<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

イタリアでイタイ経験

夏にバーベキューをした時に、左上の歯の詰め物が取れ、9月に両親が来て、Torrone入りのチョコレートをみんなで食べていたとき、右下の歯の詰め物が取れた。
それからどちら側で食べても歯にものが詰まる上、徐々に両方の歯が痛くなってきた。

8月のバーベキュー後、すぐにシモーネ家族のお勧めの歯医者に予約をした。
8月中、歯医者はお休みで最初の予約が9月中旬だった。やっとのこと予約の日を迎え、歯医者に行ったが、コントロールだけで終わった。そして実際治療をする日が10月上旬だと。そうしている間に、2本目の右下の歯の詰め物も取れていった。

イタリアで歯医者は保険対象外で、実費を払うため料金は高い。
この町にもいくつも歯医者はあるが、勧められない歯医者に行くのも怖い。
料金がバカ高いうえ、下手な歯医者はいくつもあるそう・・・

詰め物が取れた直後に、歯医者に行けたならもっとよかっただろうに、結局治療まで約2ヶ月待ったし、その間徐々に右下の歯が痛み出し、10月上旬の予約日まで何とかしのいでいたのに、予定日の前日、急遽3日間先延ばしされた。そこから悪夢の3日間。
噛むこともままならなくなり、ヨーグルトやウュッセル(やわらかいソーセージ)しか食べれなくなり、歯がかすれるごとに痛み、悲しくて涙が出た。

痛み止めを飲み続け、やっと予約日。
化膿が始まっていて、麻酔を使っても痛みが消えないほど、ひどい状態だったけどなんとか治してもらった。

今まで歯医者にかかった経験はあるし、歯の痛みの経験もある。
でもこれほど痛く不安な経験をしたのは初めてだった。
日本の実家の周りには数え切れないくらい歯医者があるし、予約がすぐにとれなかったら、他のところを探すなんて容易なこと。

大げさなイタリア人を見て、今まで冷静に見ていたし、あんまり大騒ぎはしたくない、という日本人的感覚で大げさに表現していなかった。
でもこの国では、痛さを120%表現しないと、なんともならないことを学んだ。

そして次の予約は11月下旬。
左上の歯も少しずつ痛くなり、先週2回痛み止めを飲んだ。
前に比べて見ると少し痛かっただけだけど、学んだ私は即座に歯医者に電話し、
「痛むから何とか早く見てもらえないか」と金曜日に電話し、月曜日の朝の予約を取った。

「騒げば何とかなる=騒がなければなんともならない」

上の事を学びました・・・・。
そして歯は命、納得しました。
[PR]
by yumi_nan911 | 2011-11-16 18:10 | 日々のこと | Comments(10)

Involtini Primavera (春巻き)

ミラノの叔父さん宅にお世話になるとき、必ず行く中華レストランがあります。

中華レストランといっても、中華だけでなくピッツァもイタリアンも食べれて、量も多いし、値段が安い。

昼間はガテン系のおじさん達で賑わい、夜は学生やカップル、家族連れで賑わうお店。

働いているのは全員中国人だけど、イタリアンもピッツァも悪くないので、イタリア人の客も途絶えない。

そこで必ず食べるのが、Involtini Primavera (春巻き)。

イタリアでは餃子より、春巻きの方が有名。
中華やアジア食があまり好きでない人も、この春巻きは知っているのです!

カラブリアではアジア食品店が近くになく、春巻きの皮も買えずにずっと我慢してきてけれど、いざ、自分で作ってみました。

c0171485_10275.jpg



皮の材料は小麦粉・水・オイル・塩のみで、少し寝かせ、フライパンで薄く焼きます。

薄く焼く所、不細工な形で中身を入れて巻きにくいところが、やっぱり自家製の皮。

でも胃袋は満たせました。
やっぱり春巻き、美味しい~006.gif

そして今年もフィッシング友・マルコからのおすそ分け。

リッチョーラ(ニシカンパチ)約18キロを今年も釣ったのです。

去年の様子はこちらから。
c0171485_15436.jpg



美味しくグリルパンで焼いてシンプルに塩味で頂きました~♪

こういう新鮮な色の魚を見ると、刺身やお寿司で食べたい~と思うのは、やっぱり日本人ですねぇ。
[PR]
by yumi_nan911 | 2011-11-01 01:14 | おうちごはん | Comments(8)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30