タグ:おでかけごはん ( 5 ) タグの人気記事

毎年とっても寒い2月ですが、今年は1月に大寒波が到来して、毎日毎日本当に寒かった分、少し暖かく感じる2月です。

先日の日曜日、友人夫婦と一緒にどこか日曜日ゆっくり出かけようよ~と盛り上がり、初めて行く地元の隠れ家的とっても素敵なアグリツーリズモに行ってきました。

海もすぐそこ、幹線道路の近く、何度も前を通っていたのに、一歩丘の上に入る場所に位置し、今まで気づかなかったお店でした。
特にこの辺り、夏にはシモーネとよくフィッシング&海水浴に来る場所なので、おなじみの場所。

お店から見えるパノラマ。まだ寒そうな景色ですが、もっと空気が澄んでいるときには遠くまでよく見えるそうです。
c0171485_19535268.jpg


ひっそりとそして綺麗なレストランスペース。内装も素敵でした。大きな暖炉と小さな暖炉があり、食事中も立ち上がって楽しめるスペースも。
c0171485_19543189.jpg


c0171485_19545445.jpg



ワインは、カラブリアのワインの産地、チロで作られているマリオッコワイン。メニューに入ってるワインでしたが、美味しかったです。
c0171485_19553319.jpg


ジャガイモとパプリカの炒め。カラブリアの家庭料理をちょっと工夫して綺麗に盛り付けてあります。
c0171485_19555829.jpg


豆をクリーム状にしたスープに、豚肉を焼いたもの、そしてトロペアの玉ねぎがのっていました。
c0171485_19562322.jpg


Sformato di broccoli、上にはカラブリアの柑橘フルーツの皮がトッピング。爽やかさもあるお料理。
c0171485_19571588.jpg


ズッキーニとキノコ・カルドンチェッリのニョッキ。なかなか美味しい。
c0171485_195941.jpg


豚のアローストと乾燥パプリカのフリッタータ。
c0171485_19593129.jpg


ドルチェ。
c0171485_2005462.jpg



ゆっくり時間を気にせず昼食を食べたい日におススメのお店です。

サービスもよし、オーナーの親戚に日本人がいたり、日本のことにも詳しく話が盛り上がってしまいました♪

お料理は、普通のアグリメニューをもう少しお洒落に、そしてとっても素敵な空間、また訪れたいアグリツーリズモです。
宿泊スペースも素敵、プールもあるので、家族連れにもおススメのアグリです♪



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yumi_nan911 | 2017-02-13 20:22 | おでかけ・外食 | Comments(2)
イタリアで収穫祭のことをサグラといいます。
白トリュフ祭りは、サグラというより展示会という感じでしたが、せっかくピエモンテにこの時期行くなら、洒落ているお店ではなく、大会場でバーニャ・カウダ食べたいね!と、調べに調べてたどり着いた、バーニャ・カウダ祭り。

旅の友、いつもお世話になっているイタリア料理家のユキキーナさんの、食(職)に対するモチベーションが違います!見つけて頂いて本当にありがとうございます!!

私たちが思い描いた、サグラでした!
しかも長テーブルには、なんと殆ど日本人!ピエモンテ州には日本人の方がお仕事で来られている方が多く、ファミリーで参加されている方たちも。
毎年このお祭りに来られているそうで、「また来年ご一緒できたら嬉しいですね~」なんてお話もしました。
c0171485_6262565.jpg



まずは生牛肉のタルタルとチーズ、続いて鶏のささ身のサラダ。
c0171485_6265123.jpg


c0171485_6271533.jpg



メインは一人ずつバーニャカウダポットが用意され、生野菜が運ばれてきました。
c0171485_627455.jpg



野菜はキャベツ、パプリカ、ビーツなど馴染みのある野菜の中で、一つこの地方で食べられる特殊な野菜がこちら。Gobbi(ゴッビ)
c0171485_6281880.jpg


セロリやふきのようなアクが強い野菜で、なかなかバーニャ・カウダソースに合います♪

ソースが足りなくなったら追加もしてくれ、野菜も何度も追加してくれて、ワインやデザートまで出ました!

同じテーブルに座った日本人の方と共通点や人などがいたりして、本当に世間は小さいな~と思いました。
なんと、同じテーブルで話が盛り上がったイタリア人のキアーラの、ご実家、ビオワイン農家までお邪魔させてもらいました!
c0171485_6344613.jpg



イタリアの個人旅行の楽しみは、やはりこういう旅ならではの「出会い」ですね。

どこの地方でも人懐っこいイタリア人はたくさんいるので、少しイタリア語が話せるだけで本当に旅が広がりますね~。

ありえない!ことが多いイタリアですが、やっぱり憎めない、イタリア。ですね!



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yumi_nan911 | 2016-12-20 06:41 | おさんぽ・散策 | Comments(2)
11月下旬、シモーネがスペインに仕事&フィッシングに出かけることを良い機会に、私も北イタリア・フィレンツェとピエモンテへ旅行に出かけました!

