<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

1日、日本料理教室

私の通う「Gruppo Integrarsi」と、料理学校:アルベルギエロとのコラボ企画で、先日、日本料理を教えてきました。

外国人はそれぞれの国の料理を教え、逆にアルベルギエロの講師からは、カラブリア郷土料理を教えてもらうという、素敵な企画。

私が作ったのは、ツナ巻きとあんこパイ。

両方とも僻地、カラブリアで見つかる精一杯の食材 (汗)
こんなものしか作れない!って理由もあるのですが・・・

あんこパイにしたのは、和菓子なんて作れない!と言う理由と、餅の触感が身近のイタリア人にはうけなかった事。(ガムみたい~とよく言われ・・・

打ち合わせで行った時も、先生から「少人数だし緊張しないでね~!」と言われ、すっごく気楽に向かった。

そしたら思ったより人が多く、思ったよりキチっとスタートして、日本食の歴史や特徴を話す時、何度も同じコトを繰り返し、チラっとシモーネへ目線をやってみると、心配そう&ちょっと冷ややかな目線が返ってきたのでした。

キッチンに向かうと、緊張もとけ、和みモードで始まりました。


やっぱり皆さん、箸の使い方には興味津々でした。
c0171485_2432266.jpg



そして巻き方も、みんな上手!
c0171485_2434114.jpg



皆さん、のりはたまに見かけるけど、食べ方がわからない。という人が多くて、レシピもおいてきたし、きっとこれから自宅でスシ・アンティパスト、なんて人も増えるのでは?と楽しみにしています。

無事、日本食のレッスンが終わり、一安心です。
こういうことが「中国とは違う、日本」を知るきっかけであってくれたら、幸いです。

そして木曜日、地元カラブリア料理のレッスンでした。

カラブリア料理は、「貧しい食事(ピアット・ポヴェロ)」と言われる。
中世まで栄えた都市が近くになかったこの辺りは、いわゆる農民の土地。

存在する食材は限られていた。

そんな中で、数多くの異なるレシピ、材料はほとんど同じなのに、出来上がりはまったく違うドルチェがたくさんある。アルベルギエロの先生は、「同じ食材で異なる何種類もの料理・ドルチェを作っていたカラブリアの人は、とても想像力あふれるFantasistaだった。」と説明に、納得。

伝統菓子は基本、小麦粉と卵、そして砂糖。
そんなシンプルなお菓子に、参加している地元のシニョーラたちは、
「他の国の料理もいいけど、やっぱりカラブリア料理!」と誇らしそう。

有名な食べ物より、地元の物が一番いい。
それがイタリアの田舎町の底力。
[PR]
by yumi_nan911 | 2012-02-05 03:04 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(7)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30