カテゴリ:結婚あれこれ( 5 )

カラブリアのお祝いゴト

実はずっとネットの調子が悪く、全然更新もブログチェックも出来ずにいました007.gif

そしてなんと、昨日日本に一人で一時帰国しに来ちゃいました~♪

一人だと会話を訳す必要もないし、ショッピングも人を気にしないでいけるし、女友達とおしゃべりに夢中になれるし・・・056.gif

来月にはシモーネも来日し、年明けにイタリアに帰る予定です。

それまでつかの間の日本(滞在長すぎるって?)、満喫します☆

帰国前はシモーネ不在での帰国の準備に、バタバタしていました。

そのうえCongnata(義理の妹)の結婚式があったのです!!

私の短いイタリア生活の中で思ったのは、イタリア(カラブリア)の結婚平均年齢は男女とも日本よりかなりです。

おそらく30歳~35歳くらいなのでは??!!

そんな中で新郎新婦ともに25歳。
若い二人の、新しい命を授かってから決めた新しい人生。
ジーンとしながらも、私はカメラマンになっていました006.gif

c0171485_2241579.jpg


イタリアの結婚は大きく分けて2種類あります。

教会婚か市役所婚。

教会婚だと、神父立会いの下の結婚。
市役所婚だと市長(もしくは市の職員)立会いの下の結婚。

教会は結婚式の前に神父の”結婚とは”というお話を聞きにいくことになります。
そして費用は基本的には市役所婚より高めです。(場所にもよると思いますが・・)

市役所婚は市長から、イタリアの結婚に対する法律などをその場で聞いてから結婚。

若い二人は出産後に教会での結婚式をするという計画をしていますが、今回は市役所婚。

年齢の上の人(伝統にこだわる人)からは大ブーイング。

いろいろ伝統はあると思うけれど、伝統を守るかどうかは自分で決めるのであって、人に押し付ける伝統ってどうかと思いました。

カラブリアでは結婚が成立した後、焼き菓子やシャンパンで乾杯する習慣があるため、mammaと二人で9種類約4キロ以上のお菓子を作りました。

9種類もほとんどレシピを見ないでチャッチャと作るmammaはさすがです006.gif

結局朝8時から昼食の14時までずっと立ちっぱなしの立ち作業。
それでもこの出来に自己満足!
c0171485_22572266.jpg


サルデーニャ出身のmammaは、「これはサルデーニャの結婚式でのお菓子」など、ドルチェに関する思い出を教えてくれました。
きっと今は亡き母親と一緒に作った記憶をたどっていたのかもしれません。

そしてこの中で二人とも初挑戦、そして気に入ったお菓子はコレ。
Brutti ma buoni!(不細工だけど美味しい!)
c0171485_2324274.jpg


ヘーゼルナッツと卵白、お砂糖だけのサクサク軽くてナッツの香ばしさのあるお菓子。

これは二人ともはまってしまいました060.gif
[PR]
by yumi_nan911 | 2010-11-10 23:10 | 結婚あれこれ | Comments(8)

結婚式当日

マルタ友3人はすでに何日か前にはそれぞれイタリア入りをしていて、ローマ、ナポリと滞在していました。
結婚式当日の朝ナポリからCASTROVILLARIの一番近い電車の駅SAPRIに到着するため、
朝6時30分CASTROVILLARIを出発しました。
1時間ちょっとでSAPRIの駅に到着
みんなの到着をドキドキしながら待っていました。

無事電車が到着し見慣れた笑顔に出会えてもう最高に幸せでした♪

自分達が結婚すると言うことは彼と決めたときには決まってたこと

それ以上に家族や友達がいないこの町に自分の大切な家族・友達が来てくれることにすごく幸せを感じました。

12時ごろにはCASTROVILLARIに到着しランチをパニーノで済ませその後は、
・シャンパンをProtoconventoのBarに冷やしに行き
・ブーケを受け取りに行き
・Dolceの受け取りに行き
・自分達の準備

小さいこの街を行ったり来たりしている途中でCASTROVILLARI を観光している家族・友達を見かけました。もっと時間があれば一緒に歩いて観光できたのに、、、と今でも少し後悔

イタリアでの結婚式の参加は初めてでしかもそれが自分の結婚式
次に何が起こるかわからないので不安はありましたが、逆に何が起きても大丈夫と言い聞かせてました。

c0171485_2192987.jpg

友達のIvanがフリーで知り合いから借りてくれたアルファロメオのClassic car


c0171485_2243619.jpg


c0171485_2272142.jpg

PROTOCONVENTOでの式が終わり、みんながライスシャワーをするため待ちわびてます。


c0171485_2312296.jpg

シモーネがいつもからかってる友達の彼女のAgostina、彼女かなりライスシャワー張り切ってました!
きっと普段のお返しかも?!
近所の子供達も参加してくれています。



