<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

早々の帰宅


7月上旬にコンニャート(義理弟:アンドレア)が長~い夏休みの間、エルバ島へカメリエレ(ウェイター)の仕事を見つけて涙の旅立ちをしてから、1ヶ月もしない頃、実家に帰ってきてしまいました。


最初は寝泊りする部屋が汚い、周りになにもない、とグチの連続。

本当にこの子は末っ子で甘やかしすぎたんだわ!とマンマを始め、家族ほとんど憤慨していた。


電話をしても、家族からは
「甘いこと言うんじゃない。帰ってきてもそのお給料がもらえて、保証がついている仕事なんて、ここにはないんだから。」といわれ続け、徐々に何も語らなくなり、そんな頃、私たちにも事がわかり始めた。


観光地のホテルやレストランの夏のシーズンは遅くとも6月には始まって、準備をしている。そんな中、7月に入ってから急遽旅立ったアンドレアは、その職場で最も遅く到着した。

スタッフは揃っていたはずが、アンドレアの前に働いていた二人は、お父さんが倒れた、親戚が亡くなった等の理由から、その職場を後にした。

そんな所に到着した彼。

仕事を始めて少しずつわかり始めた。
なぜ前に働いていた人がすぐに立ち去ったか・・。

パロラッチョ(きたない言葉)ばかり使われ、彼にだけ異常にテーブルの担当を持たせ、ほかのメンバーは2,3席だけ。そして自分の担当が終わると、おしゃべり&パロラッチョ。

シェフ希望のアンドレアは、徐々にここが自分の居場所ではない、と思い始め、自分もそこから去ることを決意した。


18歳に満たない彼は、他の人がそうしたように、理由を見つけようとしていた。
親が倒れた、とか祖母が危ない、とか。


でも彼は直接自分を不当に扱っていた人と話した。
こんな状況では働けない、と。
そして状況は変わらず、ホテルのディレクターにも話した。こういう理由で、これ以上働けないと。

そして家に帰ってきた。
どんなに仕事が厳しくても、嫌なやつがいても、クオコ(コック)がやりたい、と。

何より、家族を誰も死なせたり、倒れさせなくてよかった・・・001.gif

エルバ島の職場で刺激されてか、最近とてもお洒落な料理を作る。

↓ナスをくりぬいた中に、ポテトのサラダが入っていた。見た目もグー049.gif
c0171485_0414439.jpg



きっとこれからもっと腕に磨きをかけていくのだろうと、楽しみにしている、私たち家族でした。
[PR]
by yumi_nan911 | 2011-07-27 00:53 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(5)

2周年

2日前、結婚2周年を迎えました。

まだ記憶も浅いので、「2年前の今頃は、誰々をどこまで迎えに行ったね~」とか、「この時間は身支度をしていたね~」なんて回想していました。

結婚式の当日の朝も、友達を迎えに近くの電車の駅(片道1時間半)まで向かったのです。
この町は陸の孤島。公共交通機関は、高速バスのみ。
前日まで友人3人は、ナポリ観光をしていて、式当日の日曜日、ナポリからの高速バスは運行なし。
ローマからの高速バスは、日曜日も運行しているんですけどねぇ・・

ってなわけで、式当日もゆったりまったりしとやかに過ごすわけでもなく、バタバタ。
まったく白い服を着るのに、シャワーを浴びる時間もないかと思うほど。
おかげでブーケも義理弟に言われるまで、しっかり家に忘れていました。
イタリアでご結婚された在伊の方は、もっときちんと手配されていたはず・・・
私の気が回らなく、結局ジタバタでした~反省。


ジミ婚派で、結婚式になんの理想も思いいれもなかった私。
家族や友達が来てくれるからやろうか、程度。

そんなだったけど、いざ自分達の式・パーティーとなると、楽しかったし幸せを感じました。

こんな田舎なのに、足を運んでくれた友達へも、感謝の気持ちが尽きませんでした。

そして無事に2周年を迎えられた日。

マンマが朝一に「おめでとう!」を伝えに来てくれました。
長男のシモーネの結婚。彼女もいろいろ思い入りがあったのでしょう。誕生日より、「おめでとう」が熱かった!

そして外食するときはほぼ友人グループと行くのに、この日は二人でお気に入りのお店へ。

シーフード三昧!

アンティパスト・ミストは少しずつですが、このお店のすべてのアンティパストが味わえました♪
c0171485_1264075.jpg



ムール貝だけでなく、牡蠣まで~016.gif
c0171485_1265533.jpg


生牡蠣だったらもっと嬉しかった~

メインは、Seppia(モンゴウイカ)と海老のグリル
c0171485_1271426.jpg



食後のデザートは、Tartufo nero di pizzo(ピッツォ発祥のアイス)
※ピッツォはカラブリアにある町の名前

今日は記念日という事で、シモーネとロマンティックに行こう、と何度も言い聞かせていました。
イタリアーノのシモーネは、どうしてかロマンティックではない。人のコトは言えませんが・・


今更ロマンティックになるわけでもなく、普通の食事でしたけど、たまには二人でお互いの顔を見て、二人の話をするのは必要ですね~。

3年目も仲良く、いつまでも協力し合える二人でいたいと思います!!
[PR]
by yumi_nan911 | 2011-07-07 01:42 | カラブリア郷土料理・菓子 | Comments(11)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31