カテゴリ:子育て・ママライフ( 5 )

3ヶ月♪

c0171485_02272346.jpg
あっという間に3ヶ月バースディを迎えました~。
やっと少しずつぐずり方でお腹すいたのかな、眠いのかな、オムツかな、と予想できるようになってきました。
3ヶ月で身長は12cm伸び、体重は倍になりました。

まだまだ新米マンマですが、見ていて本当に愛しいし、こんなに我が子が可愛いなんて思っていませんでした。孫ではないけれど、目に入れても痛くない感じです。

時々大汗かかされますが、、、。

声の大きい私の血をひく+ラテンの血が入っている+しし座のくららは、普段落ち着いた性格で扱いやすいのですが、いざ機嫌を崩すと、叫び声・泣き声は半端ないです。

生後3ヶ月に入り、授乳間隔は3時間くらいになるのが普通らしいですが、まだ頑張って粘って2時間半。
最初はずっと授乳している感じでしたが、いつの間にか2時間おきになり、今では2時間半、、、。
こうやって「いつの間にか」大きくなり、手が離れていくのが子育てなんでしょうね、、。
なんだか既に親離れが始まっているようで寂しく感じることも。

ゆっくり大きくなってね、、、169.png



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yumi_nan911 | 2017-11-23 02:33 | 子育て・ママライフ | Comments(2)
c0171485_02353029.jpg
イタリアで小さい子供を持つ人が最初に悩まされるのが「コリック」。
日本語では疝痛といわれるもので、生後1ヶ月ごろ~3,4ヶ月頃までの内臓や腸がしっかり機能するまでの期間、わけもなく泣いたりぐずったりします。わけはあるはずですが、おっぱいをあげてもオムツが汚れていなくても泣き止まないのです。
特に夕方頃に痛みが強くなるようで、「黄昏泣き」と呼ばれることもあるようですが。

イタリアに来た頃、小さい子供を持つ人と話をすると頻繁に耳にした言葉で、辞書で調べても「疝痛」なんて言葉知りませんでした。
最近は日本でも「コリック」と言う言葉がネットでも見られることから、馴染みのある言葉になってきているのでしょうか。

イタリアでもコッリクが全くない子もいるそうですが、うちのくららも今思えば1ヶ月頃から夕方17時を過ぎから20時ごろまで、おっぱいをあげても泣き止まない、むしろ泣きすぎておっぱいも飲めない、という日がありました。
日によって違うので、病気と言うわけではないですが、内臓がうまく機能するまでいろいろとツライのでしょう、、。

コリック体質の赤ちゃんに、母乳で育てている場合、食べるものに気をつけなければいけません。
豆類など、ガスが溜まりやすい食材はNG、その他母乳の味を悪くするブロッコリ、キャベツなどなど、避けるほうが良いといわれています。また唐辛子などのスパイスも。
あげるとキリがないほど多くて、行きつけの八百屋さんの奥さんから、
「母乳で育ててるならこれは避けたほうがいいよ、あとこの果物も」とアドバイスをもらうことばかり。

それも子供の体質によってダメな野菜、大丈夫なものなど多少異なるので、一概には言えないそうなのですが、私は今思うと果物が影響していたような気がします。それも日によって違うから、「絶対これ」ともいえません。

シモーネマンマに言わすと、お母さんが何を食べても食べなくてもコリックになる子はなるんだからあまり気にしすぎない方がいいと。
赤ちゃんはおっぱいを飲むときに空気も一緒に吸ってしまって体の中に空気が溜まってしまったり、母乳だけが原因ではないこともあるからと。

そろそろ生後3ヶ月に近づきましたが、最近はコリックも大分少なくなってきました。
一番つらかったのが、1ヶ月~2ヶ月までの間でした。
お腹を下にするように抱っこしてあげたり、お腹を時計回りにマッサージしてあげると大分良かったようにおもいます。