この後は車でレストランまで30分程度のドライブ

c0171485_2351266.jpg

Antipastoのブッフェ。生オイスター&生あさりかなり美味しかった!
自分達の式忘れて真剣に食べました☆
その次のPrimo、Secondoはほとんど食事手つけられませんでした・・・


c0171485_2405078.jpg

イタリア語と日本語で家族や友達にお礼を伝えました


c0171485_241486.jpg

目隠ししているのが新郎のシモちゃん。
座っている人の手をさわって新婦の手を当てるというのゲーム
ちゃんと私のささくれを触って当ててくれました♪
ちなみに妹の手も、同僚の男性の手も当ててました!!


c0171485_2464290.jpg

両親からのお祝いの言葉、友達の日本語を勉強しているダニエラが通訳してくれました!


c0171485_2495330.jpg

みんなが輪になって音楽にのせて手をつなぎ踊りました



c0171485_252085.jpg



c0171485_2563582.jpg

父親同士、かなり打ち解けたみたいで何度も握手&Hugしていました。


c0171485_258294.jpg

最後のDolce、甘すぎず美味しかったです。

パーティーは夜21時から夜中2時くらいまで永遠と続きました。
言葉がなかなか通じあえない中でもみんな楽しんでいてくれてたようで安心しました!
何をいっても写真でみんなすごく笑顔なのが嬉しかった。
飾りすぎずかつ食事はおいしく!

私はもう一度このレストランで同じ食事を食べたい、、リベンジしたいくらいです。
誰か次同じレストランで結婚式しないかな・・♪


私はあまり結婚式にたいしてこだわりがなく、みんなが日本から来てくれるから式&パーティーしようか、
彼のママがウェディングドレス手作りで作ってくれるからドレス着ようか、くらいの感じでした。
メイク&ヘアーも日本から来てくれた友達がやってくれました。

家族・友達の支えがあったから本当に思い出に残る一日になりました。
みんな本当にありがとうございました。
[PR]
by yumi_nan911 | 2009-09-01 03:14 | 結婚あれこれ | Comments(2)

イタリアでの結婚式前日

式の前日、当日は本当に本当にバタバタしていました。
前日には家族、友達がローマFIUMICINOに到着するので、彼と一緒にローマへ。
CASTROVILLARIを夜中0時のバスで出発し朝6時半にローマに到着し空港へ
私の家族は朝7時前には無事到着し、感動の再会でした!
日本出発してから1ヶ月しか経ってないけど、異国のローマで家族に会えると
やっぱり気持ちが高ぶってしまいました。

それから友達夫婦が10時頃到着するのでしばしBARにておしゃべり

みんな無事に到着し空港からレンタルしたバンで一気に南下
お昼頃ローマを出発しCASTROVILLARIには夕方6時くらいには到着し、ホテルチェックイン

途中トイレ休憩、食事休憩は何度かとりましたが、時差ぼけもある上一気にカラブリア州へ下がったので、かなりお疲れのようでした。
滞在期間がもっとあればもっと余裕を持って移動できたんですけどね・・・。
緊張のあまりか機内でもあまり寝られなかったという私の父。車内でも喋り続け隣に座ったちはる、ごめんなさい(苦笑)
運転手のシモちゃんもかなりお疲れでした。

結婚式の前日なのでゆっくり準備でもしたかったのですが、なんせ彼の親族もCASTROVILLARIに集まっただけあり、親戚の子、バレーリオ(二歳)のBattesimo(洗礼式)がありました。
教会での洗礼式には間に合わなかったのですが、夜のパーティーには日本から到着した家族&友達も参加しました☆

c0171485_1174784.jpg

主役のバレーリオ!かわいい~!

c0171485_121432.jpg

お兄ちゃんのアレッシオ!常に動き続けてるけどかわいい!!

なんと言っても初めて両家族のご対面!
うちの両親は笑顔でコミュニケーションをとろうとしてくれるのは確実だけれど、シモーネの家族はどんな反応をするのか心配というか楽しみでした。
シモーネの家族は誰一人として英語を話せませんので。
普通はママの方が社交的な性格でパパは芸術家で気難しいというイメージ
けれど意外にママは英語が話せないという事に劣等感を感じたのかシャイな感じでした。
逆にパパは英語が話せなくても何とか通じるだろうと積極的に話しかけて意思疎通をとろうと頑張っていました。
何を言ってもうちの両親もお酒を飲むのでお酒の力で通じ合っている感じでした!

