2018年 04月 06日 ( 1 )

日本から戻りました♪

2年ぶりの日本、くらら初めての日本、そして9年ぶりの日本の桜、、、。
帰国寸前に妊娠が発覚して、帰りたい思いを抱えてイタリアに留まり、家族が3人になり。
今年は何としてもくららと一緒に桜が見たいと、シモーネにも頑張ってもらい3人で15日間帰国しました。
c0171485_05183401.jpg
海外在住の先輩ママに長距離便に乗るときの心構え、持って行くべきものなど情報を前もって頂いていましたので、持ち物は準備満タンで乗ったのですが、往路は大失敗。
というのも、私達は国内線→国際線に乗るのですが、乗り継ぎのローマの空港で離乳食を1回食べさせ、機内でも1回を予定していましたが、空港内では乗り継ぎでバタバタしていて、移動を終えて登場ゲートに着き、今から離乳食!というときにくららおねんね中。
乗せる前に食べさせたかったものの、動かしても全く動かず、そのまま乗せてしまいました。
離陸してからもすぐに食べさせられず、機嫌が良くない状態でスタート。
その上、いつも食べているものとは違うものを持っていってしまい、慣れてない味から全然食べてくれず。
なんで家でいつも作っているものを持ってこなかったのか、大反省。

途中から少し寝てくれるようになったので、良かったですが、約12時間のフライトで、一度もテレビをつけず音楽も聴かなかったなんて、人生初でした。
席は往路は若干広めのプレミアムエコノミーでしたが、子供が泣いたらプレミアムでもビジネスでもどこでも同じですね。
大変でした。。

復路は往路の経験から、寝る前に家で作ってきた離乳食を完食。
エコノミーの一番前の席、2席の所にアサインしてもらい、快適でした。
もう一回の食事用の離乳食も、日本滞在中何度か食べさせておいたので慣れた味で食べてくれました。
うぇーん、となる事もありましたが、大泣きはせずとてもいい子にしてくれていました。

バシネットは一応予約はしていたものの、7ヶ月のくららには少し小さく、安全上の理由から深いので、寝かせてしまうと彼女から私達は全然見えないし、すぐに起きてしまって結局ずっと抱っこしていました。

ずっと抱っこは大変だなーと思っていましたが、ぐずる我が子をなだめるより抱っこの方がずっと楽でした。
座っていますしね。クララも大変だったと思いますが、ずっと抱っこで寝れて少しぐずったらすぐにおっぱいなんて、いつもの生活よりいいのでは?なんて思ってしまいました。これもまたいい子にしていてくれたおかげですけどね。往路はそんな余裕なかったですね、、。

滞在中もタイトスケジュールでしたが、体調を崩すことなく元気に過ごしてくれていました~♪
イタリアに会いに来てくれた両親のほかに、兄とお嫁さんにも初めて抱っこしてもらって可愛がってもらえて嬉しかったです。
今回は残念ながら会えなかった友人、親戚の方にもぜひ次回会えたら嬉しいです!

イタリアの生活もそろそろ9年目に入る所ですが、くららと一緒だと余計に日本は私のホーム、イタリアはアウェイだったんだな、と改めて実感。離れて戻ると、何か変だなぁと思うこともある日本ですが、それでも家族や友達のいる日本にいると心は落ち着きます。

離れた地での生活ですが、しっかり日本のことも教えて日本語も話していきたいと思います。

↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村






[PR]
by yumi_nan911 | 2018-04-06 05:32 | 日本にて | Comments(4)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30