10年ぶりのマルタ、変わってた~!

2006年、10年前、貯金をため、マルタ島へ短期英語留学に行った。
そこで主人シモーネと出会い、何年か後からイタリアでの生活を始めることになるわけです。

私の人生で、マルタ島留学は人生の分岐点であり、生涯忘れがたい濃い出会いを経験した場所。

あそこで、私の人生ある程度決まったな、と。

カラブリアでの生活を始めた頃から、いつか戻りたい、と思いながらもなかなか行けなかったマルタ島で今年はお正月を過ごしました。

当時は、マルタ十字軍やキリスト教の歴史なんてさっぱり分からなかった私ですが、イタリア生活で少し勉強したこともあり、やっと理解できました。

十字軍とオスマントルコとの戦いがあったマルタ島。
海外線に続く城塞は、ここが最前線であったと今でもよく伝えてくれます。

十字軍の騎士はヨーロッパ各地の有力者の子孫だったため、イタリア・ドイツ・スペイン・フランスからの資金が集まり、街並や教会はとても立派です。
カラブリアの質素なゴシック朝の建物とはケタが違います。

ヴァレッタ市内の聖ヨハネ教会。豪華な内装と、ここにはイタリア人画家カラバッジョの絵があります。
c0171485_23553736.jpg



c0171485_23583885.jpg


ヴァレッタの街並。突き出たカラフルな出窓が可愛い。
c0171485_235926.jpg



c0171485_23592956.jpg



マルタ島は2008年、ユーロ通貨の導入をしました。
他の国で起こったことがマルタ島でも起こります。物価が約倍上がったそうです。

それでもマルタ政府はEU圏からやってくる企業に対して有利になるような措置をとり、外からの企業がたくさんやってきたそうです。それまでは観光業で持っていた地中海の小さな国が、経済も動き出したそうです。

住民は当時から2倍に増え、物価は上がってもその分仕事を見つけることができる。

良くも悪くも何も変わらないイタリアに住んで、10年ぶりにマルタ島に戻り、変わったマルタを目の前にして、嬉しいような、前のマルタが懐かしいような。。。

でも住んでいる方にとっては絶対良くなっているはずです。


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


[PR]
Commented by nagisamiyamoto at 2017-01-19 10:52
ゆみさん、こんばんは
思い出の地、マルタ島。特別な思いがゆみさんにはあるはずですが、イタリアでの生活を経て再び見たマルタ島がより素晴らしい地であったことは間違いないでしょう。しょっちゅうではなくても時々ご夫婦で行って懐かしく思うのもいいですね。
マルタ島に対してはEUという大きな波にどうぞ呑みこまれませんようにと個人的には願います。小さい国の古き良きものは無くさずに政治経済がうまくいけばいいのですが。
Commented by yumi_nan911 at 2017-01-21 01:19
なぎささん、こんにちは♪
もう調子は良くなりましたか?EUの影響で良くも悪くも変わってしまったマルタ島と、EUになってもあまり変わらないカラブリアを比べてしまいました。北イタリアの方はきっとEUの風が良くも悪くも吹いている感じがしますが、南のカラブリアは特になんにも変わらない場所ですね。良くも悪くも。。
本当ですね。古きよきものは変わらないで欲しいと思います。理想ばかりなのかもしれませんが。。。
by yumi_nan911 | 2017-01-17 00:10 | 旅の思い出 | Comments(2)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31