育った環境のちがい

日本人の私にとってカラブリアの人の生活、知識、常識は「古きよきもの」
そしてその違いを年で表すと日本のマイナス10年はいくだろう。
古いものや昔からの文化を大切にしているという良い意味で。


その例として・・


シモーネの実家を初めて訪れた時、シモーネの子供の頃の写真を見て驚いた。

1歳差の私たちだったが、明らかに1歳以上の差がそこにはあった。

私の小さい頃の写真はすべてカラー写真。特に両親がカメラ好きだったのではなく、普通に一般的にその頃はカラー写真であった。

ところがシモーネの子供の頃の写真(5歳くらいまで)はほとんど白黒写真だった。
カラー写真カメラを持っている人からもらったのだろうか、時々カラーもあった。


この人、年ごまかしてる?


一瞬シモーネや彼の家族を疑った。


他に、普段の会話で、日本のアニメで育った、とかそういう会話になり、「子供の頃何見てた?」という会話で盛り上がった。

彼が見ていたのは、「マジンガーZ」が好きだったという。私は再放送で見たことはあるが、私はまさしくドラゴンボール世代。


この人、年ごまかしてる?


後から分かったのが、当時日本のアニメは日本で放送されてからしばらくしてからイタリアに来ていたそうで、(現在は日本とイタリアのアニメ、ほとんど同時)そこで年齢は近くてもそういう差があった。



そしてイタリア人男性は、簡単な家のメンテナンス、電化製品の修理など専門家に頼むより自分たちで行うのが普通だ。

それぞれの家に簡単な工具があって、とんかちや釘打ち、ペンキ塗りや木をきったり、家の鍵を変えたり、水道管の交換、ガスボンベの交換など、家の男性がするのが普通。


むしろそれが出来ない男性は、ある意味使いものにならない。


もちろんそれを“仕事”としているプロもいるが、よっぽど信頼できる人じゃないと、あまり頼みたくない、という気持ちもはたらくよう。

日本みたいにほとんどの人が誠実に働くとも限らなく、プロだと思って頼んでもひどいことになったり、思ったように出来上がらなかったり、最終的には料金も多く請求されたりと、有り得ないことがここではありえる。


これも興味深い話。

シモーネの妹が出来ちゃった結婚をしたとき、子供を授かった事を始めに知ったのは、マンマ、私、シモーネ、弟アンドレア、そして最後にマンマの口からパパに伝えた。

当時妹はまだ大学を終えていなかったし、いきなりのことでパパは混乱状態だった。
一人でベランダで頭を冷やしてた。
付き合い始めた彼がいるのは知っていた。簡単ではあるが面識もあった。


ベランダから帰ってきたパパが出した言葉、
「どうせぐぎの打ち方もしらない若造が」と。

ここは、釘が打てて、工具が使えてなんぼの世界。


その言葉を聞いたとき、なんとも文化の違いを目の当たりにしたように、すっごく興味深かった。
というか、なんだか少し温かい気持ちになった。昔はそうだったんだろうなぁ、なんて思ったり。


都会で株価なんて気にしている人からすると、何十年前?と思われるかもしれない。


日本だと何でしょう?稼ぎがあってなんぼですかね。


↓クリック頂けたら励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村






[PR]
Commented by 長友 at 2012-08-03 13:59 x
yimiちゃん、今日のこの記事を読んで大笑いしました。
我が家の男どもは使いものにならない男性です。

パパさんの「どうせぐぎの打ち方もしらない若造が」
メチャ面白いです。この感覚、好きです。

それなのに今ではお孫さんが可愛くてメロメロなんでしょうね。
Commented by yumi_nan911 at 2012-08-04 16:30
長友さん♪
そういう感覚なんですよぉ。日本とは違うにも何とも親近感湧いたというか・・なんか面白いですよね、こういう違い!
今じゃ孫にメロメロですよー。ぐぎの打ち方も知らない娘のダンナでも、孫が可愛くていつも助けてあげています(笑)
Commented by カオル at 2012-08-06 22:29 x
ゆみーひさしぶり!
よっちゃんやちはに教えてもらってブログ見れたよ。
ズッキーニやってみるぅー。ヤバイね、美味しそう!

