姫路・広島の旅

帰国する前、イタリアのテレビで「SHOGUN」徳川家康の話を中心とした日本の歴史、文化を紹介した番組がありました。
「サムライ」について大げさに表現した映画や番組とは違ってその歴史から辿る日本文化についてよく説明していて二人で見入ってしまいました。

友達や親戚から「今日本の番組やってるよ!」と連絡がたくさん・・・(苦笑)

そこで紹介された姫路城(白鷺城)に魅了されてしまいJAPAN RAIL PASSを利用して今度は姫路・広島の旅です。

JR姫路駅から徒歩で10分もしないで立派な姫路城が見えてきました。
c0171485_3284030.jpg

あいにくの雨・・・にも関わらずたくさんの団体観光客いました。
c0171485_330092.jpg

天守閣の中にも入れました。
c0171485_3304153.jpg

サムライの鎧の写真はイタリア人には魅力的のようです。
c0171485_3311661.jpg

さすがに2月の雨の中、お城の中も寒いので早めに宿泊予定の広島に向かってしまいました。

翌日は晴れました!広島駅から宮島口までもJR利用、そこから厳島神社へのフェリーもJRフェリーでパスの顔パスでした。ラッキー♪
c0171485_3375820.jpg
c0171485_3384048.jpg

野生の鹿たちがたくさん
c0171485_3393276.jpg

厳島神社のこの朱色はいいですね。
c0171485_3402219.jpg


午後は原爆ドームと平和記念公園に行きました。
初めての広島、平和記念公園ではその歴史、原爆の悲惨さ、現在にも至る広島の人々の痛さが身にしみました。でも目を逸らしてはいけない。
c0171485_3433666.jpg

c0171485_3445382.jpg


アメリカが原爆の開発を始めたのは、ナチスドイツが原子爆弾を開発しているという疑いがあり、アメリカに亡命したドイツの科学者がアインシュタインの推薦を受け、アメリカ大統領に申し出、開発を始めたという。

対ナチスドイツの為に開発したものの、日本より先に連合軍に降伏したため、最終的には広島・長崎に悲劇が・・・
広島・長崎以外にも博多・小倉・新潟も落下対象だった。
アメリカは原子爆弾の効果を見るため、落下対象都市にはあまり攻撃しなかったので、逆に当時の広島にはたくさんの学生が働いていたという。

「原爆を落としたから戦争は終わった」というアメリカの一般的な考え方は納得いかない。
けれどアメリカ人の観光客は比較的多く広島にいて、アメリカ国民全員が同じではないと思い、気持ちが救われました。

日本だけではない、平和が訪れますように・・・
c0171485_3453073.jpg

[PR]
# by yumi_nan911 | 2010-02-28 04:15 | 日本にて | Comments(3)
朝まずはミキモト真珠島へ
1月下旬の鳥羽は晴れて天気が良いけれど寒い。
こんな中Ama's demonstrationで海女さんは潜るのだろうか・・・

御木本 幸吉の像
c0171485_17252529.jpg


まずは博物館
貝の種類により真珠の色も変わってくるし、貝の中に真珠になる核を入れてから二年間もじっくり時間をかけるそう。
c0171485_1733323.jpg


そして今では海女さんが海に潜り二年間寝かせた貝を取るわけではなくこのように養殖しています。
c0171485_1734507.jpg
c0171485_17352036.jpg


真珠養殖の歴史を勉強になりました!
そして待ちに待ったAma's demonstrationです。
外国人用に別の部屋に案内して頂き、イタリア語で説明を聞くことができました。

c0171485_1738133.jpg

c0171485_17384932.jpg

c0171485_17391752.jpg

c0171485_17394327.jpg

こんな寒い中海に潜ってくれた海女さんの笑顔、素晴らしい!!
c0171485_17402095.jpg


Ama's demonstrationの後は真珠島から鳥羽・相差(おおさつ)という所の「海女小屋」にて昼食を予約していたので路線バスで向かいました!
「海女小屋」とは漁に出た海女さん達が上がってきてお茶をしたり取れた物を食べたりする場所を言います。

中はこんな感じで海女さんが目の前で焼いてくれ、そして海女さんの歴史、現状、いろいろお話をきくことができました。
なんと最年長の海女さんは83歳でまだ現役だそうです!


c0171485_17431770.jpg


c0171485_17451555.jpg

奥にかかっている道具一式で海女さんは海に潜っています。
一人でこれだけの道具を持ち、その上取れたものも上げなくてはいけないので、かなり大変なお仕事。
c0171485_17463662.jpg

c0171485_17471566.jpg


ダイバーシモーネの海女さんに対する質問は、実際深さ何メートルのところで鮑がとれるか、どうやって探すか・・等、歴史よりテクニックの方が気になっているようでした。
そして「海女さんと一緒に潜りたい!」という願いは叶いませんでした。一応ウェットスーツ持っていたんですが、今は漁業組合の規則で午前中のみ漁をするようでした。
[PR]
# by yumi_nan911 | 2010-02-21 18:01 | 日本にて | Comments(9)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31