<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今日はいよいよビジーリア・ディ・ナターレ(クリスマスイヴ)!

今年は月曜日だけあって、どこのお店も混んでましたー。

プレゼントを買う人、今晩の夕食の準備をする人、銀行にお金を下ろしに行く人・・・大混雑!

順番をシニョーラに抜かされないように頑張りました!次は私よ!と大きな声で言わんといけません(笑)

混乱を避けるためにも徒歩で周りましたが、さすがに2キロのパンを買い込んで歩き回るのは疲れました・・。

今年は不景気から街のイルミネーション寂しいか・・なんて嘆いたら、なんと毎年より豪華な飾りつけ、巨大クリスマスツリーまで登場したカストロヴィッラリです


市長が変わったからか、いつもより動きが目で見える!嬉しい限りです。

今日の夜は、マンマ宅でお魚料理!お手伝いは午後から!

昨日は例のごとく1日がかりで何種類ものドルチェ作りましたよー。
近いうち写真載せます♪

今日から26日までお祭り騒ぎ。そして今年の最後にはジャパーン!!!

最後の力を振り絞って頑張ってきますっ(苦笑)

写真はカラブリアのクリスマスお菓子、ピッタンキウサ。
c0171485_19283870.jpg


モスカート、胡桃、松の実、干しブドウの入ったお菓子。大好きです!自分で作りました!!


皆さま、素敵なクリスマスとお年をお迎えくださいね~!!


↓クリック頂けたら励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yumi_nan911 | 2012-12-24 19:34 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(8)

マニアックな夫

最近の夫の仕事、Simonsub(シモンスッブ)はある程度整ってきて、一息ホッとしている所でございます。

去年の今頃は、まだこの工房を買う前だったし、年が明けてから購入手続きをし、そこから工事。

工事って言っても誰かに頼むのではなく、ほぼ自力でやりました。

内装が整ったら、今度は高さ3メートル以上ある恐ろしい棚作り。 過去の記事


そしてホームページ、e-shopをつくり、現在に至る。

全て同時進行、自分でやるなんて、ほんとーによくやったと思います。


整ったところで、これからなんですけれどね。

でも2012年終わるところで、一瞬胸を撫で下ろしたいと思います。


普通全部自分でなんかできませんよね。道具も機械もないし!

と・こ・ろ・が!!


機械マニアのシモーネ、ある程度自分で出来る道具を持ってます。
しかも一番の親友は電気工なので、彼も何でも持ってるから、「あれが足りない!」というときでも強い見方がいるのであります。

ウェットスーツ作りが基本の仕事ですが、木製の水中ガンなんかもオーダーがあったら作ります。


この機械が木製の物を作るときに役立ちます。
c0171485_20564668.jpg



写真の作業はガンを作っているときではないですが、こんな感じに進みます。
c0171485_2057774.jpg



c0171485_20572695.jpg



c0171485_20574292.jpg




この水中ガンは、3世代漁師の友人からのオーダー。
c0171485_205864.jpg


シモーネ、髭があるとねー、アラブ人みたくなります。


私はまだまだよくわからん事ばかりですが、そのうちどう水中ガンがよくて、どんな魚が獲れる、なんて説明できるようになるのでしょうか??!

ちなみにSimonsubはこちらです。
Simonsub

イタリア語と英語で、英語は未完成の部分ありです。
近いうちにやります。スミマセン


↓クリック頂けたら励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yumi_nan911 | 2012-12-17 21:13 | お仕事 | Comments(6)
イタリアのパンは日本で言う「カンパーニュパン」が主流。
c0171485_2101289.jpg




サンドウィッチ感覚で食べられる小ぶりのパンは、パンの小さいものという意味でパニーノという。
コンビニのおにぎりのように、簡単に済ませるときには、パニーノとプロシュート(ハム)やサラミというのが基本だ。


焼きたてのパンは外はカリッ、中はモチッとしているから両方美味しいのに、イタリア人はパンの耳を好む。

石より硬くなってしまったのでは?というパンは例外だけれど、今まで見てきた中で、イタリア人はパンの中身より外側を好む。

食事が終わって後片付けすると、テーブルにはパンの中身の白い部分だけが残っていること多し。


パニーノを食べるときも、中のふかふかしている白い部分をむしり取るシーンもよく見かける。
犯人:シモーネとその家族。

パニーノの中をむしり取るのは、わざわざ買うのにもったいないのでは?と思うが、
中の白い部分がこんなにあるとお腹いっぱいになっちゃうし、これを食べるならもう一個皮の部分とプロシュートを一緒に食べたいから」という。
※フランスパンの中の白い部分をむしるイメージで思い描いてください。


野菜はくったくたにフォークの裏で潰せるくらいに茹でるのに、、焼きたてのパンはカリッとした耳の部分を好む。

日本ではどっちかというとパンの中身の方が好きな人多いのでは?と思うが、イタリア人は自然と外ばかり食べている気がする。


それでもピッツァの外側の耳は残す人多いんですけれどね。

何でしょう?これも人それぞれでしょうか?


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


[PR]
by yumi_nan911 | 2012-12-06 02:25 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(6)
c0171485_151150.jpg


うちから見える景色、写真は去年のもの。
寒波が押し寄せ、南イタリア・カラブリアでも山岳部は雪が積もっています。
現在は写真の半分くらい積雪が家から見えます。

とっても寒そうでしょ・・・ブルブル。


温かいお風呂や温泉につかりたい~!

うちにはバスタブがありますが、日本のように追い炊きシステムはないので、あっついお湯を入れても、すぐに冷めてしまい、つぎ足していかないとつかってられない状態。


それでも一瞬の喜びのために、時々熱いお湯をためますけれどね。喜びは一瞬で消えますが・・008.gif


イタリアのバスルームは、基本トイレ・ビデと、洗面所と洗濯機も置かれています。

テルモシフォーネという温暖設備は普通ありますが、さっむいです。

日本のように、お風呂でひとまず暖まってからシャワーと言うわけにはいかず、さっむいです。


そしてもちろん換気扇なんてありません。

お風呂に入った後、窓を開けないといけないのも、また寒い・・・。


うちはバスルームに窓があるので、開ければ済みますが、ホテルの窓なしバスルームなんかでもほとんど換気扇ってありません。
高級ホテルじゃないからかな~泊まるところ。

c0171485_292083.jpg


ですが、ホテルのバスルームに手動の換気扇のように見せかける紐がタラーっとたれているときがあり、私換気扇だと疑わなかった。
写真の中にも右側の壁に見えますよね?紐!

引っ張っても引っ張っても何にも反応がなかったから、壊れているのか、なんて思っていました。

が、しばらくしてチェックアウトするときに、
「さっき、バスルームの非常ベル鳴らしてたけど、大丈夫だった?」と聞かれた!


これも日本人の頭ですよね~、換気扇だと疑わなかった。


この季節、お風呂に入った後窓を開けて水蒸気を外に出した後、必ず焦げた臭いを感じます。

今まで特に気にしたことなかったけれど、毎年冬のこの時期、夜お風呂に入って窓を開けた後に感じる、煙い臭い。


あ、これ暖炉の臭い。ご近所さんの暖炉の臭いだったんだ!と最近気づきました。

私の住んでいるところでは、暖炉があるお宅がほとんど。

イタリアのお風呂とイタリアの冬の臭い。

不思議なところで、日本との違いを感じたお風呂でした。



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村






[PR]
by yumi_nan911 | 2012-12-04 02:06 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(6)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31