あと話は少し逸れますが、イタリアでビールは母乳を増やすと言われていて(?)、母乳をあげている人もビールは飲む、と言う人がいてビックリ。ワインも少しくらいならOK、という感覚が一般的で、驚いています。私はまだノンアルコールビールですが、、。



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yumi_nan911 | 2017-11-10 02:39 | 子育て・ママライフ | Comments(2)
イタリア人が赤ちゃんを呼ぶとき、いろーんな食べ物や動物を使って表現するのが面白いです。
パタティーナ(じゃがいも)
ポルペッティーナ(肉団子)
チポッリーナ(玉ねぎ)

野菜意外にも
トッポリーナ(ねずみ)
クッチョラ(子犬や小さいもの)
バンボリーナ(お人形)
ステッリーナ(お星さま)などなど、、ざっと思い浮かぶのがこれで。

上のもの意外でも、時々新しい表現を耳にすると、「お!新シリーズだなぁ」なんて思ったりする。

イタリア人は子供が大好きな人が多く、特に小さい子を呼ぶときは愛情に溢れていて、アモーレミオ(私の愛しい人)、ミオテゾーロ(私の宝物)、ミアプリンチペッサ(私のお姫様)などなど、愛されてるな~と思う表現。
家族・親族、友人たちから、愛情たっぷり受けて育ったイタリアの子は幸せだな~なんて思う。

街の人々も赤ちゃんを連れて歩いると、知らない人でも立ち止まって赤ちゃんを見て優しい言葉をかけてくれたり、メルカートのおまけをしてくれないおじちゃんでも、赤ちゃん見てまけてくれたり。笑)

「人生で一番素晴らしい宝物だよね」

なんて、言葉を自然にかけてくれるイタリア人は素敵だなと思う。
日本では子供が泣いたりして居心地悪い思いをした若いママさんの話を聞いたりすると、日本とイタリアの違いに驚き。
何でも最初から出来る人はいないし、若いママさんに優しくしてあげて欲しいな、、。

くららにもなるべく日本語を話して、日本語を教えよう!と日々頑張っているのですが、
私、日本語で赤ちゃんに触れる機会なんて殆どなかったから、あやしか方がワカラナイ、、、汗!!
それに比べ、男のシモーネはくららとお話しするの上手いな~と思う。さすがお話好きのイタリア人だから?

毎朝、くららのお風呂をシモーネが入れてくれているのですが、
「くらら、今からお風呂にしおうね。パピーノが今からお風呂に入れてあげるからね。
ちょっと肌寒いからヒーターつけようね。オムツ取ろうね。あれ、すごいのしてたね!びっくりだよ!
パパが今からキレイキレイしてあげるよ。お風呂へゴー!」


私もこれくらいたくさん日本語を話してあげないとな、とシモーネをお手本にして、日本語も頑張ろうと思う、今日この頃です。



↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村



[PR]
by yumi_nan911 | 2017-10-30 03:29 | 子育て・ママライフ | Comments(2)
生後1ヶ月検診を終え、体重1.5キロ、身長は4cm伸びました!
ブカブカだった洋服が今ではワンサイズ大きいものになりました~。
写真を振り返るともう既に、産まれたての小さい新生児姿が懐かしくあります~。

8月末から9月末までイタリアに来てくれた両親。一番変化のある時期にくららに会いに来てくれて本当に嬉しかったです。
産後の身体と、生活が一気に変化をした時に社会に復帰できる手助けをしてもらったように思います。
今まで妊婦の身体でも、自由に気楽に動けていたときに比べ、ベビーカーで赤ちゃんの状態を気にしながらの行動はとても限られてしまいますが、出来る範囲で少しずつ自立して動かないと、何も出来ませんからね。

写真に撮るとイタリア人っぽく写っていたくららですが、最近は日本人っぽさが増してきたように思います。
イタリア人はアジア人の目を『アーモンド形の目』と表現しますが、くららはアーモンド形の目で視線はシモーネ似と言われます。(難しい!)
c0171485_23022370.jpg
こぶしを握りおっぱいを吸う目は真剣そのもの!笑)