無事Dolceまで食べ終わりあまりにもうちの両親がお疲れのようだったので、ひとまず先にホテルに引き上げました。

明日はいよいよ結婚式
けれどまだまだバタバタする予定
明日はマルタのときに知り合った友達3人が到着します!!!

c0171485_1251140.jpg

思い出深いマルタの町並み。
スリーマ側からとったヴァレッタの町並みです。
[PR]
by yumi_nan911 | 2009-09-01 01:30 | 結婚あれこれ | Comments(0)

イタリアでの結婚手続き

大使館で申請したNULLA OSTAとCERTIFICATO DI NASCITAをPREFETTURAでの認証手続きのためCOSENZAへ
(日本大使館の署名が確かなものかを認証してもらう)

PREFFETTURAの開いてる日も週に二回しかなく、すでに6月6日
認証の後はCASTROVILLARIの市役所で結婚の公示(本当に二人がシングルか等を調べる)をし、結婚式まで何日か待たなければいけなく結構焦っていました。

PREFETTURAの担当の人から「来週受け取りにきてください」と言われ
「CASTROVILLARIから1時弱かけて来ているので出来れば今日もらいたい」とアピールした所、
「確約はできないけどやってみるから、午後1時に来てくれ」とわれました。
少し待ってから約束の時間に戻ってみると、用意してくれていました☆

ここまでは意外にスムーズ

PREFETTURAで認証された二つの書類をCASTROVILLARIの市役所へ
すぐに結婚の公示の手続きです。
パスポートにTOKYOとしか記載されていず、そのことにまず疑問をもたれ
出生地、武蔵野市の「シ」のスペルが「SHI」な点に疑問をもたれ、、、
外人との結婚の手続きが慣れていないので、イタリアとは違う点にまず疑問をもたれました。。。

何とか彼と一緒に説明し、無事終了。

PROTOCONVENTOでの結婚式の予約、通常日曜日の午後はやっていないみたいですが、彼のパパが市長にお願いをしてくれ予定通り7月5日(日)結婚式が出来るようになりました。

次はレストラン選びです。
6月2日にイタリアに到着し、7月5日の式まで1ヶ月での準備。

目を付けていたレストラン、アグリツーリズモ何件かまわって最終的にROSETTOのMIRAMAREに決定。

c0171485_0403029.jpg

天気がよければここでAntipastoのブッフェができるそうです。お花がいっぱい

c0171485_0413038.jpg

海の景色がきれい

c0171485_044198.jpg

レストランの下にはこんな海辺の綺麗なお城があります。
ちなみにこのお城でも結婚式ができるのですが、お値段がかなりはっていたので、
お城の上のレストランに決定しました。
Antipastoのブッフェで生牡蠣が食べれるみたいなので・・・!


大都市ではないおかけでレストランもホテルも問題なく準備できました♪
7月といっても観光客がたいして来ないこの街のおかげです★

結婚式の準備をしていて驚いたのが当日の1週間前くらいまではみんななかなか何名で参加できるか確定しない点。
日本なら何ヶ月か前には招待状出して何ヶ月か前までには参加、不参加確定しますよね?
私たちの時はみんな1週間前くらいまでは多分参加できる、くらいな感じでした。
レストランも1週間前に確定すれば大丈夫と言われました!
それも田舎の街だからでしょうか?
[PR]
by yumi_nan911 | 2009-09-01 00:54 | 結婚あれこれ | Comments(0)

イタリアでの結婚準備

6月上旬、5ヶ月ぶりのシモーネとの再会!
いつも空港に到着しバゲージを受け取り税関を出るまでドキドキ&ワクワク
人の少ない出口から出てしまったらシモーネの後ろ姿を発見
変わらないシモーネの笑顔に無事会えました。


結婚式は7月5日(日)と決まっていたので、手続きに問題がないように、すべて間に合うようにかなり緊張していました。
日本からも家族&友達も来てくれると航空券すでにブッキングしてくれていましたので。

出発前に在イタリア日本大使館のホームページで申請書類、必要事項を事前に確認していたので、自信をもって翌日日本大使館へ
イタリア方式の結婚手続きに必要なNULLA OSTA(結婚要件具備証明書)とCERTIFICATO DI NASCITA(出生証明書)を申請したところ。。
日本から戸籍謄本(データ化されたもの)を持参した所、6月から戸籍謄本はデータ化されたものではなく、以前の改製原戸籍(縦書きの昔の戸籍謄本)が必要との事!!!

6月2日成田発で出発した私は知らずにどうしよう。。と途方に暮れていましたが、まずは改製原戸籍をfaxして後から原本を郵送で送れば大丈夫との事でした。
さすが日本大使館です。

早速東京にいる母に連絡し、日本時間はすでに夜だったので翌日区役所に行ってもらい、ローマの日本大使館にfaxしてもらいました。
翌日すでに大使館が開く時にはfaxが届いていたはずなので、一応出向いて確認すると、夕方には必要書類を用意できるとのこと!!

さすが日本大使館!
イタリアの役所ではあり得ない手際のよさで本当に感謝でした。
一番はすぐに区役所に行ってくれた母への感謝ですね。

午後には無事受領し、夕方のpullman(バス)でcastrovillariへ
これからイタリアのお役所関係と戦いになるのかスムーズにいくのか。。c0171485_361726.jpg
c0171485_351697.jpg
[PR]
by yumi_nan911 | 2009-08-28 17:51 | 結婚あれこれ | Comments(0)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31