<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

小さなお祭り

週末に地元の小さなお祭りがあった。
バザーのようなものであり、地元の人が合唱したり、歌ったり踊ったりの、地元色が出るフェスタ。


去年から通い始めているアソシエーションがあり、そこは「Gruppo Integrarsi」という。
Integrarsiとは、「環境に溶け込む」という意味があり、外国人・移民へイタリア語レッスンをしたり、クリスマス会をしたり、孤独になりがちな外国人を集めて、助け合おう!というグループ。


週に一度集まってイタリア語を一緒に勉強したり、一緒に本を読んだり。
男性は少なく(働かなきゃいけないので)、女性だらけのグループで、時々みんなでピザを食べに行ったり、ホームパーティーをしたり、私もその一員となり楽しんでいる。


今回彼らも参加をするということで、私も一緒に日本の事を知ってもらおう!と参加した。
バザーとして手作りの作品を売っている人も多く、私は日本語のフレーズや、名前を日本語で書くサービスをした。(名前はすべてカタカナで書きました。)

同じグループでも、みんなしっかり準備していたのに、私だけ机・いす・筆のみ。


それでも特に子供たちは喜んでくれて、時に子供たちであふれかえるほど!
何度も書いてあげては戻ってくる子供たちばかりで、その度に大事そうに持って帰っていった。
私も日本語と中国語の違いとか、わかる範囲で説明したり、日本語を勉強したい人と出会ったり、知り合いと話したり、とっても楽しい3日間でした。


そして何より、一人の女の子との出会い。

名前を書いてあげたら、その場を動かず、「どうしたの?」と聞くと、「ここにいたい。」と照れながら言った。
「もちろん! 椅子があるから、座りなよ!」と言うと、下を向き照れながら、顔をクシュっとさせて喜んだ。
聞くところ、7歳のエスターは去年の10月から空手を習っていて、空手が大好きだと。そしていつかはイタリアの空手チャンピオンになりたいのだと。
空手レッスン中に、1から10まで日本語で数えるし、挨拶のウッスなど、知っている日本語を私に伝えてくれた。週2回通っている空手教室で習った、あいさつの仕方を教えてくれて、小さいのに、手をきちんと脇に揃え、深々とお辞儀をして「ウッス」とやってみせてくれた彼女はとっても可愛かった。

c0171485_0211957.jpg




他の子供たちの名前を書いてあげる合間に、ひらがな表を作って一緒に発音したり、すごく日本語を勉強したい気持ちが伝わってきた!

c0171485_0221125.jpg


エスターと中国人の女の子。
エスターのメモをした紙には、『GIAPPONE SCIRAGANA』(ひらがなと書きたかった)
イタリアでは"ひ(HI)"の発音がないから、SCIになってしまった!


彼女のお家はシモーネの叔父のギャラリーのすぐ近くだし、次に会うときまでにひらがなを練習しておくと言った、エスター。


彼女がいて、とっても楽しい3日間となりました003.gif
[PR]
by yumi_nan911 | 2011-09-20 00:39 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(7)

11.settembre

ニュースではアメリカ同時多発テロから10年と、イタリアでもこのニュースばかりの日、それが私の誕生日。
きっとその日、と覚えてくれる人たちがいて、日本からもたくさんおめでとう、と頂いた!
ありがとう!

そしてなんとも先週この町に住むブルガリア人の友人から、
「今週日曜日、娘の誕生日でパーティーをするから家に来てね!」とお誘いをもらった。
「うん、日曜日ね!了解!え、何日だっけ?え、11日?! 私も誕生日ー!」と驚きあった。

この友人マイアは、ご主人と娘さんと彼女、3人でブルガリアからやってきた。
最初は旦那さんだけ一人この地にたどり着き、仕事を探し、ある程度落ち着いてから、約2年後奥さんである彼女と娘さんでやってきた。
娘さんは当時6歳で、小学校に通う2日前にこの町に着き、イタリア語も何もわからない状態で小学校に通い始めたという。

娘:ルミャーナはとっても人懐っこい明るい活発な女の子。
きっと最初は大変だったと思うのに、子供の適応力はすごいもの。今はイタリア人の女に子にすっかりなっている。
そして彼女達と出会った2年前から、すぐに私に懐いてくれて、偶然町で出会うと、
「ゆみー!!!」と熱いハグをしてくれて、私が髪を思いっきり切ったときには、
「ゆみと同じ髪型に切ったの♪」と、真似してくれたりした。

昨日10歳の誕生日を迎えた。・・・って、まさにあのテロが起こった日に産まれた子なんだ。
ルミャーナの友達が何人か集まって、大人も集まっての誕生パーティー。
c0171485_17465048.jpg


Tanti tanti auguri!!

そしてお母さんであるマイアも、私のとっても良い友人である。
とってもシンプルな人。飾らない、そして芯はしっかりしていて、思いやりのある彼女。
ブルガリアで大学院まで出た彼女は、専門的な仕事に就きたいと頑張っている。
イタリア語がもっと完璧にならないと、なかなか専門的な職業に就くのは難しい。イタリア人だって難しいことだから。

小さい町で外国人として暮らしていると、そういう小さな繋がりが嬉しいものです。

今年も出来るだけ楽しく、前を向いて歩いていこうと思います040.gif
[PR]
by yumi_nan911 | 2011-09-12 17:55 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(8)

シモーネ帰宅♪

今回は短いターンでの仕事だったため、9月に入ってすぐシモーネが帰宅しました!

慣れが早い私は、涙の別れをしながら、シモーネがいないことにもすぐに慣れてしまって、帰ってくるときには、いつも少し変な気持ちになります。

シモーネと私の家なのに、彼がいないことに慣れる私は、私の家にシモーネが来る感じ。

シモーネの家族と私が一緒にいたのに、私の家族のところにシモーネがやってくる感じ。

1日もたてば普通になるんですけどね。

きっと二人目の子を出産するときに、上の子を親戚に預けた後、子供が久しぶりに両親に再会する感じに近いのかもしれません。

なんて、一人で心の中で自分の気持ちの変化の面白さを感じてみたり。

今回は主にシモーネ家族と過ごしていたけれど、ストレスなし、逆にシモーネのマンマとパパの子供になった感じでした。3人でお出かけしたり、妹家族や弟と一緒に山へ行ったり。

自分の両親とはもちろん違うけれど、シモーネの両親にも親孝行したいなぁ、と思えるのでした。


さ、少し遅くなった夏のバカンス。

今月末に日本から両親と叔父がカラブリアにやってきます!
そのときに一緒にバカンスかな~と思うと、結局カラブリアから出れず?!


・・・それも微妙なので、秋にカラブリア脱出計画したいと思います056.gif
[PR]
by yumi_nan911 | 2011-09-04 17:39 | お仕事 | Comments(5)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30