<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

c0171485_03225005.jpg
くららちゃん袋を作りました♪こうして1日分のお洋服セットを看護婦さんに渡してお風呂に入れてもらうようです。

今、妊娠34週目。32週を過ぎたら日に日にお腹が大きくなってきています!!
今まで逆に小さいお腹で良かった、と最近実感しています。
くららちゃんは、既に2キロを越えているそうで、重くなってきました~。
すぐに足が疲れるし、むくみます~。

7ヶ月に入ったらいつでも病院に行く準備をしておくように、と母親学級で言われていたのに、何でもやることが遅く、今やっと準備が整いました。

母親学級コースも、さすが南伊・カラブリアらしくとってもゆる~いコースでした。
レッスンは9回で組まれているのですが、開始も終了も人それぞれ。毎週新しい人が参加できるコースで、先に進まない。。。(笑)
毎回、新しい人が来るごとに陣痛から出産までのお話を繰り返し、7月中旬になった頃には、ヴァカンスシーズンでコース一先ず中断。
再開は9月以降、ということでコースは終了しました。
私は合計5回は参加できたので良しとしますが、他の人なんて3回レッスン受けただけで終了。。何とも、、、笑

それでも実際に出産する病院で受けたコースなので、陣痛が始まり病院に来てからのこと、どういう流れになるかわかったこと、そして助産婦さんや看護婦さんとも顔見知りになれたことはとてもよかったと思います。
外国人の私にとっては、やはり出産に関する単語もあやふやだったので、聞き慣れることが出来たこともよし。

イタリアの市立の病院は、本当に場所によって異なるのですが、私の住む街の病院では産婦人科は立会い出産もほぼ出来ず、面会時間以外の付き添いは女性のみ。産まれた後にお父さんが出生届けをもらったり手続きの関係上、中には入れるけれど、基本面会時間以外はパパでも入れないのです。
個別の部屋が与えられないので、そういう対応しかまだ出来ないそうです。
そして昔は分娩室が独立してあったので、立会い出産も出来たそうですが、現在の分娩室は外科手術室の一部にあるそうで、立会い出産もほぼ出来なくなったようです。

なんとも、、、。日本や世界の現在の流れとは真逆の方向に行っているカストロヴィッラリの病院。。
私はシモーネと何の疑問もなく立会い出産をすると思っていたので、驚きというか何と言うか、、、。

色々自分の理想と現実は違うのですが、私は無事にこの子を産むこと、それに集中して余計なことは考えずに待ちたいと思います。

陣痛や出産の痛みは予想できないので、少しドキドキしますが、もしかして私は妊娠できないのでは?と思ったことも何度もあったから、
その痛みを経験できる喜びの方が多いです。友達に、「陣痛始まったらそんなこと思えないよ!」と言われたけれど(笑)




↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

[PR]
by yumi_nan911 | 2017-07-20 03:28 | 妊婦生活あれこれ | Comments(2)
シモーネも大好きな餃子。しばらく美味しそうなキャベツを見つけては買って材料は揃えるものの、やる気が出なくて何度も流し流しにしていた手作り自家製餃子。

重い腰を上げ、友人夫婦を自宅に招待する機会に大量に手作り餃子、作りました~♪
c0171485_19033293.jpg
イタリアで作る場合、生地から作らなくてはいけないので、長い作業なのです~。
生地を作り、パスタマシーンを使って薄く伸ばし、ちょうど良い大きさに型抜きし、中身を詰めていきます。
c0171485_19040829.jpg

冷凍しても美味しく保存できるので、いざ!作るとなると大量に作ります。
今回も80個以上は出来ました。が、すぐに食べてしまうので、もう冷凍庫にも残りは殆どなくなりました。。。(涙)

日本にいたら生地から作ろう、なんて思うこともなかったんでしょうが、食べたいがため、頑張ります113.png

何度も作るうちに形も生地も、焼き方も随分上手に出来る様になりました。
c0171485_19072708.jpg
友人夫婦を招待する何日か前に餃子を作っておき、当日は色んな形のお寿司、春雨サラダ、焼き餃子、抹茶プリンを作りました。
c0171485_19051824.jpg
c0171485_19083723.jpg
このご夫婦には何度も食事に招待してもらっていて、出産する前に絶対家にも招待しなければ、と思っていました。

イタリアでは招待されたら自分の家にも招待するという習慣があります。
ずっと和食が食べたい!とリクエスト受けていたので、実現できて良かったです。

ちょうど義母も家にいたので、一緒に食事をしたのですが、今までお寿司は好きだけどその他の和食はあまり好んで食べていなかったんです。が、最近私が作るものは口にして何でも美味しそうに食べてくれるようになりました♪

今ではカラブリアでも和食ブームで、子供から大人までお寿司を好む人が多いですが、そんな中でも苦手な人も時々います。

昔、手巻き寿司を作ったとき、コーラで飲み干してた人がいたな、、と思い出して笑っちゃいました。



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村




[PR]
by yumi_nan911 | 2017-07-11 19:13 | おうちごはん | Comments(2)

Booking.comの落とし穴

旅行先の宿は今までほぼBooking.comで予約を取っていました。
使いやすいし、料金も安いし、宿の位置や内部の様子が良く分かってとても使いやすいサイトです。

が、少し前のプーリャ旅行。宿泊先はレッチェ1泊、ポルト・チェサーレオ1泊の宿をしばらく前からチェックし、宿の位置、部屋の内装、評価をもとに今回もBooking.comで予約し、確認書も受け取りホッとしていました。

しかし出発の前日にイタリア国内からではない電話番号から電話がありました。Booking.comのオフィスからでした。

まずは2日目のポルト・チェサーレオの宿が予約した部屋の空きがなく、代案で違う○○という宿でもいいか?
料金や条件は同じにするので、代案の宿で了承してくれるか?ということ。
出発の前日で車のタイヤを替えたり仕事を片付けたりしている中の出来事で、サラッと代案の宿をチェックして了承。

そのあと直ぐに、レッチェの宿も空きがなく、代案の宿でいいか?とBooking.comからのメール。

ぇえ~???!!

それぞれ1泊ずつだし、まぁ、いいか~。他に探す時間もないしね、と了承。

今までそんな経験なかったので、予約確認書を受け取った時点でコンファームだと思っていたら大間違い。
いざ出発してから、「何だったのか?」と疑問が沸いてきた。
実際代案の宿は、まぁまぁかな、という感じ。自分から好んで予約はしないな、という宿。

Booking.comの料金は安く設定されているし、タイムセールなんかもあり、お得感がある。
宿側としてはサイトからの予約の場合、手数料を払わなければいけないし、宿へ直接予約をしたお客さんからの予約を受けた方がいいから、Booking.comからの予約は簡単にキャンセルされてしまうんだと思う。

今までそんなこと一度もなかったのに、今回は多すぎ。
次回はBooking.comで料金や場所をチェックし、宿に直接電話して予約したほうが確実ということですねー。

そんなことはありましたが、海もとっても綺麗で本当にリラックスできたウィークエンドでした162.png

c0171485_17491258.jpg
c0171485_17484896.jpg



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村



[PR]
by yumi_nan911 | 2017-07-03 17:54 | 日々のこと | Comments(2)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31