イタリアでは外でもおっぱいをペロッと出し、普通に授乳する姿をよく目にします。母親学級でも、赤ちゃんにおっぱいをあげている姿ほど美しいシーンはないから、外でも気にせずおっぱいをあげるように、と助産婦さんも言っていました。
そうは言われてもなかなか出来ないし、かといって日本のように、授乳ケープで隠しすぎるのもどこかイタリアでは変な感じがします。

今のところ外で授乳するときには、人がいない方向で赤ちゃんをおっぱいにくっつけ、その上にストールを巻く、という方法でやっています。

日本から持ってきてもらった抱っこ紐スリングは、私が使うとくらら、ぎゃん泣き。
手足が自由に動かないのが嫌みたいで、まだ諦めず少しずつ試していますが、2分経つともういいでしょ?と言わんばかり泣き始めます。
飛行機の中では赤ちゃんの耳を助けると言われるおしゃぶり。好んで使わせない親も多いですが、日本に近い将来帰国することを思うと、使って欲しかったのですが、ウエッと吐き出すだけでなく、大量のミルクをもどしてしまったくらら。
手ごわいです~。


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yumi_nan911 | 2017-10-03 00:31 | 子育て・ママライフ | Comments(4)
c0171485_00335518.jpg
頂いたプレゼントの一つ。イタリアで人気のTHUNというメーカーのもの。
ベビちゃん、今週で3週目に入りました♪

今のところ母乳もいい感じに出てきていて、ベビちゃん1週間に350グラム増量していたので、小児科の先生からもこのままでOKとのこと。母乳は自然と簡単に出るものかと思ったら大間違い。胸が張ってしまったり、固くて赤ちゃんが吸うのも大変そうでした。

3日間入院していたときに、助産婦さんから「母乳は出産後48時間が勝負。出来るだけ赤ちゃんにおっぱいを吸わせるように!」と言われました。本当に出ているのか?と半信半疑の状態でしたが、2日目を過ぎた頃胸が張り始め、最初は固そうでしたが、それを乗り越えると順調に出てきているようで、安心しました。

2.95キロで産まれ退院時には2.69キロまでいったん落ちて、産後1週間で3キロ、2週間で3.35キロと順調に来ています。

スピード出産で身体の状態は良好だったものの、産後何が大変だったかというと、、、来客の嵐!!!

産まれてから1週間後に日本から両親が来てくれたので、助けてもらって何とか乗り越えていましたが。
退院翌日から、親戚・友人だけでなく、義母のお友達までやってくるという。。。
赤ちゃんの状態も予測不可能だし、食事の準備や片付けさえすぐにパッパと出来ない中、人が家に来る!と焦って掃除をする生活、、、。

3週間過ぎてやっと落ち着いてきて、私とベビちゃんも天気がよい日は出かけたりするので、やっと気分転換できています。

それでもこれ以上ないほど、たくさんのプレゼントをもらって、もう秋・冬服を買う必要がないくらいです。
本当に有難いし、みんなに娘を見てもらえるのは嬉しいことなんですけどね。。。小さい家に、1日に何人もやってくる生活は少し疲れました~。ベビちゃんも落ち着いて母乳飲みたいだろうに、、。

まぁ、こちらの人からするとそういう習慣だから行ったあげないと悪いという感覚もあるみたいだから仕方ないですね。

母乳は時間を気にせず、赤ちゃんが飲みたいだけあげてokとのことで、すぐに寝付けない時なんかずっとおっぱいをあげている生活で、自分のことなんて本当に何も出来ないですが、母乳だけの生活も長くは続かないので今は腰をすえておっぱい出してます(笑)

旦那のシモーネはメロメロで、自分におっぱいがないことを本気で悲しがっています(苦笑)

c0171485_00341260.jpg

↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yumi_nan911 | 2017-09-15 19:46 | 子育て・ママライフ | Comments(4)

イタリア、カラブリア州での毎日。イタリア観光地とは違う、南イタリアの生活や美味しい情報など。


by yumi_nan911
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31