チヴィタ(CS)で起こった悲劇

8月20日の夕方、お隣町で馴染み深いチヴィタにある、ラガネッロ渓谷が氾濫して、観光客10名の方が犠牲になる事故が起こりました。
ラガネッロ渓谷はチヴィタ~サンロレンツォ・ベッリッツィ間、約13キロ続くそれはそれは美しい渓谷で、
夏場、キャニオンの中をあるくキャニオニングがとても有名で多くの観光客が訪れます。
c0171485_22241174.jpg
私も2度ガイドと一緒に半日ツアーに行った事があり、自然が美しい場所です。

シモーネの仕事柄、ガイドのほとんどが友人で、ニュースを聞いた時には自分に起こったことのようにぞっとしました。
キャニオンの中で長い間取り残されたガイドもいて、1日中心配していました。
キャニオニングだけでなく、暑い夏場でも山からの水がヒンヤリ気持ち良い場所なので、下流で水遊びを楽しむ家族連れも多く、被害に遭った方の多くは、下流域で水遊びをしていた無防備な方たちだったと聞いています。
c0171485_22235516.jpg
Protezione Civileの一員で、ガイドをしていた青年も犠牲になりました。
彼もキャニオニングの終点、下流域で犠牲になってしまったのですが、ニュースの報道から、ラガネッロ渓谷でのキャニオニングというスポーツに対して、届出をしていないガイドだった、とか規則もなにもない場所に無防備に観光客を連れて行ったというようなニュアンスが多くなり、少しちょっと待ったと思いました。

渓谷には誰でも入れますが、ガイドと一緒に入ることを勧めています。
ガイドのほとんどが、ウェットスーツとヘルメットの貸し出しをし、山岳救助隊に属する人が多く、山やキャニオンのエキスパートです。夏場はほぼ毎日キャニオン・川に入るので、変化に敏感です。
Protezione civileが出す注意を全員のガイドが把握していたのかは不明で、もっと情報を共有していれば防げた事故であることは間違いありません。恐らく個人的に川遊びに行っていた人は、知らなかったのだと思います。

地質学のエキスパートでガイドをしている友人曰く、豪雨が起こってもいきなり4メートル級の水が流れてくることは考えられない。
恐らく崖崩れが起こって、しばらくの間水を止めていて、止め切れなくなり相当な量の水が一気に流れてきたのではないか、と話していました。


大切な多くの方の命が奪われてしまいました。
犠牲者のご冥福をお祈りしております。
そしていつかまたあの美しい渓谷を訪れる事が出来るようになりますように。
強く祈っています。。。



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

[PR]
by yumi_nan911 | 2018-08-23 22:32 | 日々のこと | Comments(0)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31