朝まずはミキモト真珠島へ
1月下旬の鳥羽は晴れて天気が良いけれど寒い。
こんな中Ama's demonstrationで海女さんは潜るのだろうか・・・

御木本 幸吉の像
c0171485_17252529.jpg


まずは博物館
貝の種類により真珠の色も変わってくるし、貝の中に真珠になる核を入れてから二年間もじっくり時間をかけるそう。
c0171485_1733323.jpg


そして今では海女さんが海に潜り二年間寝かせた貝を取るわけではなくこのように養殖しています。
c0171485_1734507.jpg
c0171485_17352036.jpg


真珠養殖の歴史を勉強になりました!
そして待ちに待ったAma's demonstrationです。
外国人用に別の部屋に案内して頂き、イタリア語で説明を聞くことができました。

c0171485_1738133.jpg

c0171485_17384932.jpg

c0171485_17391752.jpg

c0171485_17394327.jpg

こんな寒い中海に潜ってくれた海女さんの笑顔、素晴らしい!!
c0171485_17402095.jpg


Ama's demonstrationの後は真珠島から鳥羽・相差(おおさつ)という所の「海女小屋」にて昼食を予約していたので路線バスで向かいました!
「海女小屋」とは漁に出た海女さん達が上がってきてお茶をしたり取れた物を食べたりする場所を言います。

中はこんな感じで海女さんが目の前で焼いてくれ、そして海女さんの歴史、現状、いろいろお話をきくことができました。
なんと最年長の海女さんは83歳でまだ現役だそうです!


c0171485_17431770.jpg


c0171485_17451555.jpg

奥にかかっている道具一式で海女さんは海に潜っています。
一人でこれだけの道具を持ち、その上取れたものも上げなくてはいけないので、かなり大変なお仕事。
c0171485_17463662.jpg

c0171485_17471566.jpg


ダイバーシモーネの海女さんに対する質問は、実際深さ何メートルのところで鮑がとれるか、どうやって探すか・・等、歴史よりテクニックの方が気になっているようでした。
そして「海女さんと一緒に潜りたい!」という願いは叶いませんでした。一応ウェットスーツ持っていたんですが、今は漁業組合の規則で午前中のみ漁をするようでした。
[PR]
# by yumi_nan911 | 2010-02-21 18:01 | 日本にて | Comments(9)

伊勢神宮

海女さんに会いに鳥羽に行く途中、伊勢神宮に立ち寄りました。
最近パワースポットと言うことで人気のあるという伊勢神宮。
まだ1月でもあったので、たくさんの参拝客がいました。

伊勢市駅に着いてから伊勢神宮、外宮に向かいました。
お清めをしてからお参りです。
c0171485_2425598.jpg
c0171485_2454283.jpg


こんなにまっすぐなで高い木がたくさん。冬のひんやりした空気がまた神聖さを増していました。
どんなに頑張っても手は届きそうにありませんでしたが・・
c0171485_2463525.jpg
c0171485_247148.jpg



伊勢神宮の外宮と内宮は少し離れているので、バスで内宮へ向かいました。

内宮のちかくに昔ながらの町並みとたくさんのお土産屋さん、食事処があってかなりたくさんの人達でにぎわっていました!伊勢の美味しいものが所狭しとならんでいます!

c0171485_2512413.jpg


赤福本店
やっぱり日本人は行列が好きなんですね~。
どこでも並ばずに赤福買えるのに、やっぱり並んでも本店がいいんです!
c0171485_2521156.jpg


歩いてるおじちゃまが「伊勢うどんってあんまり上手くない」って話していたけれど、コシがあって自然なしょうゆ味がおいしかった♪
c0171485_2524735.jpg

内宮の中の日本庭園
c0171485_2533533.jpg

たくさんの古い木に囲まれて・・
c0171485_2541250.jpg


内宮参拝した後も、イカやマグロの串焼きや干し魚の食べ歩き
海のものには目がないシモーネにとってかなり興奮していました・・・(笑)
人の事は言えませんね。。。パワースポット人気の伊勢神宮ですが、私達はやっぱり食に走ってしまうのです!

そしておかげ横丁で出会った写真展

日本の「神道」を口で説明するのは難しいけれど、この写真展で自分が忘れていた自然に対する日本人の心をあらためて思い直しました。
一番ひかれたのが、木を切る人達が木に対してお酒をささげ、「お祓い」をしている写真
言葉一言では表せない日本の文化、きっと少しずつ彼も感じているのでしょう、一番心に残ったと言っていました。
[PR]
# by yumi_nan911 | 2010-02-20 03:08 | 日本にて | Comments(0)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30