みんなで40になるまでに何回ゆみに逢えるかなって話になったよ。

今度は必ず会いに行くね
Commented by Navia at 2012-08-07 01:04 x
今じゃ、メロメロのパパ分かる~(笑 釘の打ち方が分からなかった旦那様も今では家族を持って釘の打ち方が分かる男に成長されたかもしれませんね♪ ところで私はイタリアと日本では1世代ほどの違いがあると思っているのです。たぶん夫の実家が農家もやっていることもあるかもしれませんね。またそのうちブログで書いてみます♪
Commented by パナッタレ at 2012-08-08 08:41 x
うちの父だったら、速攻「使い物になる男」として認められるね(笑)。父の工房や、持ってるマシーンがあまりにすごいんで今回いろいろ写真撮って来ました。そのうちブログのネタにするんで、マニアックな男が家族にいる人つながりで楽しみにしててー(笑)。

>シモーネの妹が出来ちゃった結婚をしたとき、子供を授かった事を始めに知ったのは、マンマ、私、シモーネ、弟アンドレア、そして最後にマンマの口からパパに伝えた。

↑ この流れだけは、万国共通みたいね(笑)。 父親に伝わるのは最後で、そしてそれは母親の口から、ってやつ。
Commented at 2012-08-09 18:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yumi_nan911 at 2012-08-13 17:19
カオル♪
ブログ訪問ありがとー!よっちゃんちで集まったのきいてたよぉ!みんな元気だった??
前回の帰国はばたばたで会えなかったけど、次回ぜひ!!
ぜひ遊びにきてね(*^_^*)
Commented by yumi_nan911 at 2012-08-13 17:21
Naviaさん♪
そうですね、人によって生活が異なるし1世代の違いはあるかもしれませんね~。釘の打ち方を知っているか自分で出来るか、実に重要なことですよね、イタリアでは。
その違いがとっても面白く、そしてなんかポッと温かい気持ちになりました(笑)
Commented by yumi_nan911 at 2012-08-13 17:23
パナッタレさん♪
そうですねー!シモーネもパナッタレさんのお父さんの工房見たら、興奮するの間違いなし!うちの近所や親戚で、そんなに機械マニアな人いないから、シモーネ物足りないみたいで・・・(苦笑)シモーネと一緒に楽しみにしてますね!マニアック特集!
確かに・・・万国共通ですね。父親は最後に母親の口から知らされるって・・(^.^)
Commented by yumi_nan911 at 2012-08-13 17:36
鍵コメ様
お返事遅れて申し訳ございません。
ぜひ近いうちに協力させていただきたいと思います!
ただ8月中はほとんどの店が閉まっておりますので、9月の頭になると思いますが、写真も撮ってみたいと思います。
Commented by turezure-italia at 2012-08-16 04:45
こんにちは!

プロに頼んでも、大して早く仕事もしない割に要求するお金だけは高い、ということ、そしてそういうこともあってか、イタリア人男性は簡単な修理・大工仕事もするというのは、いかにもイタリアらしい動機で笑ってしまいました。

夏なので、去年yumiさんのブログに載っていたズッキーニの漬物でも作ろうと思います。
Commented by yumi_nan911 at 2012-08-16 23:35
turezureさん♪
こんにちは!
イタリアでいうプロって日本で言うある程度能力がある人くらいな確率多いですよね。もちろん「職人」を納得できる人もたくさんいるのに、口だけの人が異常に多い・・・。
私もまさに今作ろうとしているんです!ズッキーニの漬物♪大きめのが安い値段で売っていますからね(*^_^*)
by yumi_nan911 | 2012-08-02 16:41 | 日々のこと | Comments(12)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30