰国者に対して、市役所への連絡が義務付けられています。
必要と判断されれば、14日間の自宅待機を求められる事があります。

観光客が激減し大変な状況なので、「交通機関も普通に動いている」という観光客へのアピール広告も時々目にしますが、今はおススメできません。
最初の発症者・死亡者が出た地域はレッドゾーンと指定され、町からの出入りが一定期間禁止されました。
今では発症者が隔離されるので、町から出れないと言う事はないと思いますが、航空便もいきなり減らされたり、乗り入れができなくなったり、どうなるかわからない状況です。

1日も早く普通の生活に戻れますように。
祈るばかりです。

↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村




by yumi_nan911 | 2020-03-04 06:27 | 日々のこと | Comments(0)

イタリアでの車の運転。。_c0171485_06241923.jpg
今年の夏はよく行ったね、公園!

イタリアで運転し始めたのはかれこれ6年前くらいからでしょうか、本格的に運転したのは。
日本ではペーパードライバーだったし、オートマ限定免許だったので、最初は苦労しました。
もう大分慣れてきましたけど、相変わらず驚くイタリア人の運転。

基本的に特に男性は運転が上手いと思います。縦列駐車なんかもちょちょいのほい!
運転が荒い人も多いですけれど、一番危険なのは女性ドライバーな気がします。

ここ数年、運転中の携帯電話の使用やアルコール飲酒後の運転、シートベルトの着用の有無の取締りが厳しくなったので良くなったかなと思う反面、やっぱりここはイタリア。

驚く運転で、笑っちゃうこと多いですけど、この前驚いたのはこんな人。

マニュアル車を運転しながら、携帯でんわを耳に付けて、その上バックミラーで髪の毛を整えるおばちゃん。。

え?その車自動に走るのー?

左にウィンカーを出しておいて右に曲がったり、道の真ん中で車止めて歩いてる人と話し始めちゃったり、本当にありえない事が起こるイタリアの交通事情。
イタリア警察の車の駐車ルールも悪いですしね。

師走の12月はイタリアもバタバタ慌しく過ぎていく月なので、気を引き締めて事故に遭わないように十分気をつけたいと思います!



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by yumi_nan911 | 2019-11-26 06:29 | 日々のこと | Comments(2)

結婚10周年!

結婚10周年!_c0171485_05595625.jpg
2009年に結婚してから早いことに10年が経ちました。
結婚の1ヶ月前に渡伊したので、イタリアに住み始めてからも10年です。
時が経つのが早すぎてあっという間だったけれども、この10年、頑張ったな、と自分で自分たちを褒めてあげたいと思います。

自分の意志でイタリアに来たわけですが、イタリアの片田舎での生活に慣れずに過ごされている方も多いです。
それぞれの意志で来られたのですが、思い描いているのと実際に生活するのでは大きく違います。
パートナーやパートナーの家族、身近な友人と同じような習慣、思い描く未来を共有できるケースと、どこかかみ合わないケースも多いです。

私とシモーネも、最初は小さな争いもありましたけど、少しずつケンカも減ってきました。
国は違うけれど、私とシモーネは似ているところが多いです。
金銭感覚は同じですね。そしてお互いに協力し合える、相手を許せる、受け入れられる所が同じです。

10年間、最初は自宅の家作りから、そのあとシモーネのウェットスーツ製造業、そしてカラブリアを紹介するアソシエーションと、色々やってきました。
それぞれがある程度形になり、長いこと望んだ待望の子を授かりました。
クララが私たち夫婦の所にやってきてくれた事が、10年間最大の幸せでしたが、これから次の10年間も健康で家族仲良く、協力して素敵な家庭を築いていきたいと、再確認した記念日でした。



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by yumi_nan911 | 2019-07-10 06:17 | 日々のこと | Comments(2)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30