ガウディ建築、満足度100%②

バルセロナには魅力的な建築物やミュージアムがたくさんある。

全部制覇したいもの。

ですが、全部入るなんて無理無理!入場料も安くないので、それは事前に相当調べました。

前回のサグラダ・ファミリアの他に、カーサ・バトリョ(Casa Batlo)へ。

ここはバトリョは1877年に建てられた建物で、家主のバトリョ氏がガウディに改築の依頼をした、とても独特な建物。
c0171485_1145580.jpg


動物の骨をイメージして建てられたような、海のイメージが想像できるような・・。


ここも入場料一人20ユーロと高い。レストランで美味しいものを食べれるお値段。

それでもお勧めできる点は、日本語オーディオガイダンスがあったから
サグラダ・ファミリアは日本語なしでイタリア語で聞きました。

この内容はとってもよく説明がしてあって、ガウディなんてよく知らないわ!という人でも、じっくりどういう点が素晴らしいかわかるところがいい。

c0171485_11257.jpg




「すべての部屋に自然光を」というモットーが守られていて、ドアも機能的。
c0171485_11244100.jpg


上の部分はステンドガラスで光が通るようになってます。

そしてドアの下の部分、ギザギザしているところ、空気が通るようにもなっている。


この大窓はとっても素敵。ガウディ、ここは南向きだから何時にどこまで光が入るとか、そういうのも検討して作られているんだって。
c0171485_11301.jpg



お洒落で独特なシャンデリアも、少ないエネルギーでよく光るように金色。
c0171485_1131767.jpg



ここの大きな扉、大きなスペースが必要なときは、全部開けられる。とっても機能的。
c0171485_1133397.jpg



ここも空気が入れ替わりできるところ。
c0171485_1135696.jpg



建物内部に吹き抜けがあります。これによってより自然光がとりやすい。
c0171485_114981.jpg


そして上に行くほど、タイルの色が濃くなっているとか。

そうすることで、下から見ても同じ色に見えるから、と色の使い方にも気を使う。

c0171485_1142850.jpg



バルコニーに出る入り口にこの2本の柱・・・邪魔そうですよね。
c0171485_1144136.jpg


それでもきっと西日が入り過ぎないようにとか、そういうことを考えていたんでしょうね。

こういう省エネルギーで機能的なお家、今でこそ余計必要だと思います。

これはバトリョ邸の屋上部分。
c0171485_132111.jpg


建物の壁にたくさんのモザイクが敷き詰められてます。

このモザイク、使われなくなったものを再利用して使ったとも言われていて、なんて節訳家なんだ!とまたも好印象。

このガウディ氏、最期は路面電車に轢かれて亡くなったのですが、身服に気を使わなかった人で浮浪者に間違われて手当てが遅れ、73歳の時に亡くなったという。

アールヌーボーの時代でも異様で独特な彼の建築に、魅了されてしまいました。



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村






[PR]
Commented by パナッタレ at 2012-10-24 08:34 x
最後の写真のシモーネ、悪い人に見える・・・(笑)。映画とかでよく、マルセイユとかが舞台で、こういう感じの悪い男いない?ギャングの子分というか。すんません、失礼言っちゃって・・(笑)。

ヒゲはいつもこんななの?うちのフグは休日はヒゲそるの面倒らしく、いつもこんな感じのヒゲだよ。

全体的にいろいろ、蛾っぽいよね、ガウディのデザイン。
Commented by 長友 at 2012-10-24 15:39 x
ガウディの最期を初めて知りました。
へぇ~っ、そうだったの・・・と一つの歴史を
ここで学びました。

こういう自然光を取り入れる建物に憧れてます。
階下のリビングは日当たり悪いのよ(泣)
で、2階は良すぎて夏は西日が当たり蒸し風呂状態です。
Commented by yumi_nan911 at 2012-10-24 16:17
パナッタレさん♪
シモーネ悪い人に見えますか!(笑)でも海の男なんで、マルセイユのギャングに合いそう!サングラスかけないと眩しくて、眉間にしわ寄せちゃうんです!
ひげはこの写真、いい方ですよ!1日剃らないとこれくらいだし、私が言わないとぜんぜんソラナイ!硬さも剛毛でたわし並です。
ふぐさん、会社勤めなら平日は剃るんですよね?それだけマシですよー。うちは自営だし、船の上で働いていた時は、男だけだし、ひげなんて1ヶ月くらいそらなかったみたい。
Commented by yumi_nan911 at 2012-10-24 16:19
長友さん♪
きっと変わり者だったんですね、ガウディ。
一生独身だったみたいです。
そうですね、こういう家とっても憧れます。小さくても機能的なお家に住みたいと思います☆日当たりとか重要ですよね(^_^)
Commented by Navia at 2012-10-24 17:52 x
ほんとに入場料が驚きの高さですけど見る価値は存分にありますね、文字通りここにしかない芸術。本当に素敵!ここに住みたい!って思いませんでした?こんな奇抜だけど温かみのある建物が我が家というのは最高の贅沢だなーとつくづく思います。
Commented by yumi_nan911 at 2012-10-24 18:05
Naviaさん♪
Naivaさんも入場されました~?ネットでカード払いだったから(現金を見なかったので)買えましたが、旅行で資金が限られている中、一人20ユーロって出しそびれそう・・
本当に高いですが、見る価値はあります!!勝手に妄想で、バトリョさんの息子が同じくらいの年で、結婚したらここに住めるよ?なーんて言われたら結婚しちゃいそうなくらい、住みたい家ですー!!笑
by yumi_nan911 | 2012-10-24 01:48 | おでかけ・外食 | Comments(6)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30