日本からのお友達とピエモンテで待ち合わせだったので、その前日はどこか一人で寄りたいな~とイタリアの地図とにらめっこ。

ローマは何度も行ったし、ミラノはあまり惹かれないし、、、あ!フィレンツェ!フィレンツェには会いたい人と食べたいものがいっぱ~い!と、10年ぶりにフィレンツェを訪れました。

シモーネと別れたローマからフィレンツェまで、高速列車で1時間半。本当に便利になりました~。
時間もオンタイムだしね!イタリアも変わったな~と。

フィレンツェはいまやイタリア旅行の定番ですね。本当にコンパクトで見所が詰まっていて、何度行っても魅力的な町です。有名貴族の名残もあり、見所ある美術館や建築物、見つくせないほど見所ばかり。
c0171485_1561584.jpg



c0171485_1563971.jpg


町を歩いてお腹も空いたので、フィレンツェのなぎささんの一押し、ベアトリーチェさんのボッリート肉のパニーニを頂きました。
c0171485_15713100.jpg


本当に、、言葉で表せないほど美味しい~。お伝えできないのが本当に残念。メルカートの2階のスペースで食べたのですが、一人美味しいなぁと頷きながら味わいました。

そしてその後、こちらもブログで知り合ったとすかーなさんの働く革製品のお店へ、いざサプライズ訪問!
初めてお会いしたのに、なんだかずっと前から知り合いのような、とても温かい気持ちになりました!

しかもこちらのお店、本当に素敵でした。綺麗な色のトートバック欲しいなぁ。本当にぜひフィレンツェに行く方はおススメです!
Francesco Lionetti


そして夜ご飯は、なんとイタリアで韓国料理!
この後に行くピエモンテではイタリアンが続くので、フィレンツェでは違うものが食べたいな~、と思っていたのです!

この韓国料理店の奥さん、日本語も話せて、時々「ここはどこ?」と場所を忘れてしまいそうでした(笑)
c0171485_1573639.jpg


石焼ビビンパや焼肉も食べられて、素敵な方とご一緒できて、本当に大満足。
c0171485_1575893.jpg



人も街も全部大好きです、フィレンツェ。

また再訪しますよ~!!!



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yumi_nan911 | 2016-12-05 02:25 | おでかけ・外食 | Comments(4)

栗の収穫祭!

11月のはじめ、近くの町の栗の収穫祭へ行ってきました♪

この町に住んでいる仕事関係のお友達、ペッピーノと彼の奥さんと街歩き。

イタリアでは外からお客さんが自分の住む町にやって来るとき、地元の人が振舞う習慣があります。

気を使わせたら悪いな~と思い、ギリギリにお祭りに着く少し前に電話をしたんですが、直ぐに駐車場の指示、街の中心広場で待っていてくれました!

有名人のコンサートもあり、町中とても賑わっていました!

まずは栗!人に抜かされながらやっとたどり着きました、、(汗)
c0171485_2244132.jpg


なかなか今年の栗は美味しかったです!
c0171485_22444883.jpg



その後お腹がすいた~とサルシッチャのパニーニをオーダー。
c0171485_22451737.jpg


オーダーするまでも並び、注文が来るまでもかなり待ちました。ペッピーノ、お腹を空かした私たちを見て、何度もプッシュに行っていました。。。ありがとう!!

こういう小さな町のお祭りに行くときは、その町の人と歩くのが一番。

知り合いがいるのといないのでは、イタリアの田舎町の滞在はかなり大きく変わります。

旅行客として滞在するのではなく、客人として滞在するのがイタリアの田舎街の滞在の醍醐味。

どこにも知り合いや友人がいるわけではありませんが、イタリア各地には現地に住む日本人在住者が色んな魅力的な滞在プランを紹介をしていますので、こういうのを利用されると、ただの旅行者からOspite(客人)として現地の方とより近い心に残る旅が出来ると思います。

実際お客さまの感想を伺うと、皆さん現地の方と話をしたり時間を共有したり、小さな習慣も驚くほどよく見てくれています。

有名な美術品や教会、施設を巡るのも旅の楽しみの一つ。

地元の人の昔から変わらない習慣や食卓、今までは知り合いではなかった人との心の残る時間を共有できることも旅の醍醐味のひとつ。

c0171485_22454592.jpg






↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yumi_nan911 | 2016-11-12 23:15 | おさんぽ・散策 | Comments(2)
7月の上旬、7回目の結婚記念日でした。

本当にあっという間に8年目に入りました~。時の流れの速さに驚きます。

でもこの7年間、シモーネと一緒に力を合わせて頑張ってきたと、褒めてあげたいです。

二人で家を作り、そして生活の基盤であるウェットスーツ製造という新しい仕事も始め、順調にお客様や輪が広がり、有難いことに毎日忙しく、変化のある生活が出来ています。

そしてカラブリアを紹介する仕事も、徐々に輪が広がっているのを実感します。

しばらくずっと行きたかった地元の老舗レストランに結婚記念日にやっと行けました。

ここは北イタリアの有名料理学校の講師を長年勤めた地元のシェフのレストラン。
それでもカラブリアらしいホスピタリティ溢れる雰囲気を残していて、洗練された料理と温かみのある雰囲気が本当に大好きです。

シモーネはプリモを。カジキマグロとズッキーニの花のパッケリパスタ。
c0171485_1644734.jpg



私はブルスケッタ。チーズとトマト、そして上には地元産のイチジク♪
c0171485_16443195.jpg



カラブリア産の黒豚のフィレ肉とソースは唐辛子とはちみつを合わせたスイートチリソース。
c0171485_16445894.jpg



シモーネはだいたいこのメインをオーダーします。じゃかいもと海老のオーブン焼き。
c0171485_16452879.jpg


美味しかったです~。


このレストランの何が良いって、この雰囲気。
c0171485_16455934.jpg


ピッツェリアなどごちゃごちゃしている場所では感じられない素晴らしくリラックスできるこの空間。

常に時計を気にしながら生活しているので、こういう開放された空間はかなり贅沢です。

さぁ、今年も自分たちらしく素敵な一年にしていきたいと思います。
小さな幸せを感じ続けられるのも、自分たちの心次第。


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yumi_nan911 | 2016-08-03 17:16 | おでかけ・外食 | Comments(2)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31